« やはり、ポルシェはせこい! | トップページ | どこまで続くGT5 »

まだまだ続くGT5

 第三回配信イベントのボーナスレースは以下の通り。
 プリウスG 2009 グランバレー・イーストセクション
 アウディTTSクーペ 2009 ケープリンク北コース
 ロータスエリーゼ111R ニュルブルクリンクGP
 フォードGT 2006 トライアルマウンテン
 シトロエンC4 WRC ローマ市街地コース
 エリーゼ以外は買わないと無いです。シトロエンC4 WRCは8500万もするよ!これはパスかなあ。

 中古にオペルカールトンをロータスチューンしたロータス・カールトン’90がでたので買ってみました。勿論、コレクション(笑)。111Rに乗り換えて、ボーナスレースに挑戦。ニュルブルリンクGP。おや、111Rのワンメイクです。これが難しいです。やたら滑ります。1周目はとっちらかりまくって、その後もかなり苦戦し、トップと34秒差の8位でした。うーん、ミスを無くせば3位まではいけるかな?タイヤ制限を確認して、限度内のタイヤに交換しようと思ったら、制限なし。あれ?第二回ボーナスレースまでは制限ついていたけど、3回目から無くなったようですね。レーシングソフトを購入して再挑戦を。ありゃ、圧勝だ。(^^;1周目で9位。で、トップも5周目に入ったところで捕まえて、結果+15.2秒で優勝。2分20-21秒でラップで、タイヤ交換前よりも6、7秒速いです。レーシングソフトはやりすぎだったようで。
 第二回のタイヤ制限を確認したら何故か無くなっています。うーん、難易度が高いと言われて制限外したのでしょうか?それで、マドリード市街地にフォーカスSTで再度挑戦。でも、ここでタイヤをどうするか悩んでしまいました。111Rでレーシングソフトにしたら、余りにも速過ぎました。悩んでレーシングハードでやってみることにしました。しかし、1分44-45秒台でおいかけて、19秒差の2位。うーん、つらいです。最初わりと早めにフロントが減ったようですが、その後は消耗は進みません。やはりレーシングソフトにすべきでした。それでも、毎ラップ4秒短縮は難しいでしょう。これは無理です。あきらめます。
 RX7 400馬力もタイヤ制限なくなっていたので、レーシングソフトにして再挑戦。でも、10周持つかな?やはりミディアムかなあ?前回18.5秒差だったから、スポーツハードだから、一周2秒は縮まるかな?ミディアムでも?でも、筑波は短いですからね。ソフトで持つでしょう。という訳でソフトで挑戦。57-58秒台。8周目に入ったところでトップにでて、どんどん周回遅れにして、24秒差で優勝。うう、つまらん・・・。頑張って頑張って、やっと2位をになったあの充実感がありません・・・・。フォーカスSTもレーシングソフトにすれば勝てたかな・・・。でもなあ、なんか面白くないのですよね。お金は1億4千万たまりました。トーミーカイラZII’00とエリーゼ’00が出たので購入。
 フォードGT 2006を買ってボーナスレース。1500万なり。トライアルマウンテンです。とりあえずそのまま挑戦。めためた。(^^;速い遅い以前にまともに走れません。1分38秒がベスト。トップとは大きなえらい差です。ええ-い、レーシングソフトに交換だ!結果、1分30秒台で周回して優勝。つまらない位に簡単です(苦笑)。お金は2億を超えました。ミニマーコスGT’70がでたので買いました。
 アウディTTSクーペ 2009を買ってケープリンク北コース。まずはノーマルで。1分50-53秒。2位と3位の後ろが見えていました。ただし、トップのエヴォーラとは46秒差です。難しいかな?タイヤをどうするか悩んで結局、スポーツソフトにしてみました。ベスト43秒で7秒差の2位。このまま頑張っていたら、うまく42-43秒でまとめることが出来て勝ちました。ただ、エヴォーラをぬいた時は複雑な気持ちでしたが・・・。

 次はフォード マスタング V8 GTクーペプレミアムを買って、ラグナセカに挑戦。まずはノーマルで挑戦。1分52-54秒で、11位。がーん。レーシングソフトに交換だ!でも、楽勝とはいかず。1分42秒くらいでいって、6.6秒差の2位でした。再度挑戦。今度は40秒前後にまとめて、4周目に38秒台にいれて勝利!ふー。
 ボーナスレースはなんか少しむなしくなって、タイムトライアルに挑戦してみました。筑波です。日本車、300PS、1200kg、スポーツミディアムか条件です。手持ちで一番近いインプレッサのSTI VersionIVで試してみました。げ、トップは58秒5!!!どうやったら出るのやら。で、走ってみると・・・うーん、難しいです。
 それで、いまいち乗り気になれませんが、プリウスG 2009を買って、グランバレー・イーストセクションに挑戦・・・のつもりでしたが、フォーカスSTで勝ちたいので、マドリードに再挑戦。知らない間にチューニングの制限もなくなっていまいた。というか、最初から無かったのかもしれません。気にしていませんでした。ライトチューンしました。218馬力から吸排気とコンピュータで280馬力にして、さあ、どうだ!ベスト1分38秒台でぶっちぎり。つまらんです。マフラーはレーシングにしなくて、スポーツマフラーでよかったようです。
 さて、プリウス。1周目1分34秒、後は30秒台でしたが、最終ラップミスしてはみだして、5位を抜けたはずが6位とまり。トップとは28秒差位でした。バッテリーはこの位では十分もちました。もった。タイヤをコンフォートミディアムからスポーツソフトに交換。ベスト24秒台で追いかけましたが、最後1.5秒及ばず2位。ミスあっので仕方無いでしょう。再挑戦。今度は、1周目28秒、3周目26秒以外は24秒台で走って勝利。しかし、気持悪い車ですねえ。。

第4回配信イベントのボーナスレースです。
 三菱i-MiEV 2009 ディープフォレスト
 ボルボ C30 R-Design 2009 グランバレー・スピードウェイ
 ダッジチャレンジャーSRT8ロードコース・デイトナ
 フォルクスワーゲン ゴルフ ニュルブルクリンク北コース  
   GTI’76
   GTI’01
   GTI’05
 JGTC/SUPER GT ハイスピードリンク
 最後のはこれまた車が高いです。中古で7300万位、新車だと9000-9500万。賞金総額は15000万なので、2位になれば辛うじて黒字です。

 まずは、ボルボ C30 R-Design 2009を買って参加。タイヤはノーマルのままです。う、フォーカスRSがいます。厳しそうです。やはり勝てませんでした。ベストは2分26秒台でしたが、2位のZ4にわずかに届かず3位でした。フォーカスRSとの差は30秒前後で最終的には31.6秒差でした。。コンフォートソフトがついていたので、スポーツソフトにして再挑戦。概ね19-20秒台で走り、3周目にフォーカスRSをとらえて優勝。最後は約10秒差。なお、レースやっていて、最初はそれほど差がなかったのが急に差が開きだすことがあるのですが、それは速い車が遅い車にひっかかっているためのようです。今回、フォーカスRSがZ4を抜いてペースを上げる場面を目撃しました。
 国産車、300馬力1200kgタイムトライアルに挑戦。NAのSWでやろうと思いましたが、300馬力は遠いので、ターボに変更。チューニングはコンピュータ、インテクーマニホールド、レーシングマフラーだけで300馬力。後はLSDとミッションにクラッチ、フライホイールにサスペンション。300馬力、35.1kg、1270kg。さあ、タイムアッタックだ。セッティングはアンダー目。走ってみたらドオーバーでまともに走れません。もう少し、設定変更して1分6秒。と思ったが飛び出したのカウントされないようで、7秒3がベストでした。セッティングを色々変えて試しましたが、最終コーナーでアクセルオフだけですっとんだりと全然駄目です。
 どうにもおかしいので、SWのNAに乗り換えてノーマルのまま走って見ました。
でも、これでもリアがすぐ滑ります。どうみてもおかしいですよ。SWのNAには実際乗ってましたが、こんなに不安定な車ではありません。SWのモデリングは明らかに間違っています。
 それで、NSX Type-R 02を買って、ノーマルのままやってみました。するとSWと同じようなものです。ベストは5秒5。前期型のRではなく、後期型のRがこんなに不安定でしょうか??
 一応、チューニング。タイヤはスポーツハードだったので、ミディアム(ミディアムまでの制限あるので)にして、それとレーシングエアクリーナーで297psに。LSDとミッション。2周目で3秒433が出ましたが、結局、これが私のベスト。その後はそれよりも速いタイムは出ませんでした。トップはなんだろうと思って見たら、セリカラリーカーが並んでました。ST205かあ。。これが58秒台。NSX-Rで59秒台の人もいます。偉い!
 ドライビングオプションを変更してみました、アクティブステアをオフから弱い、スタビリティマネージメントをonにしてみました。でも、6秒台。オプションを最強に。ABSだけは5。あれ?何故か飛び出して易くなってしまいました。うーむ。
 ABSは2。トラコンは5にして、4秒台。アクティブステアはオフ。トラコンを3。ABSは1。最高速を240km/hから220km/hにしたものの、タイムアップ出来ない。スタビリティマネージメントをオフ。トラコン4。そうしたら、タイムがあがりました。ただし、3秒台には入りません。なるほど、スタビリティマネージメントをオンにすると絞られて遅くなるようです。言い換えるといくら滑ると言っても、スタビリティマネージメントをオンにするとタイムは出ない、ということのようです。タイム更新出来ないので、断念してしまいました。
 今度はエヴォーラを買って、300馬力、1200kgのマドリード市街地コースのタイムトライアルに挑戦。272ps、1330kg。スポーツハードがノーマルです。1分45秒がベストでした。7034位だそうです。こっちは余り走っている人が多くないのですね(筑波は4万台でした)。
 さあ、チューンしましょう。軽量化ステージ1、ウィンドウ軽量化、カーボンボンネット。1208kg。コンピュータ、スポーツマフラーで299ps。ミッション、LSD。スポーツミディアム。最高速250km、イニシャルトルクを25。さて、どうだ!うーん、1分37秒5でした。これで3034位。エヴォーラも滑りまくってなかなかうまく走れません。難しいですね。なんか、MRだけ必要以上に挙動がシビアになっている気がします。
 ボーナスレースに戻りました。I-MiEVを買ってディープフォレスト。相手は全部軽でした。i-MieVもいます。1回目、3位に上がり、1位と2位の集団に追いついたのですが、最終ラップの最終コーナーで抜こうとして2位の車にぶつかってしまって、3位。うう、惜しかったです。再度。今度は2位に上がって1位を抜こうとして・・・・またつぶかってしましました。再度。今度はベスト1分55秒台で走って5周目の2/3位でトップにでて優勝。やりました!ノーマルのままで優勝です。なお、バッテリーは40%位消耗していました。長距離レースだと途中で充電しないと駄目ですね。
 ガレージの中にダッジチャレンジャーSRT8があることに気が付いて、乗り換えて、ロードコース・デイトナに挑戦。ベスト2分8秒台で5位でした。トップと35秒差。タイヤをスポーツハードから、スポーツソフトに交換し、再挑戦。ベストは3秒台、16.6秒差の2位。ただし、ミスして8秒台のラップもありました。もう一度。うーん、どうしてみミスしてしまいますし、おいつきません。やええい、パワーあげてやれ!。吸排気とコンピュータで、516ps、63.7kgだ。で、暴れたりしたがベスト2分0で勝利。ああ、やっぱりむなしい(苦笑)。
 次はゴルフ V GTIを買って、ニュル。ノーマルで挑戦。9分8秒。トップと35秒差の5位でした。タイヤを交換しないと駄目でしょうね。まあ、だったらと、レーシングソフトへ交換。8分29秒で優勝。レーシングソフトはやめた方がいいかもしれませんね。余りに速くて面白くありません。
 SWのNAがまた出たので購入。これはチューニングする予定です。お金は十分あるので、JGTC/SUPER GT ハイスピードリンクに挑戦することにしました。やるなら当然MRでしょう。そうするとNSXか、ディアブロGT-1ですが、ディアブロで挑戦することにしました。7400万!中古なのでオイル交換、タイヤはハードからソフトへいきなり交換してしまいました(結果から言えばそのままで良かったかも)。630ps、1200kgです。LSDイニシャルを20へ変更し、最高速は330km/hなのでとりあえずそのまま。ハイスピードリンクに挑戦!1台目をパスしたところでアウトにぶつかったり空飛んでしまいました(苦笑)。リスタートして、再度。630psの威力か、ベスト1分2秒台で楽勝でした。ソフトいらなかったでしょう。
 ここで、また100戦かつ走行距離2000kmを越えたとかで、プレゼントカーチケット(Ticket1000)をもらいました。交換したら、R34 GT-R VスペックII NIでした。
 で、次は。C4 WRCを買って第三回ボーナスレースのローマ市街地コースに挑戦。8500万なり。まずはそのままで。ラリーカーばかりですね。げ、難しいです。なかなか追いつきません。結局、5位でした。ベストは1分18秒台でしたがだけど、ミスも多く、20-21秒台のこともありました。賞金は6600万もらいましたが、後2000万はもらわないと赤字です(笑)。再度、挑戦。うーん、4位でした。1500万。後、500万か。ミスがあったからうまくやればいけるとは思いますが。しかし、何度やっても4位が限界です。仕方無く、レーシングソフトに交換しました。1分15-16秒台でやはり楽勝・・・。
 ボーナスレースは全部終わってしまいました。5.4億ほどたまって当座不自由しません。で、一度やっていなかった第三回のドリフトコンテストにSWのターボで参加してみました。ケープリンク外周。どうやるんだろう??と思ったら、ドリフトしている間、点数が加算され、もし、コースアウトすると0点になるという仕組みでした。ドリフト区間が5か所あり、その合計点できそうようです。やってみたら、安定してドリフトするのは難しいです。1290点でした(苦笑)。2度目は2372点。このうち、あるセクターで1000点稼ぎました。言い換えるとうまくやれば5000点位はいくということです。しかし、ランキングを見るとトップは17132点!!凄いなあ。SWのNAにしたらコントロール性が上がると期待してやってみましたが・・・駄目でした。今度はパワーが足らないようです。
 BLITZ DUNLOP ER34 スカイラインを買って、ランツーリスモ5 東京オートサロン2011 スペシャルイベントに参加。おっと、ホイルスピンの山だ。凄いですね。3012点でした。まあ、いいかな、登録されたから787はもらえるでしょう(笑)。
 久しぶりに本筋へ戻ることにしました。チューニングカー選手権にエスプリV8で挑戦です。レーシングソフトをはかせて、高回転ターボをつけて、エンジンステージ3、軽量化ステージ3、ボディ剛性アップをやりました。656ps、1103kgです。
 1戦目の鈴鹿にテスト参戦してみました。最高速度は330km/hに変更。.暴れますが、なんとかまだ運転出来ます。ちょっとミスすると飛び出しますが。直線速いです。いやあ、656psは凄いですね。まあ、これならなんとかやれそうです。実際に出てきたライバルはJGTCもどきがぞろぞろかと思っていたらそうでもなく、車は圧倒的に速いです。やり過ぎたかも?と思ったものの、アミューズ S2000 GT1が速いです。勝ちましたが3秒でした。ベストは2分11秒でしたがかなりミスしています。ブレーキで挙動が乱れます。ブレーキバランスをフロントを5から7にして、LSDの効きを弱めてみました。
 デイトナロードコースにも単発。ここもS2000が速いですね。1コーナーのブレーキングで必ずふっとんでしまいます。最高速度320km/h程度しかでてません。350km/h設定にしているのですが・・・あ、レブリミットが、8400rpmになってます。実際には8000位ですから、上が伸びないのです。バグでしょうか?もう一つ、グランバレーにも挑戦。最高速度を370kmh/h設定にして、ブレーキをリアを4にさげました、300km/hでません。今度は上げ過ぎたようです。(^^;1コーナーはやはり飛びやすいです。ここもまたS2000が速いです。
 一度抜けました。ルーテシアスポールV6 Phase2’03、NSX-Rの92。エんエボのラリーカーを買いました。最後のはスーパーラリーカー’03で、300ps、1230kgだそうです。2900万もしますが、お金に余裕はあるので購入しました。

 テストが終わったので、エキスパートシリーズのチューニングカー選手権に挑戦。1戦目鈴鹿。最高速度340km/hにセット。ベスト2分11秒台で勝利。2位アウディ、3位S2000。2戦目、デイトナロードコース、最高速は370km/h。ベスト1分49秒で勝利。2位CT230,3位S2000。飛び出しまくりでラップ安定しませんでした。3戦目、グランバレー。最高速度は340km/hにセット。ベストは1分57秒台。2位アウディ、3位S2000。1コーナーころころ安全走行しました(笑)。4戦目、スペシャルステージルート5。400km/h設定にしたら、300km/hも出ませんでした。大失敗。それでも、概ね1分29台で勝利、2位S2000,3位アウディ。5戦目。東京R246。340km/hにセット。ベスト1分43秒でしたが、スピンして51秒台に落ちたこともありました。2位アウディ、3位CT230R。5連勝で、無事勝てました。賞金は1350万。プレゼントカーはHPAモータースポーツ、ステージIIR32でした。GT-Rかと思ったら、ゴルフのR32のチューニングカーでした。そういえば、一緒に走っていましたが、余り速くありませんでした。(^^;
 エスプリ ターボHC’87があったので買いました。

第5回配信イベント

第五回ボーナスレース
 フォルクスワーゲン シュビムワーゲンtyp166 ケープリンク 外周5周
 プジョー 207 GTi コート・ダジュール 5周
 TVR タスカンスピード6ケープリンク南コース5周
 アルファロメオ8Cコンペティツィオーネ ローマ市街地コース5周 
 欧州ツーリングカーニュルブルクリンク GP/D 8周
  IS Fレーシングコンセプトもありか。賞金総額2億
第五回タイムトライアル
 1979年以前日本車 ケープリンク 200PS、1000kg コンフォートソフト以下
 1979年以前欧州車 ニュルブルクリンク GP/F 400PS 950kg スポーツミディアム

第五回ドリフトトライアル
 クラブマンステージ・ルート5 コンフォートソフト
 ロンドン市街地コース コンフォートソフト

 TVR タスカンスピード6を買って、ケープリンク南コース5周に挑戦。まずはノーマル。ドリフト大会になりそう・・・・と思ったら普通に走れます。おやまあ。ミスが多く、ベストは1分27秒台。トップと21秒差の4位。がんばればいけそうです。再度ノーマルで挑戦。1分27-28秒で、2位が見えている11秒差の3位でした。ただし、ミスは多く、最終ラップは29秒台でした。そのまま挑戦を続けたものの概ね27秒台で、7.8秒差の2位が限界。あきらめてタイヤをスポーツハードからソフトへ交換しました。25-26秒台で走って勝利。うーん、そのまま粘った方が良かったかもしれません。タイヤ交換して買ってもなんかむなしいです。
 XJ220とそのレーシングカーが出ていたので買いました。2億と6千万でした。さすがにお金が半減してしまいました(苦笑)。他にARTA ガライヤ(GT300)も買いました。2500万なり。

 ミッドシップ・スポーツカー・ミーティングに買ったばかりのXJ220で挑戦。まずディープフォレスト。5周。う、マクラーレンF1がいますね。オイル交換必要の赤マークがついていたので、一度抜けてオイル交換してやり直しました。うーん、いらいらします。スタートでおいていかれて、コーナーでつまりますが、ぶつかってしまってふっとんだり。もう一台のXJ220が参加しているようですが、523ps 1372kgで、少しチューニングされているようです。でも、たった10馬力差だけどとても思えません。
 こういう時はパワーで勝負です!(むなしいくせに)。エスプリV8に乗り換えて挑戦。が、楽勝ではなく、2位にとどまりました。トップはマクラーレンF1。再度。トップにでたものの、スピンして最下位。追い上げたが2位とまりでした。再度。今度は前に出ることが出来て、なんとか勝ちました。とはいえ、マクラーレンF1との差は1秒しかありませんでした。。ミスすると追いつかれます。まあ、全開にすると危ないので、抑え気味に走ってはいましたが。
 XJ220の方が挙動は安定していたので、少しいじって使ってみることにしました。その際にセブンファイアーブレード’02というのがあって買いました。バイクのエンジンを搭載したケータハムだそうです。XJ220をチューニング。マフラーは既にセミレーシングになっていました。エアフィルターもつけられず。エンジンもステージ3だけしか選べません。既に相当チューニング済みということなのでしょうね。インテークマニフォールドとエキマニつけて541psにしました。タイヤはスポーツソフトへ交換。
 2戦目のハイスピードリングに挑戦。馬力を上げておいて良かったです。ノーマルだとつらかったでしょう。無事勝利。2位はW12ナルド コンセプト。1分10ー11秒で走ったものの1秒差でした。
 3戦目はルマン2周です。うーん、難しいです。90度シケインでいつもふっとんでいきます。単独走行ならまだ良いのですが、競っているとどうしてもブレーキを我慢して突っ込むので、その後飛び出してしまいます。何度も苦戦。で、ようやくなんとか逃げきって勝ちました。ラップは4分17秒と13秒でした。チゼータV16T’94をもらいました。
 ヒストリック・レーシングカー・カップにXJ13で挑戦しようとしたのですが、何故か参加出来ません。XJ13が出場しているのに!!!どうももらったXJ13クロームラインは年式の記述がないようではねられているようです。がーん。
 あきらめて、レース・オブ・ターボにトミーカイラ ZZII’00で参加。3周です。1周目は1分19秒、後は11秒で楽勝。赤ついているからオイル交換しました。少しアンダーですが、安定していていいです。2戦目、モンツア。1分56を3周目に出して楽勝。ちょっと大人げなかったですね。回りは普通のチューニングカーでしたから。。スープラRZ辺りで挑戦すべきだったかもしれません。ランサーEX1800GSR ICターボ’83をもらいました。NSX TypeR’92があったので購入しました。
 ガヤルドLP560-4のワンメイクは、599馬力 1410kgという仕様のようです。ノーマルではつらいので、レーシングマフラー、スポーツ触媒、レーシングエアクリーナーで603馬力にして・・・いや、念のためにコンピュータもやって624馬力にしました。タイヤはとりあえずスポーツソフトにしてみます。。
 ガヤルドトロフィー。ローマ市街地コース。うーん、すべりますね。ストレートでもそれほど速くはありません。ベストは1分12.7秒でした。でも、しばしばとっちらかって15秒台も多いです。緩い1コーナーの先の2コーナー(実質1コーナーか)のブレーキングで挙動が派手に乱れます。なんとか勝ちましたが。。デルタS4ラリーカー’85をもらいました。
プジョー 207 GTiを買ってコート・ダジュール 5周に挑戦。まずはノーマルで。なんかのろいなあ(笑)。直前まで500馬力オーバーの車でしたからね。2分10秒台がベストで2位。トップとは11.4秒差。ミスなく走れば抜けそう。トップはミニクーパーS。再度やった。ミスをへらしたら、ベスト2分5秒台で、優勝。よかった、変にお金をかけなくて。
 ボーナスレースに欧州ツーリングカーニュルブルクリンク GP/D 8周に参加。M3 CTRかIS Fかを悩んでIS Fレーシングコンセプトにしてみました。7500万た。517馬力だけど、1350kgもあります。元が重たいですからね。ノーマルで挑戦。どうでしょう?駄目かな?ベスト1分32秒だけど、34秒台もあり、結果、11秒差の2位。ミスを減らせば勝てそうです。最高速度は310km/h設定でしたが、そこまで出ないので、300km/hに落としました。再度挑戦。何度か何度もやりなおして、やっと32秒台を並べて勝てました。ふー。
 次はアルファの8Cを買ってローマ市街地コース5周に挑戦。以前、別のイベントで、まともに走れなかったが車です。しかもローマ市街地。どうなるのでしょう?と思ったら、これが意外と普通に走れます。なんで?うーん、やっぱりMRはどこかおかしいです。まずはノーマルで挑戦し、1分20-22秒で5.3秒差の2位。トップはカリフォルニア。勝てそうです。しかし、なかなかおいつきません。途中のR8とM3を抜くところまでがうまくいかない。やっとなんとか抜いた。ベスト19秒台に入れて、2秒差で勝利。タイヤ交換しないで勝てるようになってきました。

 シュビムワーゲンtyp166を買ってやる気がしないので(6500万もするんだもん。)、ボーナスレースはやめて、本筋へ。エキスパートシリーズのポリフォニー・デジタル・カップに参戦。XJ220。1戦目マドリード市街地コース・ミニ。5周。ベスト50秒台でぶっちぎり。XJ220の選択は失敗したかも・・・。2位のR35と9秒差。2戦目、トライアルマウンテン。5周。1分34-35秒、ベスト33秒台で、4.5秒差で勝利。楽勝だけどミスするとGT-Rがせまってきますね。3戦目。グランバレー5周。ベスト1分59秒で勝利。6.7秒差。楽勝というほどではないです。楽な展開ではありますが、大きなミスすると追いつかれかねないタイム差でした。うーん、結果、XJ220でよかったのかなあ。シリーズ賞金1580万でした。プレゼントカーは350Zグランツーリスモ4Ltd.(Z33)’05でした。
 なんとなく120iとS2000 Type-V’00が中古で出ていたので買いました。それと買っていなかったLFAも。
 アルファの8Cを買ってボーナスレースに挑戦。ローマ市街地コース5周。まともに走れるでしょうか??この車は苦手です。まずはノーマルで、1分20-22秒で5.3秒差の2位でした。トップはカリフォルニア。結構、まともに走れました。なんかいけそうです。再度挑戦。トップが見えたところで気持ちははやりミスしておいつかず。おしい!3秒差の2位。再度。駄目、もう少し。再度。何度もやりなおしても、途中でR8とM3を抜くところまでがうまくいきません。繰り返し挑戦し、やっと2秒差で勝利出来ました。ベスト1分19秒台でした。

第六回配信イベント
 第6回ボーナスレース
  スズキ カプチーノ(EA21R)クラブマンステージ・ルート5 5周
  マツダ ロードスター RS(NC)筑波サーキット 10周 2007
  日産スカイラインセダン350GTタイプSP トライアルマウンテン・サーキット5周
  フェラーリ430スクーデリア モンツア・サーキット 5周
  シボレー コルベット ロードコースーインディ5周
 第六回タイムトライアル
  1980年以前/米国車 ラグナセカ・レースウェイ 500PS・1400kg、スポーツソフト
  フランス車 ローマ市街地コース 300PS・1100kg スポーツ・ミディアム
 第六回ドリフトトライアル
  ディープフォレスト・レースウェイ コンフォート・ソフト
  グランバレー・イーストセクション コンフォート・ソフト

 430スクーデリアはもっているので参加。う、追いつきません。6位にあがった後、なかなか5位が見えません。見えたと思ったら5周目にスピン。駄目でした。ベストは2分切りましたが、2秒から3秒もあり。トップとの差は22秒前後で最初からかわりません。ということは、ラップは同じ。ええーい、この車遅い!チューニングだ!吸排気全部やって573馬力。タイヤはスポーツ・ソフトに交換。1分55-56秒、最後だけ53秒にいれて勝利。なんかむなしい気がします。

 次はカプチーノでクラブマンステージ・ルート5。あれえ?遅い!どういうことでしょう!直線でおいていかれます。やっと9位でした。おかしいな、ビートならともかく、カプチーノが軽に直線でおいていかれるなんて。で、確認したら・・・・他は90馬力程度に皆チューニングしているし、軽量化もしているようでした(爆)。という訳で、吸排気チューンだ!84馬力です。まあ、690kgですからいけるでしょう。タイヤはコンフォートミディアムだったので、スポーツソフトに。ベストは1分12秒台でしたが、トップのiコンセプトには届きません。1.3秒差の2位でした。ミスを無くせばいけると思いますが。3度目でやっと勝てました。2度目は一度は追いつたものの、ぶつかって抜けませんでした。ベストは1分10秒台。
 ふと思い出して、430スク-デリアで、エ・フェスタ・キャバリーノに再挑戦しました。チューニングしたから今度は勝てるでしょう。モンツア。エンツォが馬鹿っぱやかったものの、1分54秒台ならべて勝利しました。プレゼントカーはカリフォルニア’08。

 日本選手権にLFAで参加してみました。1戦目。筑波10周。楽勝かと思ったらベストは1分1.7で3.9秒差。アンダーオーバーが酷いです。SW/NSXのような動き。2位はGT-R VスペックII、3位はNSX。2戦目はFISCO 5周。 ベスト1分51秒9。52-54秒で走って楽勝。2位NSXと差は3.7秒。3位はフェアレディZ 300ZXTT2シーター。3戦目、グランバレー5周。最初にトップにでたものの、3周目に1コーナーでスピン。ブレーキで安定しません。なんかふらふらしますね、この車。おかしいなあ。その後は安全運転に徹しました。ベストは1分7秒台。2位NSX、3位はフェアレディZ 300ZXTT2シーター。4戦目は何故かモンツァ(日本選手権なのに?)5周、5ラップ目に2分を切って、16.7秒差で勝利。2位NSX、3位GT-R VスペックII。5戦目は鈴鹿。5周。ベストは2分23秒台。2位NSX、3位Z VersionST(Z33)。どこかでミスばかり。ちゃんと走ればもう2秒は縮むでしょう。シリーズ5連勝で勝利。シリーズ賞金は2240万、プレゼントカーはグランツーリスモ350Z RSでした。
 エスコートラリーカーと147GTA、アコードユーロRが出ていたので買いました。
 この辺で、参加出来るレースが減ってきました。。クラシックーレースはXJ13が2億もするので買うのがあほらしいです。で、ロードスターを買って、ボーナスレースの筑波10周に挑戦。まずはノーマル。ベストは1分10秒6。2位ミラージュ、3位ミニクーパーの後ろでゴールの4位。トップのS1のK’sとは23秒差。うーん、ノーマルでは無理ですね。タイヤをレーシングソフトに変更して再度挑戦。1位にぎりぎりとどかない!と思ったのですが、まだ、9周で、10周目がおいついて勝利。
 A110があったので買いました。次は日産スカイラインセダン350GTタイプSPを買って、トライアルマウンテン・サーキット5周。まずはノーマル。他はチューニングされているようです。セダンクラス(勝手に命名)を抜けたものの、7位に上がってからスポーツカークラスにはまったく追いつきませんでした。トップとは30秒差。ベストは1分49秒でした。
 タイヤをコンフォートソフトからスポーツソフトに。コンピュータ、エアクリーナー、触媒、マフラーで362psにアップし、再挑戦。1分41秒台と44秒台に何故かラップが分かれましたが、5周目にトップにインプレッサを捕まえて勝利。
 さて、次はコルベット。C6のZR1を買って、ロードコース・インディに挑戦。1分43から45秒で35秒差の6位に終わりました。結構、皆、速いです。ノーマルではないのでしょう。こちらも吸排気チューンです。629馬力から722馬力へ。タイヤはスポーツハードからスポーツソフトへ。しかーし、これでも、1分38秒台、最後36秒にいれたもののトップのカマロSSに15秒届かず。再度やっても駄目。手ごわいです。
 スポーツインテークマニホールドとエキマニを交換し、738馬力へ。さあ、どうだ!駄目でした。タイムは余り変わりません(まあ、700馬力台での16馬力ですからねえ)。前回と同じで、ベスト36秒台。他は38秒で、15秒差。むかついて、ついレーシングソフトへ交換。タイヤの威力は絶大で1分32-33秒で、4周目に抜いて勝利。最後は遅いのを周回遅れにしました。トラクションもよくなるためか直線も速くなりますね。
 2000のS2000’99とRX-8 コンセプトLMレースカー(1億!)を購入。
 エキスパートシリーズは終わっていないのですが、すぐやれるのがない(勝てそうな車がないのと、ドイツ車限定はやれば出来るのですが、オペルスピードスターターボがでたらそれで挑戦予定ないので)、エクストリームシリーズに参加。シュワルツ・ヴェルド・リーグB。かなり他は速そうなので、M3 CSLを吸排気とスポーツソフトで挑戦。425馬力。ケープリング5周です。これが長い!これがフルコースだったんですね。最初は3分。2周目からは慣れて2分53秒続けて、最後は52台に入り、勝利。スタートで2位にあがったもののR8に追いつかずに焦りましたが、抜けました。次はニュルです。2度のスピン、2度のハーフスピンで8分10秒。勝には勝ちました。スピンして順位を落とすと狭いから大変です。パイクスピーク クワトロ’03をもらいましたが、前にもらったんですが。(^^;
 しかし、M3はいい音ですね。うーん、やっぱり直六のM3はいいです。AWのSCをもう一台購入。ノーマルでのるためです。それとヨタハチと青のストラトスも。
 次は欧州選手権。他の車は340-385馬力位。一番速そうなのは1060kg 350馬力のTVRです。で、エスプリV8をデチューンして、413馬力に落として参加してみました。ローマ市街地コース。5周。何故かタイヤの交換が出来なかったのでレーシングソフトのままです。ぶっちぎり。つまらないです(苦笑)。やめましょう。ディープフォレスト5周は、エヴォーラをチューンして参加してみました。タイヤはスポーツソフト。358馬力です。さて、どうかな?これがまたまたぶっちぎりで、概ね1分23秒、ベスト22秒で勝ってしまいました。どうしたものか?
 3戦目は、モータースポーツエリーゼで挑戦してみました。あ、モンツアでした。高速コースだけに軽いとは言え、馬力で劣るから難しいでしょうか?でも、やってみたら、大丈夫でした。2分7-10秒とややばらついたが勝ちました。S3が速くてちと焦りましたが、1周目で抜いたら、直線でも追いつかれずにすみました。プレゼントカーはルマン・クワトロ’03。R8の原型ですね。

 ジャガーS TypeRがあったので買いました。TAKATA DOME NSX’06を買って、スーパーGTに参戦。この前、ボーナスレースでディアブロにしたのは失敗でした。スーパーGTですが、条件が日本車になっているのでディアブロは駄目です。9500万。
 1戦目、鈴鹿10周。うう、長いですね。鈴鹿は苦手だし。え?雨?雨のレースなの。これはまた・・・。初めて走る雨で大苦戦・・・・といえばそうなんですが、意外と平気でした。エスプリV8はドライでもウェットでGT500を走らせるようなものですから、慣れたようです(笑)。ベストは2分27秒。ただ、追い越そうとすると無理をしてしまうので、スピンやコースアウト多数。それがまた無理を呼びます。派手なコースアウトで10位まで落ちましたが、それでも、最後に追い上げて2位。1.9秒差。惜しい!!!スピンが1回少なければ勝ってましたね。
 雨で水しぶきが上がりよく見えません。グラフィックはドライの奇麗さと比べるといまいちですが、まあ、でも、それはぜいたくでしょうね。

|

« やはり、ポルシェはせこい! | トップページ | どこまで続くGT5 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ続くGT5:

« やはり、ポルシェはせこい! | トップページ | どこまで続くGT5 »