« 雪!雪! | トップページ | 縁がないなあ・・・ロータス »

エリーゼ再試乗

 オーセンさんで、現行エリーゼを試乗させてもらいました。前回、東京ロータスセンターで少しだけ試乗していますが、その時はその辺をちょっと走らせただけでしたが、今回は東名に乗って高速走行も試すことが出来ました。試乗車はいつものように?ストームチタニウムのスタンダードなエリーゼです。
 シートポジションはエリーゼはいつもぴたり合うので楽です。ミラーの調整は電動でないのでちと面倒ですが(苦笑)。ま、これは実際には一度合わせれば後はさわることはないので問題ではありません。シートも私にほぼぴったり。これがポルシェと違うところです。やはり運転する上でここはとても大事です。ポジションがぴったり合っていないと楽には運転出来ませんから。ま、強いて言うならばヘッドレストが「ヘルメットかぶって乗るのでしょう?」という感じで少し空間が空いてしまいますが(笑)。ま、これも前から同じです。
 さて、発進。色々言われている1ZRの低速トルクの無さですが、前回はまったく気になりませんでした。気になったのはクラッチで、なんかどうしてもどんとつながる感じがありましたが。今回は色々言われているのを見たり・聞いたりしていたので注意を払ってみました。今度はクラッチは普通です。で、言われると低速トルクが細いかなという気はします。気はしますが・・・元々私はそういう車が多いので、気になりません。AWはもっと酷いし、ピー次郎だって、意外とクラッチミートは気を遣います。そうでないとストンと落ちることがありますから。
 走り出すとなんの問題もありません。シフトフィールはいいです。ブレーキも問題ありません。が、前回同様にステアフィールはなんか変です。中央から切り始めの部分で、なんかぎゅにょっとした感じがあります。もう少し切り込んでいくとそうでもないのですが・・・・。
 後、前回気が付かなかった大きな問題が。それはウインカー。普通、左右どちらかにウインカーを出すとインパネの中でそっち向きの矢印がでて、なにかしら音がします(カチカチとか)。エリーゼは従来、矢印は出なくて、ウインカー点滅を示すだけでした。今回のはちゃんと左右の矢印が表示されます・・・が、音がしなくなってます(爆)。なんだ、これ?こんな車初めて見ました。うーん、矢印は間違えることはないですが、ウインカーがついているかどうか、音でわかる方がいいです。これはかなり気になりました。
 問題の乗り心地ですが、まずまずです。相変わらず個体差が大きいです、エリーゼは。もうこれは、仮に新車を買うとしたら、実物がくるまでどうなるかわかりませんね(苦笑)。
 高速へ。風が非常に強かったのでうるさいです・・・うるさいですが・・・あれ?ほとんど風の音?100km/hで6速2500回転程度なのでエンジン音はAWよりも静かです。路面からの音もほとんどしません。ただひたすら風の音。風が弱ければ静かかも?
 ただし、その強風にあおられるのでちょっと疲れました。細かいステアリングの修正はピーよりも多くなってしまいます。まあ、でも、これは仕方ないでしょうね。
 つきが悪いとかトルクが薄いとか言われるこのエンジンですが、確かに6速2000回転位から踏んでもそれほど加速しません。しませんが、そんなの当たり前でしょう。加速したければシフトダウンすればいいのです。
 音も良い音とは言いませんが、気になる音でもありません。1ZZと比べれば少しいいかもしれません。ただし、上まで回させてもらいましたが、6000位で頭打ち感は出ます。1ZZは意外と上はすっと回りました。これまた個体差があるので、あくまで、昔、試乗させてもらったオーセンさんの試乗車は、レブリミットまで軽々吹けました。ただし、これはまだ距離も出ていない車なので、もう少し良くなるのではないかとは思います。
 うーん、エリーゼ、悪くないです。ステアフィールとウインカーの音が出ないこと位です。後は、私は1ZZのエリーゼSと比べれば、こっちの方が良いです。というか、今の生活にあっています。高速巡航が普通に出来ますから。
 Rと違ってこれなら色も選べますし。内装やステアリングは、エアバッグが無かった時代の方が好きですが、それはRでも今は同じです。Rの新車は残りわずかではあるものの、まったく無い訳ではないそうですが、色は極めて限定されます(赤白黒以外もあることはあるようですが)。
 Rに拘らなければ、好きな色を選べますし、実際にはやらないですが、好きな仕様にすることも出来ます(40万のツーリングパックは高すぎるから、選ばないけど)。
 反面、色のこだわりを捨てれば、価格差は80万円程度に過ぎません。100万と180万は大違いですが、510万と588万の差はそれほどでもありません。しかし、その差はほぼエンジンだけですから、それを考えるといらないエンジンに80万払うのはもったいないとも言えます。
 色の自由度を捨てて、エンジンを取るか、エンジンは妥協して色の自由度と実用性を取るか?後者が客観的にはより良い選択であると言えるでしょう。

 しかし、第三の選択肢もあるのです。中古のRです。06仕様の05年登録の車の出物があるのです。仕様は私の希望に完全に合致しています。S2なら、ベストでしょう。ステアフィールも問題ないはずです。が、問題は中古ですので、色が選べないのです。そしてその色が・・・・寄りによって、私のもっとも苦手な色。それ以外は程度、値段、なんの問題も無いのですが・・・・。

 エンジンは妥協して、自由に色を選ぶか。エンジンに拘って、色の選択肢を狭めるか、中古にして、色はあきらめるか?悩ましいです。そして、二番目、三番目の選択肢は選ぶなら時間が無いのです。今決めるしかありません。はー、どうしたものか。過去は大体こういう時は先送りでした。悩んでいて時間がない時には決められないのが私の性格(苦笑)。

|

« 雪!雪! | トップページ | 縁がないなあ・・・ロータス »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリーゼ再試乗:

« 雪!雪! | トップページ | 縁がないなあ・・・ロータス »