« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

ピー次郎の問題点

 赤ん坊を受け入れる準備は着々と進んでいます。問題がなければ来週末にはやってくるでしょう。

 エリーゼ復帰は私にとっては喜ばしいことなのですが、相方にとっては悲しいようです。相方から見れば、ケイマンに問題はまったく何もなく、逆にエリーゼは問題だからですから・・・・。

 何度も述べているようにピー次郎の問題点は、ドライビングポジションがあわず、運転すると疲れる、ここにつきます。シートも体に合いませんし、ABCペダル、ステアリング。全部しっくりきません。左ハンドルでも似たようなものなので、右ハンドル化の弊害ではなく、ポルシェの考え方と私が合わないのでしょう。クラッチがない2ペダルだったピー太郎=ボクスターでは少しましでした。クラッチに合わせるとアクセルがつらく、アクセルにあわせるとクラッチに届かない、という問題がなかったので。
 言い換えるとポルシェはどのモデルでも、私は駄目な可能性があるということです。ポルシェがこれがベストだと考えているのではなく、フルモデルチェンジしないと解決できないのでやむなくそのままにしている問題点であって欲しいものです。
 その次に問題なのは運転して楽しくないということです。速いし、安定しているし、走行性能は高いですが、でも、おもしろみがありません。音はボクスターの方が(オープンであったため)もっと良かったです。まあ、これはエリーゼRが勝てるかというと音はケイマンの方がまだ良いかもしれませんが。でも、なんというか、車が速すぎるというか、おもしろくありません。2速ですら110km/hを越えてしまうというギヤ比も問題でしょう。ワインディングではほぼ2速だけで走る羽目になりますから。
 後はリアのがたつき音です。これは明らかにケイマン固有の話で、ボクスターにはありませんでした。

 乗り心地の改善されたMY11のボクスターなら、オープンカーである楽しさと音が良くなることもあるので、ポジションが合わない点を除けばかなりましです(乗り心地が劇的に改善されたのでケイマンと立場が入れ替わった)。仮にPDKにすれば、クラッチペダルがないのでポジションもましでしょう。
 とはいえ、また987を買うのかい!というのはあります。それで相方には悪いですが、エリーゼにさせてもらいました。

 今回はすっきり乗り換え・・・と言いたかったのですが、相方を見ているとやめた方がいいのかなと思うこともあり、またまたすっきりしません。最近、車選びは楽しくなく、辛いことが多いです。

 どこかに私も相方も満足出来る車はないものでしょうか・・・・。私が変態だからやっぱり難しいのだろうなあ。何せ、右のMT、MR、余り大きくないこと、が前提なので、その段階で車がほとんどありませんから(苦笑)。更に高回転型のNAが好きというのもあるので。相方は別にすればエリーゼRはほぼその条件を満たせる数少ない車です。

 エヴォーラなら、二人とも乗っていて満足出来たかもしれませんが、大きすぎるのが難点です。後は値段が高くて買えません(苦笑)。2.5L版の安いのが出れば良いのですけど、現行モデルでは買えません。ヨーロッパSはターボ付きだし、相方から見れば、エリーゼよりはまし、程度でしょう。そうなると私が妥協してボクスター位です。

 という訳で、当座は相方に我慢してもらってエリーゼに乗せてもらいます。次期ボクスターや次期エリーゼはどうでしょうね。エランと言われるモデルは実際にでたとしてもまず私には買えないと思います。今の方向性だと次期エリーゼはボクスターに近くなりそうですから、それなら相方も受け入れるかもしれません。もっともその時は私が駄目でしょうけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縁がないなあ・・・ロータス

 相方と話したり、色々見たりしましたが、結局、ロータスにはやはり縁が無かったようです































 新車では(笑)。

 ということは、どういうことか?というと、中古ですが、エリーゼ復帰が決まりました!(^O^)2005年登録の111Rです。ただし、外色は赤。よりによっての赤です。相方も赤なの?赤に乗るの?本当にあきないの?赤は嫌だなあと色々言っていて、一度はあきらめかけました。そして、まだ少しだけ残っているRの新車を買おうかと思ったのです。その段階で、4色(ソーラーイエロー、アスペンホワイト、クロームオレンジ、アイソトープグリーン)1台ずつ残っていました。その中でなら、アイソトープグリーンです。相方が前に良い色だねと言っていたので。
 ほとんどそれに決めかけたのですが、結局は、中古の111Rにしました。決め手は色よりも内装でした。この車はElise 111RからRliseRの過渡期の車で、所謂、後期型(電制スロットルになって、テールライトがLED)なのですが(111Rは本来は前期型)、内装だけは111R時代のままで、ビスケットのレザーで、防音仕様(床から背面がカーペットに覆われている)です。つまり、ハード面はエアバック無しの06/07(08登録の車もあったけれど)と同じで、S2では、一番好ましい仕様です。
中古
022011rinteria_2

現行
022011newinteria

中古
022011rinteria2

現行
022011newinteria2
 こうやって写真で比較すると、現行よりも中古の111Rの方がよいでしょう?写真はRではなくて、Eliseですが、仮にRの新車を買ったとしても内装は普通のと同じ黒のクロスのシートです。ダッシュも樹脂のままです。実質的にはRではもはやあり得ない訳ですが、仮にツーリングパックをつけたとしても、シートとドアの内張がレザーになって4色から選べるものの、ダッシュは樹脂のままです。そして、あのエアバック付きのステアリング。なんかやっぱりあれは違うのですよね。だから、06/07のエアバック無しのRを希望していたのです。なお、知らない間に現行エリーゼのドアの内張はレザーになっていました。グレーの部分です。てっきり樹脂だと思い込んでいて、前回試乗した時にも気が付きませんでしたが。言い換えると、色は選べないとはいえ、なおさら、ツーリングパックの価値が下がった気がします。

  それからフロントのナンバーステーというか土台が現行は大きくて気になります。
中古
0220111

現行
022011newfront

 乗ってしまえば外色はそれほど気になりません。でも、内装は乗ればずっと目に入ります。S1はより簡素でしたが、樹脂っぽさはすくなかったです。これは相方も同じでベージュの内装が明るくて良いと。それと安い方がいいでしょうと。中古のエリーゼを買う分には気に入ったのがあれば買えばと最近言ってくれていたのですが、新車については、ちょっと高いのではないかと明確に口にはしなくてもそう言いたそうでした。

 細かい傷や相応の汚れやれなどはあるし、Rの新車はまさにもう今しか買えないので、これを逃すとエリーゼを新車で買う機会はないでしょう。だから、その点は悩みました。でも、やっぱり今のエリーゼの内装は・・・・。

 それからやはりステアフィールは気になります。現行のR自体は試乗出来ないのでわからないのですが、基本的には同じでしょう。そうすると多分、それがずっと気になってしまったでしょう。また、ウインカーの音が出ないのも細かい話ですが、気になります。現行のRに試乗出来ればまた話は違ったかもしれませんが、それは無理です。
 実際に車がやってきて、やっぱり嫌だったら、ずっと気になって、またいつか乗り換えばかり考えながら乗ることになったでしょう。無論、希少性は高いですし、相応の値段で売れるとは思います。しかし、もういう乗り方は嫌です。
 今度は相応のやれなどはありますが、反面、乗ることに集中出来るとも言えます。距離が伸びると下取りが、ということなんか気にすることはありません。思い切り乗り回せます・・・と言っても、実際にはピー次郎よりも出番は減るのでしょうけどね(苦笑)。
 それから新車を買うと今、予想されるペースでは慣らし運転に一年近くかかるかもしれません(笑)。せっかくの2ZZですから、どうせならやっぱり早く分回したいです。中古なら、慣らし運転はそれほど時間はかかりませんから。え?中古でも慣らし運転がいるのかって?もちろん!ただし、これは人間が車に、車が新しい運転者に慣れるための慣らし運転ですから、しばらく普通に乗る程度で十分です。私は器用ではないので、新しい(新車かどうかではなく、自分にとって新しい)車ですぐに全開!なんて出来ませんから。
 車庫証明やピーの売却などの時間もあり、納車は二週間先の予定です。これもメリットですね。新車だと6月末かなと言われていましたので。車検があるので、ピーは先に売却して4ヶ月近くは間が空いてしまうことになるところでした。ま、AWは居るし、それで困る訳ではありませんが、でも、春に乗れないのはもったいないですよね。梅雨時に納車されてもそれほど乗れません。梅雨が明けても夏です。いくらエアコンがついたといはいえ、真夏の昼間にばんばん乗る車でもないでしょうから。

 という訳で、ちょっとばかりくたびれた部分もある新人ですが、エリーゼRが我が家にやってきます。(^^)なお、赤なので、相方は「赤ん坊」と呼ぶのだそうです。(^^;

 ちなみに赤の外色は好きではないという相方も、このマークも気に入ったそうです。今はついていませんからね。
022011e

 まあ、正直、新車にも未練は残ります。最後のRを新車で買う機会でしたから。まあ、ここは本当に縁がなかったのだと思います。ま、次期エリーゼが奇跡的に?魅力的だったらその時考えます。後はエヴォーラの2.5Lで安いのが出たりしたら。

 なお、今回は、ロータスに破れたポルシェですが、後任の担当営業からは何も言ってきません。前担当には、車検だし、買い換えも検討するから見積もりを頼んでいたら、この前マセにいった時に新担当の名前で作成した見積もりは渡されたのですが・・・。肝心の本人からは車検の連絡がまだ無いけどどうしますかとも乗り換えの話ですが、是非お話をとも言ってきません。前担当ならこんなことは決してなかったのですけどね。相方がエリーゼを容認してくれた背景にはこういう部分もあります。ポルシェとは縁が切れたのだと。理系で余り非科学的なことは信じない私ですが、縁、というものだけは信じます。赤いエリーゼには私との縁があったから我が家にやってくることになったのです。幾多の困難?を乗り越えて。 この車は、一度は他の人がほぼ買うことにしたそうですが、最後に断念したそうです。それは絶対的な金額がそれまでの車と比べて多くて躊躇したからだそうです。また、ロータスということで、後々維持費がかかるのではないかと思ったということもあるそうで。私はエリーゼは特にお金のかからない車だと思っているのですが。特にトヨタエンジンだと。初代エリーゼ(S1 111S)もローンが通らずにキャンセルされて私のところにやってきたのですが、それも縁があったからでしょう。昨年のRやスポーツ160は逆に縁が無かったが故に買えそうだったのに買えなかったのだと思います。縁があったということは、きっとこの子は良い子でしょう・・・・そうでないと困るし、よろしく、赤ん坊!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリーゼ再試乗

 オーセンさんで、現行エリーゼを試乗させてもらいました。前回、東京ロータスセンターで少しだけ試乗していますが、その時はその辺をちょっと走らせただけでしたが、今回は東名に乗って高速走行も試すことが出来ました。試乗車はいつものように?ストームチタニウムのスタンダードなエリーゼです。
 シートポジションはエリーゼはいつもぴたり合うので楽です。ミラーの調整は電動でないのでちと面倒ですが(苦笑)。ま、これは実際には一度合わせれば後はさわることはないので問題ではありません。シートも私にほぼぴったり。これがポルシェと違うところです。やはり運転する上でここはとても大事です。ポジションがぴったり合っていないと楽には運転出来ませんから。ま、強いて言うならばヘッドレストが「ヘルメットかぶって乗るのでしょう?」という感じで少し空間が空いてしまいますが(笑)。ま、これも前から同じです。
 さて、発進。色々言われている1ZRの低速トルクの無さですが、前回はまったく気になりませんでした。気になったのはクラッチで、なんかどうしてもどんとつながる感じがありましたが。今回は色々言われているのを見たり・聞いたりしていたので注意を払ってみました。今度はクラッチは普通です。で、言われると低速トルクが細いかなという気はします。気はしますが・・・元々私はそういう車が多いので、気になりません。AWはもっと酷いし、ピー次郎だって、意外とクラッチミートは気を遣います。そうでないとストンと落ちることがありますから。
 走り出すとなんの問題もありません。シフトフィールはいいです。ブレーキも問題ありません。が、前回同様にステアフィールはなんか変です。中央から切り始めの部分で、なんかぎゅにょっとした感じがあります。もう少し切り込んでいくとそうでもないのですが・・・・。
 後、前回気が付かなかった大きな問題が。それはウインカー。普通、左右どちらかにウインカーを出すとインパネの中でそっち向きの矢印がでて、なにかしら音がします(カチカチとか)。エリーゼは従来、矢印は出なくて、ウインカー点滅を示すだけでした。今回のはちゃんと左右の矢印が表示されます・・・が、音がしなくなってます(爆)。なんだ、これ?こんな車初めて見ました。うーん、矢印は間違えることはないですが、ウインカーがついているかどうか、音でわかる方がいいです。これはかなり気になりました。
 問題の乗り心地ですが、まずまずです。相変わらず個体差が大きいです、エリーゼは。もうこれは、仮に新車を買うとしたら、実物がくるまでどうなるかわかりませんね(苦笑)。
 高速へ。風が非常に強かったのでうるさいです・・・うるさいですが・・・あれ?ほとんど風の音?100km/hで6速2500回転程度なのでエンジン音はAWよりも静かです。路面からの音もほとんどしません。ただひたすら風の音。風が弱ければ静かかも?
 ただし、その強風にあおられるのでちょっと疲れました。細かいステアリングの修正はピーよりも多くなってしまいます。まあ、でも、これは仕方ないでしょうね。
 つきが悪いとかトルクが薄いとか言われるこのエンジンですが、確かに6速2000回転位から踏んでもそれほど加速しません。しませんが、そんなの当たり前でしょう。加速したければシフトダウンすればいいのです。
 音も良い音とは言いませんが、気になる音でもありません。1ZZと比べれば少しいいかもしれません。ただし、上まで回させてもらいましたが、6000位で頭打ち感は出ます。1ZZは意外と上はすっと回りました。これまた個体差があるので、あくまで、昔、試乗させてもらったオーセンさんの試乗車は、レブリミットまで軽々吹けました。ただし、これはまだ距離も出ていない車なので、もう少し良くなるのではないかとは思います。
 うーん、エリーゼ、悪くないです。ステアフィールとウインカーの音が出ないこと位です。後は、私は1ZZのエリーゼSと比べれば、こっちの方が良いです。というか、今の生活にあっています。高速巡航が普通に出来ますから。
 Rと違ってこれなら色も選べますし。内装やステアリングは、エアバッグが無かった時代の方が好きですが、それはRでも今は同じです。Rの新車は残りわずかではあるものの、まったく無い訳ではないそうですが、色は極めて限定されます(赤白黒以外もあることはあるようですが)。
 Rに拘らなければ、好きな色を選べますし、実際にはやらないですが、好きな仕様にすることも出来ます(40万のツーリングパックは高すぎるから、選ばないけど)。
 反面、色のこだわりを捨てれば、価格差は80万円程度に過ぎません。100万と180万は大違いですが、510万と588万の差はそれほどでもありません。しかし、その差はほぼエンジンだけですから、それを考えるといらないエンジンに80万払うのはもったいないとも言えます。
 色の自由度を捨てて、エンジンを取るか、エンジンは妥協して色の自由度と実用性を取るか?後者が客観的にはより良い選択であると言えるでしょう。

 しかし、第三の選択肢もあるのです。中古のRです。06仕様の05年登録の車の出物があるのです。仕様は私の希望に完全に合致しています。S2なら、ベストでしょう。ステアフィールも問題ないはずです。が、問題は中古ですので、色が選べないのです。そしてその色が・・・・寄りによって、私のもっとも苦手な色。それ以外は程度、値段、なんの問題も無いのですが・・・・。

 エンジンは妥協して、自由に色を選ぶか。エンジンに拘って、色の選択肢を狭めるか、中古にして、色はあきらめるか?悩ましいです。そして、二番目、三番目の選択肢は選ぶなら時間が無いのです。今決めるしかありません。はー、どうしたものか。過去は大体こういう時は先送りでした。悩んでいて時間がない時には決められないのが私の性格(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪!雪!

 昨日の夕方、相方が雪だとメールがあって、オフィスの窓から外を見たら知らない間にぼた雪が降り出していて驚きました。車でいっていたのであわてて撤退。既に車にはかなり積もっていました。皆考えることは同じで前も同じ部署の同僚の車、後ろも別の同僚の車が(笑)。ぼたぼた降ってきてなんとか無事に帰り着きました。それからしばらくして車は雪に埋もれてました。いやあ、予報は雨だったはずなのに驚きました。白爺ではなく、カエルコを借りていってよかった。
 夜、TVをつけたら受信できませんと。ああ、そうか。地デジはUHFだから・・・。アンテナに付着した雪とぼた雪のせいで減衰してしまったんですね。アナログならぶれつつも映るのでしょうがデジタルは駄目ですね。特にみたい番組がある訳ではなかったので実害はありませんでしたが、デジタル放送の弱点を露呈しました。
 今朝はどうかと思ったら何とか主要道路は走れそうです。もっともその前にカエルコの雪下ろし。なんとか相方を駅まで送っていけました。
021511
 金曜日から土曜日の雪は大して積もらなかったので、まさか夕方から短時間で積もるとは。太陽光パネルにはまだ雪が残っていて発電してくれません。
 さて、これで今年の雪は終わりかな?
 滑って転んだりしないように注意して会社にいかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CP+

 土曜日に雪が残る中行ってきました。
http://www.cpplus.jp/index.html
 今回は昨年と違ってなんだかいまいち。メーカーの展示も余り興味を覚えるものがなく、エンジョイセミナーを一つ聞きましたが、初心者向けで余りに普通のことしか言わず、一時間座っているのが苦痛なだけでした。去年あったニコン独自の別室でのセミナーもありませんでしたし。
 それと今年の展示はデジカメの歴史。もうデジカメも25年以上の歴史があるのですね。初期のまったく知らないカメラからこれは知っているというのまで展示されていました。
0212111021211202121130212114021211502121160212117
 遅めのお昼はリストランテ アッティモ。昔は良く行きましたが、MMを離れてからは久しぶりです。昔と同じメニュー・味でした。安くはないですが、場所を考えればこんなものでしょうし、値段と味のバランスは取れていると思います。CP+協賛ということで、10%オフでした(ラッキー)。あいにくのお天気でしたが晴れていると景色を楽しみつつ食事が出来ます。
 余り量を食べない我が家は一番安い=少ないコース。パスタとピザをそれぞれ頼んだら半分ずつ食べられるように分けてくれました。
021211l1021211l2021211l3021211l4021211l5021211l6

 で、お腹を満たして再度CP+へ。2階の隅にAPEC関係のパネル展示がありました。設営の様子とか機嫌良さそうな管の写真とか色々。首脳会議の会場には竹林風にして池も作ったのですね。ただ、池といっても水を張った訳ではなくLCDパネルで映像の鯉など映したのだそうです。
021211apec

 戻ってもうしんばらく見て回りました。ニコンのブースで立ち見したキャパのスペイン戦争での有名な写真についての話はおもしろかったです。

 疲れたし早々に撤退しました。来年はどうしようかなあ。まあ、行くだけは行く・・かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マセラッティ目黒へ

 金曜日にポルシェの担当営業氏から連絡があり、実は2月1日からマセラッティへ移りましたと言われました。で、イベントやるので来ませんか?と。うちはマセラッティなんか買えない・・というのは十分承知していて、急な話で事情説明出来ていなかったのでそれをしたいというのと、恐らくはこの悪天候で集客が見込めないので各営業がきてくれそうな人に電話しまくっているのでしょう(笑)。向こうが冷やかしでいいのだし、相方も行ってみたいと言うので行ってきました。
Yuki
 雪が降る中を夕方車で出かけていくとはいい度胸していると我ながら思いましたが、まあ、都内ですし、帰りもそんな遅い時間ではないので大丈夫でしょう。でも、その前にカエルコをルノーに連れて行かないといけません。相方がつけたがっていたパーキングソナーとリバースチャイムの装着のために入庫させることになっていたのです。二台ででかけて、まずはルノー横浜青葉へ。いったらもうメガーヌRSの試乗車がありました。時間もないし、天気も悪いのでそれはまた後で。
 そして第三京浜経由で行くことにしました。ところが第三京浜は凍結防止剤散布中と表示されています。もしかしたら、のろのろと走る作業車の後ろを延々走る羽目になるので、急遽一般道から行くことにしました。まあ、雪で交通量は少ないので、そんなに遅くはならず、無事、マセラッティ目黒に到着。
http://www.maserati-meguro.com/
 ただし、初めて行ったので駐車場の入り口が分かりません。看板もないし、誘導の人もいなかったので・・・。ぐるっと回って車をとめてから、中へいってきいたら担当営業氏がそのまま車を運転してとめてくれました(この時にデジカメが車の中に取り残されてしまったので、写真はやむなく携帯なのでいまいちです。更にメモリーが尽きて相方の携帯借りたら解像度の設定が低かった・・・。)結果的には目黒通り側から入ればよかったのです。ただし、駐車場はサービスの車の受け渡し場所でもあるのですが、ここから店舗へは外側からしかいけないので今回のように悪天候だと大変です。なんで中からそのまま行けるようにしないのかな?まあ、元々は別の車ディーラーがあったビルをそのまま使っているので、仕方ないのかもしれませんが。
 中には主役のグランツーリズモMCストラダーレ(白)、
Mc1
その他にグランツーリズモS(赤)と
S
グランカブリオ(青)が展示されています。
C

ここはマセラッティジャパンが出来て最初に出来た新しいディーラーで、マセラッティのWW共通のCIに従って作られてます。車を置いている場所の上にはそれを照らす長方形の照明が配置されています。
 第一印象は・・・でかい!そりゃそうです。全長は4885mm、全幅1915mmですからね。今の車が大きくなったとは言え、これはでかいです。
 MCですが、グランツーリズモSをベースに2シーター化し、軽量化したもの。まあ、ポルシェで言えばGT3です。これのお披露目のイベントです。飲み物と軽食も出ました。
 ブレーキはカーボンに変更され、リアシートは取り払われて、ロールゲージにバケット(カーボン)に4点がついています。ただし、日本仕様では、ロールゲージは標準ではなく。シートベルトも3点になるそうですが。内装もカーボンパネルを随所にあしらっており、「レーシィ」です。ノーマルよりも100kg軽量化されているそうです。ただし、そのノーマルの日本仕様の重量は1950kg。ということは軽量化しているとはいえ、1850kg!もあるのです。エアコンもオーディオ・カーナビ、リアのパーキングセンサーなどなど豪華装備はそのままですからね。GT3のようなものと書きましたが、なんちゃってGT3(苦笑)。GT3RSに相当するものもあるかもしれませんが(コンペティオーネが)。
Mc2MccokpitMccokpit2
 シートに座って見ました。ミッションはシングルクラッチのAMT。2ペダルです。サイドブレーキもありません。それどころかシフトレバー(セレクター)すらありません。1とRの二つのボタンがあり、バックする際にはRを、前進する際には1を押すのです。パーキングブレーキはボタン式。前進すると自動的に解除されるそうです。なお、普通のグランツーリズモにはシフトレバーはあります。サイドブレーキがないのは同じですが。
 パドルシフトはコラム固定の右がアップ、左がダウンのよくある形式です。パドルはカーボンのように見えますがさわるとプラスチックのような気もします。ただ、動かしてみると剛性感があるのでカーボンなんでしょうね。
 外観はフロントはかなり違います。ボンネットにもエア抜きらしい穴がありますし、横にもスリットが追加されています。リアはマフラー出口が左右二口ずつが大口径一口ずつに。ポルシェのラッパと違ってインチキ無しです。
McbonnetMcrear
 ただし、この車は本物ではなく、展示用の車です。モックアップとまではいいませんが、中身は本物と違っています。例えば、サスペンションをのぞき込んでみるとダンパーとバネはなく、ロッドで支えられているだけです。転職したばかりでマセラッティに詳しくない担当営業氏からこの車はサスがないんですけど、そういう車あるんですか?と私に逆に聞かれました。で、バネとダンパーの位置が違う車があるからそうなのかなとのぞき込んでみたら、ロッドだけが見えました。で、別の人がこの車は展示用なのでついていないだけで、本物は他と同じで普通にバネダンパーがあると教えてくれました。ま、ポルシェでは展示用にそんな車がきたりはしなかったのでしょう。私もショーカーは別にしてディーラーに展示されている車では初めて見ました。もっとも、この個体自体がショーカー上がりのようです。
http://response.jp/article/2010/09/21/145374.html
 この写真と同じ色ですから、パリモーターショーで展示されていたものを持ってきたのではないかと思われます。

 値段は2100万だそうです。ノーマルが1750万ですから、この手の車としては妥当な値段でしょう。

 普通のSにも座ってみました。こっちはレザーシートです。皮の品質は高く(イタリアの自動車用の最高級のものだそうです)、実に豪華。皮の色だけではなく、ステッチの色まで選べるそうです。外装の色はそれほど多くはないものの、内装は色々な組み合わせが出来ます。納期は通常で5ヶ月程度とか。手作り近いそうですから。
GcokpitGseat
 エクステリアは好みの問題でしょうが、普通のSでも結構格好いいと思います。リアもこれはこれでいいですし。こっちはリアシートもしっかりあり、乗り降りは2ドアなので大変ですが、乗ってしまえば普通の車並に空間はありますから、四人で長距離ドライブは可能です。ただし、リアにあるトランクはそれほど広くはないので、四人で旅行は辛いでしょう(写真はMCですがこれはSでも同じ)。
Mctrunk
 カブリオは豪華なフル4シーターのカブリオレ。こっちはトランクが更に狭く、これならAWでも勝負出来るかも!?という位でした(笑)。
Ctrung
 担当営業氏は忙しくしていて結果的にはそれほどゆっくり話は出来ませんでした。途中からある来客にはりついていましたが、あれはこの人なら買ってくれるかも(買えるかも)とにらんだようです。うちは枯れ木も山のにぎわいの「枯れ木」ですからね(笑)。
 でも、その枯れ木もグランツーリズモのカタログ(ポルシェの本には負けるものの、それ以外では厚さは最高)とお土産にお菓子とカレンダーまでもらいました(こっちの写真はデジカメ)。
CatalogCalenderOmiyage
 さて、どうなんでしょうね。我が家はもちろん、そんなお金はありませんが、お金があっても、ちょっと大きすぎますね。先代はまだ乗れるサイズでしたが。それは他でも言えることで、購入できる人は限られてくるでしょう。担当営業氏も大変ですね。がんばれ!
 まあ、なにはともあれ、縁によって、本来なら縁がない車を見ることが出来たのでラッキーでした。家に帰ったら、電話があり、雪の中きてきれてありがとう、ゆっくり話が出来ずにすみません、また遊びにきてください、今度は試乗しましょうと。いやあ、出来る営業は違いますね。どうみても我が家が買うことはない(買えない)のですけどね。でも、そうやっていると我が家が紹介して誰か買えるお客がいくかもしれないし、そういう細かいことをきっちり積み重ねていくのが営業では大事なことなんだと思います。
 とはいえ、カエルコではさすがにいけないぞ(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

どこまで続くGT5

 第五回背信イベントが終了したのですが、第七回配信イベントが始まりません。もう終わりでしょうか?とりあえず、スーパーGT、鈴鹿に再挑戦。あれ?今度はドライでした。毎回ウェットではないのですね。2分7秒から12秒までばらついてしまいました。最初は2台のGT-Rを追いかける3位。7周目に抜いてトップにたったら後ろからNSX2台が追い上げてきたものの、守りきって勝利。NSXの1-2-3でした。
 2戦目FISCO、10周。スタート直後の1コーナーで3位に上がり、ベストは7周目の10分40秒171で、ここでトップのARTA NSXを抜いて、後は守りきって勝利。
 イベントはないものの、ホットカーは変わっていました。スズキ GSX-R/4 コンセプト’01を購入。普通の中古屋で、M3のCSLをもう1台。今のはチューンしてみましょう。それとレクサスIS200 GT-1レースカー’04、インテグラType-R DC5も購入。
 3戦目はGT5 東京R246、1周。1周目、1コーナーで2位に上がり、その後トップへ。前半1分45秒台、後半1分44秒台で逃げました。レイブリックNSXがずっと1秒以内で追いかけてきてプレッシャーを受け続けて楽勝ではありませんでした。最終コーナーで乱れて焦りましたが。スーパーGTをコンプして、プレゼントカーは、カルソニック スカイラインGT-Rレースカー’93でした。
 ドイツツーリングカー選手権にIS Fレーシングコンセプトででられるのが分かったので挑戦。1戦目、ケープリンク5周。ベスト2分46秒で楽勝でした。2戦目、ニュルブルリンク GPコース8周。ベストは1分33秒。概ね34-35で走って勝ちましたが、1周目にトップにでた後は、追いつかれはしないものの、2位との差は1秒から2秒程度にとどまり、ワンミスで抜かれそうでした。
 3戦目、ニュルのオールドコース。コースが狭いのでなかなか前に出られません。で、コーナーが妙に遅くてぶつかってしまいます。それと苦手ないつもの高速左コーナーでどうしても飛び出してしまいます。何度も挑戦して、やっとトップに早めにでて高速左コーナーを飛び出さずに抜けて、これで勝てると思ったら、なんでもない場所で飛び出してしまい、3位転落。なんでかなあ。でも、なんとか抜き返しまし、勝利しました。7分42秒でした。ノーマルのGT-Rよりも遅いです(苦笑)。プレゼントカーは2002ターボ’73でした。
 コスモスポーツの110S(L10 B)’68、M3 GTR’03がでていたので勝いました。ホモロゲモデルにE46に4L、V8を搭載した車があったんですね。
 フォードGTを742ps、1203kgにチューンして、米国選手権に挑戦。インディです。オーバルは嫌いなんですよね。嫌だなあ。最高速度350km/hの設定のまま挑戦。やっぱり、まったく駄目です。10秒差の8位でした。ラップは52-53秒程度。更にギヤの設定はこれでは駄目でリミッターあたっています。400km/hにして、サスペンションなども変更。やたらアンダーだったので、それを消す方向に。しかし、51から52秒で7位にとどまりました。またまた駄目です。 
 えーい!パワーアップだ!ところが、ターボはつかないのでス-パ-チャ-ジャ-しかありません。834ps。さあ、どうだ!が、しかし、駄目です。ベストは50秒に入ったものの、出口アンダーでまともにいけません。セッティングを色々変えつつやってみました。
 何度もやりなおし。結局、入り口ゆっくりでベストは51秒に過ぎませんが、早めに一度前にでたら勝てました。なんか変ですね。まあいいです。もう終わったので。やっぱりオーバルは嫌いです。
 黒のエリーゼ スポーツ190がでたので、1台ありますが、追加購入(笑)。、ジャガーKXR Rパフォーマンスというのも購入。
 米国選手権の2戦目、ラグナセカ5周です。最高速度330km/hにセット。やってみると、あばれまくり。しまった、オーバルでアンダーだたからオーバー気味にセッティングしたままでした。何度も飛び出して、18秒差の5位。ベストは1分25秒。サスペンションを初期値に戻して、再挑戦。改善されましたが、まだかなりあばれます。2Jレースカーが手ごわくて、抜こうとして、無理をすると飛び出してしまいます。何度か再挑戦して、やっと途中で前にでて、後は安全運転で勝てました。ふー。ただし、ラップタイムは1分23から25秒台とばらけました。2位2Jとは1.6秒差。米国選手権制覇。ふー、苦戦しました。プレゼントカーはタンクカー’03でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ続くGT5

 第三回配信イベントのボーナスレースは以下の通り。
 プリウスG 2009 グランバレー・イーストセクション
 アウディTTSクーペ 2009 ケープリンク北コース
 ロータスエリーゼ111R ニュルブルクリンクGP
 フォードGT 2006 トライアルマウンテン
 シトロエンC4 WRC ローマ市街地コース
 エリーゼ以外は買わないと無いです。シトロエンC4 WRCは8500万もするよ!これはパスかなあ。

 中古にオペルカールトンをロータスチューンしたロータス・カールトン’90がでたので買ってみました。勿論、コレクション(笑)。111Rに乗り換えて、ボーナスレースに挑戦。ニュルブルリンクGP。おや、111Rのワンメイクです。これが難しいです。やたら滑ります。1周目はとっちらかりまくって、その後もかなり苦戦し、トップと34秒差の8位でした。うーん、ミスを無くせば3位まではいけるかな?タイヤ制限を確認して、限度内のタイヤに交換しようと思ったら、制限なし。あれ?第二回ボーナスレースまでは制限ついていたけど、3回目から無くなったようですね。レーシングソフトを購入して再挑戦を。ありゃ、圧勝だ。(^^;1周目で9位。で、トップも5周目に入ったところで捕まえて、結果+15.2秒で優勝。2分20-21秒でラップで、タイヤ交換前よりも6、7秒速いです。レーシングソフトはやりすぎだったようで。
 第二回のタイヤ制限を確認したら何故か無くなっています。うーん、難易度が高いと言われて制限外したのでしょうか?それで、マドリード市街地にフォーカスSTで再度挑戦。でも、ここでタイヤをどうするか悩んでしまいました。111Rでレーシングソフトにしたら、余りにも速過ぎました。悩んでレーシングハードでやってみることにしました。しかし、1分44-45秒台でおいかけて、19秒差の2位。うーん、つらいです。最初わりと早めにフロントが減ったようですが、その後は消耗は進みません。やはりレーシングソフトにすべきでした。それでも、毎ラップ4秒短縮は難しいでしょう。これは無理です。あきらめます。
 RX7 400馬力もタイヤ制限なくなっていたので、レーシングソフトにして再挑戦。でも、10周持つかな?やはりミディアムかなあ?前回18.5秒差だったから、スポーツハードだから、一周2秒は縮まるかな?ミディアムでも?でも、筑波は短いですからね。ソフトで持つでしょう。という訳でソフトで挑戦。57-58秒台。8周目に入ったところでトップにでて、どんどん周回遅れにして、24秒差で優勝。うう、つまらん・・・。頑張って頑張って、やっと2位をになったあの充実感がありません・・・・。フォーカスSTもレーシングソフトにすれば勝てたかな・・・。でもなあ、なんか面白くないのですよね。お金は1億4千万たまりました。トーミーカイラZII’00とエリーゼ’00が出たので購入。
 フォードGT 2006を買ってボーナスレース。1500万なり。トライアルマウンテンです。とりあえずそのまま挑戦。めためた。(^^;速い遅い以前にまともに走れません。1分38秒がベスト。トップとは大きなえらい差です。ええ-い、レーシングソフトに交換だ!結果、1分30秒台で周回して優勝。つまらない位に簡単です(苦笑)。お金は2億を超えました。ミニマーコスGT’70がでたので買いました。
 アウディTTSクーペ 2009を買ってケープリンク北コース。まずはノーマルで。1分50-53秒。2位と3位の後ろが見えていました。ただし、トップのエヴォーラとは46秒差です。難しいかな?タイヤをどうするか悩んで結局、スポーツソフトにしてみました。ベスト43秒で7秒差の2位。このまま頑張っていたら、うまく42-43秒でまとめることが出来て勝ちました。ただ、エヴォーラをぬいた時は複雑な気持ちでしたが・・・。

 次はフォード マスタング V8 GTクーペプレミアムを買って、ラグナセカに挑戦。まずはノーマルで挑戦。1分52-54秒で、11位。がーん。レーシングソフトに交換だ!でも、楽勝とはいかず。1分42秒くらいでいって、6.6秒差の2位でした。再度挑戦。今度は40秒前後にまとめて、4周目に38秒台にいれて勝利!ふー。
 ボーナスレースはなんか少しむなしくなって、タイムトライアルに挑戦してみました。筑波です。日本車、300PS、1200kg、スポーツミディアムか条件です。手持ちで一番近いインプレッサのSTI VersionIVで試してみました。げ、トップは58秒5!!!どうやったら出るのやら。で、走ってみると・・・うーん、難しいです。
 それで、いまいち乗り気になれませんが、プリウスG 2009を買って、グランバレー・イーストセクションに挑戦・・・のつもりでしたが、フォーカスSTで勝ちたいので、マドリードに再挑戦。知らない間にチューニングの制限もなくなっていまいた。というか、最初から無かったのかもしれません。気にしていませんでした。ライトチューンしました。218馬力から吸排気とコンピュータで280馬力にして、さあ、どうだ!ベスト1分38秒台でぶっちぎり。つまらんです。マフラーはレーシングにしなくて、スポーツマフラーでよかったようです。
 さて、プリウス。1周目1分34秒、後は30秒台でしたが、最終ラップミスしてはみだして、5位を抜けたはずが6位とまり。トップとは28秒差位でした。バッテリーはこの位では十分もちました。もった。タイヤをコンフォートミディアムからスポーツソフトに交換。ベスト24秒台で追いかけましたが、最後1.5秒及ばず2位。ミスあっので仕方無いでしょう。再挑戦。今度は、1周目28秒、3周目26秒以外は24秒台で走って勝利。しかし、気持悪い車ですねえ。。

第4回配信イベントのボーナスレースです。
 三菱i-MiEV 2009 ディープフォレスト
 ボルボ C30 R-Design 2009 グランバレー・スピードウェイ
 ダッジチャレンジャーSRT8ロードコース・デイトナ
 フォルクスワーゲン ゴルフ ニュルブルクリンク北コース  
   GTI’76
   GTI’01
   GTI’05
 JGTC/SUPER GT ハイスピードリンク
 最後のはこれまた車が高いです。中古で7300万位、新車だと9000-9500万。賞金総額は15000万なので、2位になれば辛うじて黒字です。

 まずは、ボルボ C30 R-Design 2009を買って参加。タイヤはノーマルのままです。う、フォーカスRSがいます。厳しそうです。やはり勝てませんでした。ベストは2分26秒台でしたが、2位のZ4にわずかに届かず3位でした。フォーカスRSとの差は30秒前後で最終的には31.6秒差でした。。コンフォートソフトがついていたので、スポーツソフトにして再挑戦。概ね19-20秒台で走り、3周目にフォーカスRSをとらえて優勝。最後は約10秒差。なお、レースやっていて、最初はそれほど差がなかったのが急に差が開きだすことがあるのですが、それは速い車が遅い車にひっかかっているためのようです。今回、フォーカスRSがZ4を抜いてペースを上げる場面を目撃しました。
 国産車、300馬力1200kgタイムトライアルに挑戦。NAのSWでやろうと思いましたが、300馬力は遠いので、ターボに変更。チューニングはコンピュータ、インテクーマニホールド、レーシングマフラーだけで300馬力。後はLSDとミッションにクラッチ、フライホイールにサスペンション。300馬力、35.1kg、1270kg。さあ、タイムアッタックだ。セッティングはアンダー目。走ってみたらドオーバーでまともに走れません。もう少し、設定変更して1分6秒。と思ったが飛び出したのカウントされないようで、7秒3がベストでした。セッティングを色々変えて試しましたが、最終コーナーでアクセルオフだけですっとんだりと全然駄目です。
 どうにもおかしいので、SWのNAに乗り換えてノーマルのまま走って見ました。
でも、これでもリアがすぐ滑ります。どうみてもおかしいですよ。SWのNAには実際乗ってましたが、こんなに不安定な車ではありません。SWのモデリングは明らかに間違っています。
 それで、NSX Type-R 02を買って、ノーマルのままやってみました。するとSWと同じようなものです。ベストは5秒5。前期型のRではなく、後期型のRがこんなに不安定でしょうか??
 一応、チューニング。タイヤはスポーツハードだったので、ミディアム(ミディアムまでの制限あるので)にして、それとレーシングエアクリーナーで297psに。LSDとミッション。2周目で3秒433が出ましたが、結局、これが私のベスト。その後はそれよりも速いタイムは出ませんでした。トップはなんだろうと思って見たら、セリカラリーカーが並んでました。ST205かあ。。これが58秒台。NSX-Rで59秒台の人もいます。偉い!
 ドライビングオプションを変更してみました、アクティブステアをオフから弱い、スタビリティマネージメントをonにしてみました。でも、6秒台。オプションを最強に。ABSだけは5。あれ?何故か飛び出して易くなってしまいました。うーむ。
 ABSは2。トラコンは5にして、4秒台。アクティブステアはオフ。トラコンを3。ABSは1。最高速を240km/hから220km/hにしたものの、タイムアップ出来ない。スタビリティマネージメントをオフ。トラコン4。そうしたら、タイムがあがりました。ただし、3秒台には入りません。なるほど、スタビリティマネージメントをオンにすると絞られて遅くなるようです。言い換えるといくら滑ると言っても、スタビリティマネージメントをオンにするとタイムは出ない、ということのようです。タイム更新出来ないので、断念してしまいました。
 今度はエヴォーラを買って、300馬力、1200kgのマドリード市街地コースのタイムトライアルに挑戦。272ps、1330kg。スポーツハードがノーマルです。1分45秒がベストでした。7034位だそうです。こっちは余り走っている人が多くないのですね(筑波は4万台でした)。
 さあ、チューンしましょう。軽量化ステージ1、ウィンドウ軽量化、カーボンボンネット。1208kg。コンピュータ、スポーツマフラーで299ps。ミッション、LSD。スポーツミディアム。最高速250km、イニシャルトルクを25。さて、どうだ!うーん、1分37秒5でした。これで3034位。エヴォーラも滑りまくってなかなかうまく走れません。難しいですね。なんか、MRだけ必要以上に挙動がシビアになっている気がします。
 ボーナスレースに戻りました。I-MiEVを買ってディープフォレスト。相手は全部軽でした。i-MieVもいます。1回目、3位に上がり、1位と2位の集団に追いついたのですが、最終ラップの最終コーナーで抜こうとして2位の車にぶつかってしまって、3位。うう、惜しかったです。再度。今度は2位に上がって1位を抜こうとして・・・・またつぶかってしましました。再度。今度はベスト1分55秒台で走って5周目の2/3位でトップにでて優勝。やりました!ノーマルのままで優勝です。なお、バッテリーは40%位消耗していました。長距離レースだと途中で充電しないと駄目ですね。
 ガレージの中にダッジチャレンジャーSRT8があることに気が付いて、乗り換えて、ロードコース・デイトナに挑戦。ベスト2分8秒台で5位でした。トップと35秒差。タイヤをスポーツハードから、スポーツソフトに交換し、再挑戦。ベストは3秒台、16.6秒差の2位。ただし、ミスして8秒台のラップもありました。もう一度。うーん、どうしてみミスしてしまいますし、おいつきません。やええい、パワーあげてやれ!。吸排気とコンピュータで、516ps、63.7kgだ。で、暴れたりしたがベスト2分0で勝利。ああ、やっぱりむなしい(苦笑)。
 次はゴルフ V GTIを買って、ニュル。ノーマルで挑戦。9分8秒。トップと35秒差の5位でした。タイヤを交換しないと駄目でしょうね。まあ、だったらと、レーシングソフトへ交換。8分29秒で優勝。レーシングソフトはやめた方がいいかもしれませんね。余りに速くて面白くありません。
 SWのNAがまた出たので購入。これはチューニングする予定です。お金は十分あるので、JGTC/SUPER GT ハイスピードリンクに挑戦することにしました。やるなら当然MRでしょう。そうするとNSXか、ディアブロGT-1ですが、ディアブロで挑戦することにしました。7400万!中古なのでオイル交換、タイヤはハードからソフトへいきなり交換してしまいました(結果から言えばそのままで良かったかも)。630ps、1200kgです。LSDイニシャルを20へ変更し、最高速は330km/hなのでとりあえずそのまま。ハイスピードリンクに挑戦!1台目をパスしたところでアウトにぶつかったり空飛んでしまいました(苦笑)。リスタートして、再度。630psの威力か、ベスト1分2秒台で楽勝でした。ソフトいらなかったでしょう。
 ここで、また100戦かつ走行距離2000kmを越えたとかで、プレゼントカーチケット(Ticket1000)をもらいました。交換したら、R34 GT-R VスペックII NIでした。
 で、次は。C4 WRCを買って第三回ボーナスレースのローマ市街地コースに挑戦。8500万なり。まずはそのままで。ラリーカーばかりですね。げ、難しいです。なかなか追いつきません。結局、5位でした。ベストは1分18秒台でしたがだけど、ミスも多く、20-21秒台のこともありました。賞金は6600万もらいましたが、後2000万はもらわないと赤字です(笑)。再度、挑戦。うーん、4位でした。1500万。後、500万か。ミスがあったからうまくやればいけるとは思いますが。しかし、何度やっても4位が限界です。仕方無く、レーシングソフトに交換しました。1分15-16秒台でやはり楽勝・・・。
 ボーナスレースは全部終わってしまいました。5.4億ほどたまって当座不自由しません。で、一度やっていなかった第三回のドリフトコンテストにSWのターボで参加してみました。ケープリンク外周。どうやるんだろう??と思ったら、ドリフトしている間、点数が加算され、もし、コースアウトすると0点になるという仕組みでした。ドリフト区間が5か所あり、その合計点できそうようです。やってみたら、安定してドリフトするのは難しいです。1290点でした(苦笑)。2度目は2372点。このうち、あるセクターで1000点稼ぎました。言い換えるとうまくやれば5000点位はいくということです。しかし、ランキングを見るとトップは17132点!!凄いなあ。SWのNAにしたらコントロール性が上がると期待してやってみましたが・・・駄目でした。今度はパワーが足らないようです。
 BLITZ DUNLOP ER34 スカイラインを買って、ランツーリスモ5 東京オートサロン2011 スペシャルイベントに参加。おっと、ホイルスピンの山だ。凄いですね。3012点でした。まあ、いいかな、登録されたから787はもらえるでしょう(笑)。
 久しぶりに本筋へ戻ることにしました。チューニングカー選手権にエスプリV8で挑戦です。レーシングソフトをはかせて、高回転ターボをつけて、エンジンステージ3、軽量化ステージ3、ボディ剛性アップをやりました。656ps、1103kgです。
 1戦目の鈴鹿にテスト参戦してみました。最高速度は330km/hに変更。.暴れますが、なんとかまだ運転出来ます。ちょっとミスすると飛び出しますが。直線速いです。いやあ、656psは凄いですね。まあ、これならなんとかやれそうです。実際に出てきたライバルはJGTCもどきがぞろぞろかと思っていたらそうでもなく、車は圧倒的に速いです。やり過ぎたかも?と思ったものの、アミューズ S2000 GT1が速いです。勝ちましたが3秒でした。ベストは2分11秒でしたがかなりミスしています。ブレーキで挙動が乱れます。ブレーキバランスをフロントを5から7にして、LSDの効きを弱めてみました。
 デイトナロードコースにも単発。ここもS2000が速いですね。1コーナーのブレーキングで必ずふっとんでしまいます。最高速度320km/h程度しかでてません。350km/h設定にしているのですが・・・あ、レブリミットが、8400rpmになってます。実際には8000位ですから、上が伸びないのです。バグでしょうか?もう一つ、グランバレーにも挑戦。最高速度を370kmh/h設定にして、ブレーキをリアを4にさげました、300km/hでません。今度は上げ過ぎたようです。(^^;1コーナーはやはり飛びやすいです。ここもまたS2000が速いです。
 一度抜けました。ルーテシアスポールV6 Phase2’03、NSX-Rの92。エんエボのラリーカーを買いました。最後のはスーパーラリーカー’03で、300ps、1230kgだそうです。2900万もしますが、お金に余裕はあるので購入しました。

 テストが終わったので、エキスパートシリーズのチューニングカー選手権に挑戦。1戦目鈴鹿。最高速度340km/hにセット。ベスト2分11秒台で勝利。2位アウディ、3位S2000。2戦目、デイトナロードコース、最高速は370km/h。ベスト1分49秒で勝利。2位CT230,3位S2000。飛び出しまくりでラップ安定しませんでした。3戦目、グランバレー。最高速度は340km/hにセット。ベストは1分57秒台。2位アウディ、3位S2000。1コーナーころころ安全走行しました(笑)。4戦目、スペシャルステージルート5。400km/h設定にしたら、300km/hも出ませんでした。大失敗。それでも、概ね1分29台で勝利、2位S2000,3位アウディ。5戦目。東京R246。340km/hにセット。ベスト1分43秒でしたが、スピンして51秒台に落ちたこともありました。2位アウディ、3位CT230R。5連勝で、無事勝てました。賞金は1350万。プレゼントカーはHPAモータースポーツ、ステージIIR32でした。GT-Rかと思ったら、ゴルフのR32のチューニングカーでした。そういえば、一緒に走っていましたが、余り速くありませんでした。(^^;
 エスプリ ターボHC’87があったので買いました。

第5回配信イベント

第五回ボーナスレース
 フォルクスワーゲン シュビムワーゲンtyp166 ケープリンク 外周5周
 プジョー 207 GTi コート・ダジュール 5周
 TVR タスカンスピード6ケープリンク南コース5周
 アルファロメオ8Cコンペティツィオーネ ローマ市街地コース5周 
 欧州ツーリングカーニュルブルクリンク GP/D 8周
  IS Fレーシングコンセプトもありか。賞金総額2億
第五回タイムトライアル
 1979年以前日本車 ケープリンク 200PS、1000kg コンフォートソフト以下
 1979年以前欧州車 ニュルブルクリンク GP/F 400PS 950kg スポーツミディアム

第五回ドリフトトライアル
 クラブマンステージ・ルート5 コンフォートソフト
 ロンドン市街地コース コンフォートソフト

 TVR タスカンスピード6を買って、ケープリンク南コース5周に挑戦。まずはノーマル。ドリフト大会になりそう・・・・と思ったら普通に走れます。おやまあ。ミスが多く、ベストは1分27秒台。トップと21秒差の4位。がんばればいけそうです。再度ノーマルで挑戦。1分27-28秒で、2位が見えている11秒差の3位でした。ただし、ミスは多く、最終ラップは29秒台でした。そのまま挑戦を続けたものの概ね27秒台で、7.8秒差の2位が限界。あきらめてタイヤをスポーツハードからソフトへ交換しました。25-26秒台で走って勝利。うーん、そのまま粘った方が良かったかもしれません。タイヤ交換して買ってもなんかむなしいです。
 XJ220とそのレーシングカーが出ていたので買いました。2億と6千万でした。さすがにお金が半減してしまいました(苦笑)。他にARTA ガライヤ(GT300)も買いました。2500万なり。

 ミッドシップ・スポーツカー・ミーティングに買ったばかりのXJ220で挑戦。まずディープフォレスト。5周。う、マクラーレンF1がいますね。オイル交換必要の赤マークがついていたので、一度抜けてオイル交換してやり直しました。うーん、いらいらします。スタートでおいていかれて、コーナーでつまりますが、ぶつかってしまってふっとんだり。もう一台のXJ220が参加しているようですが、523ps 1372kgで、少しチューニングされているようです。でも、たった10馬力差だけどとても思えません。
 こういう時はパワーで勝負です!(むなしいくせに)。エスプリV8に乗り換えて挑戦。が、楽勝ではなく、2位にとどまりました。トップはマクラーレンF1。再度。トップにでたものの、スピンして最下位。追い上げたが2位とまりでした。再度。今度は前に出ることが出来て、なんとか勝ちました。とはいえ、マクラーレンF1との差は1秒しかありませんでした。。ミスすると追いつかれます。まあ、全開にすると危ないので、抑え気味に走ってはいましたが。
 XJ220の方が挙動は安定していたので、少しいじって使ってみることにしました。その際にセブンファイアーブレード’02というのがあって買いました。バイクのエンジンを搭載したケータハムだそうです。XJ220をチューニング。マフラーは既にセミレーシングになっていました。エアフィルターもつけられず。エンジンもステージ3だけしか選べません。既に相当チューニング済みということなのでしょうね。インテークマニフォールドとエキマニつけて541psにしました。タイヤはスポーツソフトへ交換。
 2戦目のハイスピードリングに挑戦。馬力を上げておいて良かったです。ノーマルだとつらかったでしょう。無事勝利。2位はW12ナルド コンセプト。1分10ー11秒で走ったものの1秒差でした。
 3戦目はルマン2周です。うーん、難しいです。90度シケインでいつもふっとんでいきます。単独走行ならまだ良いのですが、競っているとどうしてもブレーキを我慢して突っ込むので、その後飛び出してしまいます。何度も苦戦。で、ようやくなんとか逃げきって勝ちました。ラップは4分17秒と13秒でした。チゼータV16T’94をもらいました。
 ヒストリック・レーシングカー・カップにXJ13で挑戦しようとしたのですが、何故か参加出来ません。XJ13が出場しているのに!!!どうももらったXJ13クロームラインは年式の記述がないようではねられているようです。がーん。
 あきらめて、レース・オブ・ターボにトミーカイラ ZZII’00で参加。3周です。1周目は1分19秒、後は11秒で楽勝。赤ついているからオイル交換しました。少しアンダーですが、安定していていいです。2戦目、モンツア。1分56を3周目に出して楽勝。ちょっと大人げなかったですね。回りは普通のチューニングカーでしたから。。スープラRZ辺りで挑戦すべきだったかもしれません。ランサーEX1800GSR ICターボ’83をもらいました。NSX TypeR’92があったので購入しました。
 ガヤルドLP560-4のワンメイクは、599馬力 1410kgという仕様のようです。ノーマルではつらいので、レーシングマフラー、スポーツ触媒、レーシングエアクリーナーで603馬力にして・・・いや、念のためにコンピュータもやって624馬力にしました。タイヤはとりあえずスポーツソフトにしてみます。。
 ガヤルドトロフィー。ローマ市街地コース。うーん、すべりますね。ストレートでもそれほど速くはありません。ベストは1分12.7秒でした。でも、しばしばとっちらかって15秒台も多いです。緩い1コーナーの先の2コーナー(実質1コーナーか)のブレーキングで挙動が派手に乱れます。なんとか勝ちましたが。。デルタS4ラリーカー’85をもらいました。
プジョー 207 GTiを買ってコート・ダジュール 5周に挑戦。まずはノーマルで。なんかのろいなあ(笑)。直前まで500馬力オーバーの車でしたからね。2分10秒台がベストで2位。トップとは11.4秒差。ミスなく走れば抜けそう。トップはミニクーパーS。再度やった。ミスをへらしたら、ベスト2分5秒台で、優勝。よかった、変にお金をかけなくて。
 ボーナスレースに欧州ツーリングカーニュルブルクリンク GP/D 8周に参加。M3 CTRかIS Fかを悩んでIS Fレーシングコンセプトにしてみました。7500万た。517馬力だけど、1350kgもあります。元が重たいですからね。ノーマルで挑戦。どうでしょう?駄目かな?ベスト1分32秒だけど、34秒台もあり、結果、11秒差の2位。ミスを減らせば勝てそうです。最高速度は310km/h設定でしたが、そこまで出ないので、300km/hに落としました。再度挑戦。何度か何度もやりなおして、やっと32秒台を並べて勝てました。ふー。
 次はアルファの8Cを買ってローマ市街地コース5周に挑戦。以前、別のイベントで、まともに走れなかったが車です。しかもローマ市街地。どうなるのでしょう?と思ったら、これが意外と普通に走れます。なんで?うーん、やっぱりMRはどこかおかしいです。まずはノーマルで挑戦し、1分20-22秒で5.3秒差の2位。トップはカリフォルニア。勝てそうです。しかし、なかなかおいつきません。途中のR8とM3を抜くところまでがうまくいかない。やっとなんとか抜いた。ベスト19秒台に入れて、2秒差で勝利。タイヤ交換しないで勝てるようになってきました。

 シュビムワーゲンtyp166を買ってやる気がしないので(6500万もするんだもん。)、ボーナスレースはやめて、本筋へ。エキスパートシリーズのポリフォニー・デジタル・カップに参戦。XJ220。1戦目マドリード市街地コース・ミニ。5周。ベスト50秒台でぶっちぎり。XJ220の選択は失敗したかも・・・。2位のR35と9秒差。2戦目、トライアルマウンテン。5周。1分34-35秒、ベスト33秒台で、4.5秒差で勝利。楽勝だけどミスするとGT-Rがせまってきますね。3戦目。グランバレー5周。ベスト1分59秒で勝利。6.7秒差。楽勝というほどではないです。楽な展開ではありますが、大きなミスすると追いつかれかねないタイム差でした。うーん、結果、XJ220でよかったのかなあ。シリーズ賞金1580万でした。プレゼントカーは350Zグランツーリスモ4Ltd.(Z33)’05でした。
 なんとなく120iとS2000 Type-V’00が中古で出ていたので買いました。それと買っていなかったLFAも。
 アルファの8Cを買ってボーナスレースに挑戦。ローマ市街地コース5周。まともに走れるでしょうか??この車は苦手です。まずはノーマルで、1分20-22秒で5.3秒差の2位でした。トップはカリフォルニア。結構、まともに走れました。なんかいけそうです。再度挑戦。トップが見えたところで気持ちははやりミスしておいつかず。おしい!3秒差の2位。再度。駄目、もう少し。再度。何度もやりなおしても、途中でR8とM3を抜くところまでがうまくいきません。繰り返し挑戦し、やっと2秒差で勝利出来ました。ベスト1分19秒台でした。

第六回配信イベント
 第6回ボーナスレース
  スズキ カプチーノ(EA21R)クラブマンステージ・ルート5 5周
  マツダ ロードスター RS(NC)筑波サーキット 10周 2007
  日産スカイラインセダン350GTタイプSP トライアルマウンテン・サーキット5周
  フェラーリ430スクーデリア モンツア・サーキット 5周
  シボレー コルベット ロードコースーインディ5周
 第六回タイムトライアル
  1980年以前/米国車 ラグナセカ・レースウェイ 500PS・1400kg、スポーツソフト
  フランス車 ローマ市街地コース 300PS・1100kg スポーツ・ミディアム
 第六回ドリフトトライアル
  ディープフォレスト・レースウェイ コンフォート・ソフト
  グランバレー・イーストセクション コンフォート・ソフト

 430スクーデリアはもっているので参加。う、追いつきません。6位にあがった後、なかなか5位が見えません。見えたと思ったら5周目にスピン。駄目でした。ベストは2分切りましたが、2秒から3秒もあり。トップとの差は22秒前後で最初からかわりません。ということは、ラップは同じ。ええーい、この車遅い!チューニングだ!吸排気全部やって573馬力。タイヤはスポーツ・ソフトに交換。1分55-56秒、最後だけ53秒にいれて勝利。なんかむなしい気がします。

 次はカプチーノでクラブマンステージ・ルート5。あれえ?遅い!どういうことでしょう!直線でおいていかれます。やっと9位でした。おかしいな、ビートならともかく、カプチーノが軽に直線でおいていかれるなんて。で、確認したら・・・・他は90馬力程度に皆チューニングしているし、軽量化もしているようでした(爆)。という訳で、吸排気チューンだ!84馬力です。まあ、690kgですからいけるでしょう。タイヤはコンフォートミディアムだったので、スポーツソフトに。ベストは1分12秒台でしたが、トップのiコンセプトには届きません。1.3秒差の2位でした。ミスを無くせばいけると思いますが。3度目でやっと勝てました。2度目は一度は追いつたものの、ぶつかって抜けませんでした。ベストは1分10秒台。
 ふと思い出して、430スク-デリアで、エ・フェスタ・キャバリーノに再挑戦しました。チューニングしたから今度は勝てるでしょう。モンツア。エンツォが馬鹿っぱやかったものの、1分54秒台ならべて勝利しました。プレゼントカーはカリフォルニア’08。

 日本選手権にLFAで参加してみました。1戦目。筑波10周。楽勝かと思ったらベストは1分1.7で3.9秒差。アンダーオーバーが酷いです。SW/NSXのような動き。2位はGT-R VスペックII、3位はNSX。2戦目はFISCO 5周。 ベスト1分51秒9。52-54秒で走って楽勝。2位NSXと差は3.7秒。3位はフェアレディZ 300ZXTT2シーター。3戦目、グランバレー5周。最初にトップにでたものの、3周目に1コーナーでスピン。ブレーキで安定しません。なんかふらふらしますね、この車。おかしいなあ。その後は安全運転に徹しました。ベストは1分7秒台。2位NSX、3位はフェアレディZ 300ZXTT2シーター。4戦目は何故かモンツァ(日本選手権なのに?)5周、5ラップ目に2分を切って、16.7秒差で勝利。2位NSX、3位GT-R VスペックII。5戦目は鈴鹿。5周。ベストは2分23秒台。2位NSX、3位Z VersionST(Z33)。どこかでミスばかり。ちゃんと走ればもう2秒は縮むでしょう。シリーズ5連勝で勝利。シリーズ賞金は2240万、プレゼントカーはグランツーリスモ350Z RSでした。
 エスコートラリーカーと147GTA、アコードユーロRが出ていたので買いました。
 この辺で、参加出来るレースが減ってきました。。クラシックーレースはXJ13が2億もするので買うのがあほらしいです。で、ロードスターを買って、ボーナスレースの筑波10周に挑戦。まずはノーマル。ベストは1分10秒6。2位ミラージュ、3位ミニクーパーの後ろでゴールの4位。トップのS1のK’sとは23秒差。うーん、ノーマルでは無理ですね。タイヤをレーシングソフトに変更して再度挑戦。1位にぎりぎりとどかない!と思ったのですが、まだ、9周で、10周目がおいついて勝利。
 A110があったので買いました。次は日産スカイラインセダン350GTタイプSPを買って、トライアルマウンテン・サーキット5周。まずはノーマル。他はチューニングされているようです。セダンクラス(勝手に命名)を抜けたものの、7位に上がってからスポーツカークラスにはまったく追いつきませんでした。トップとは30秒差。ベストは1分49秒でした。
 タイヤをコンフォートソフトからスポーツソフトに。コンピュータ、エアクリーナー、触媒、マフラーで362psにアップし、再挑戦。1分41秒台と44秒台に何故かラップが分かれましたが、5周目にトップにインプレッサを捕まえて勝利。
 さて、次はコルベット。C6のZR1を買って、ロードコース・インディに挑戦。1分43から45秒で35秒差の6位に終わりました。結構、皆、速いです。ノーマルではないのでしょう。こちらも吸排気チューンです。629馬力から722馬力へ。タイヤはスポーツハードからスポーツソフトへ。しかーし、これでも、1分38秒台、最後36秒にいれたもののトップのカマロSSに15秒届かず。再度やっても駄目。手ごわいです。
 スポーツインテークマニホールドとエキマニを交換し、738馬力へ。さあ、どうだ!駄目でした。タイムは余り変わりません(まあ、700馬力台での16馬力ですからねえ)。前回と同じで、ベスト36秒台。他は38秒で、15秒差。むかついて、ついレーシングソフトへ交換。タイヤの威力は絶大で1分32-33秒で、4周目に抜いて勝利。最後は遅いのを周回遅れにしました。トラクションもよくなるためか直線も速くなりますね。
 2000のS2000’99とRX-8 コンセプトLMレースカー(1億!)を購入。
 エキスパートシリーズは終わっていないのですが、すぐやれるのがない(勝てそうな車がないのと、ドイツ車限定はやれば出来るのですが、オペルスピードスターターボがでたらそれで挑戦予定ないので)、エクストリームシリーズに参加。シュワルツ・ヴェルド・リーグB。かなり他は速そうなので、M3 CSLを吸排気とスポーツソフトで挑戦。425馬力。ケープリング5周です。これが長い!これがフルコースだったんですね。最初は3分。2周目からは慣れて2分53秒続けて、最後は52台に入り、勝利。スタートで2位にあがったもののR8に追いつかずに焦りましたが、抜けました。次はニュルです。2度のスピン、2度のハーフスピンで8分10秒。勝には勝ちました。スピンして順位を落とすと狭いから大変です。パイクスピーク クワトロ’03をもらいましたが、前にもらったんですが。(^^;
 しかし、M3はいい音ですね。うーん、やっぱり直六のM3はいいです。AWのSCをもう一台購入。ノーマルでのるためです。それとヨタハチと青のストラトスも。
 次は欧州選手権。他の車は340-385馬力位。一番速そうなのは1060kg 350馬力のTVRです。で、エスプリV8をデチューンして、413馬力に落として参加してみました。ローマ市街地コース。5周。何故かタイヤの交換が出来なかったのでレーシングソフトのままです。ぶっちぎり。つまらないです(苦笑)。やめましょう。ディープフォレスト5周は、エヴォーラをチューンして参加してみました。タイヤはスポーツソフト。358馬力です。さて、どうかな?これがまたまたぶっちぎりで、概ね1分23秒、ベスト22秒で勝ってしまいました。どうしたものか?
 3戦目は、モータースポーツエリーゼで挑戦してみました。あ、モンツアでした。高速コースだけに軽いとは言え、馬力で劣るから難しいでしょうか?でも、やってみたら、大丈夫でした。2分7-10秒とややばらついたが勝ちました。S3が速くてちと焦りましたが、1周目で抜いたら、直線でも追いつかれずにすみました。プレゼントカーはルマン・クワトロ’03。R8の原型ですね。

 ジャガーS TypeRがあったので買いました。TAKATA DOME NSX’06を買って、スーパーGTに参戦。この前、ボーナスレースでディアブロにしたのは失敗でした。スーパーGTですが、条件が日本車になっているのでディアブロは駄目です。9500万。
 1戦目、鈴鹿10周。うう、長いですね。鈴鹿は苦手だし。え?雨?雨のレースなの。これはまた・・・。初めて走る雨で大苦戦・・・・といえばそうなんですが、意外と平気でした。エスプリV8はドライでもウェットでGT500を走らせるようなものですから、慣れたようです(笑)。ベストは2分27秒。ただ、追い越そうとすると無理をしてしまうので、スピンやコースアウト多数。それがまた無理を呼びます。派手なコースアウトで10位まで落ちましたが、それでも、最後に追い上げて2位。1.9秒差。惜しい!!!スピンが1回少なければ勝ってましたね。
 雨で水しぶきが上がりよく見えません。グラフィックはドライの奇麗さと比べるといまいちですが、まあ、でも、それはぜいたくでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり、ポルシェはせこい!

 値下げをお知らせたポルシェですが、標準装備を見直していました。ボクスター・ケイマンはオートエアコンが外され、11.4万円のオプションになってました。普通はつけるだろうものをオプションかするなんて、せこ!もっとも、オートエアコンをつけなければ、素のボクスターが563万で買えるのは事実です。ただし、オーダーしないと実際には買えません。在庫されている車はオプションついていますから。ボクスターなら、オートエアコン、ウインドウディフレクター、シートヒーター、バイキセノンヘッドライトが着いた車が普通です(約615万の仕様)。でも、オーダーすればこの値段で買えます。右のMTなら実質、オーダーしないと買えない(在庫が皆無ではない)ので気にすることはありません。また、PDKや左のMTでも、白か黒メタ以外の色が欲しければ、これまたほぼオーダー必須です。
 また、オートエアコンがついていないといってもマニュアルエアコンはついていますから、例えば、エリーゼSのエアコンがオプションだったのとは違います。無くても平気です。オートエアコンといっても、結局、暑過ぎたり、寒過ぎたりして手で調整しているのが実情です。
 インポーターやディーラーが発注済みの在庫車を買う場合には、従来よりも値引きが渋くなることが予想されますが、オーダーして買う人にはやはりこの値下げは大きなメリットがあります。オーダーだとほとんど値引き無いですから。
 だから、仮に私が買うとしたら、ボクスターMTにウインドウディフレクター、シートヒーター、メタリックペイントで約593万の仕様であることに変わりはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポルシェが値下げ!

 相変わらずGT5ばかりやってます(苦笑)。で、たまには実車の話を。

 週末のフェアのDMがきていましたが、驚いたことに値下げのお知らせです!!このユーロ安が続く時代に毎年値上げしていて別の意味で驚きましたが、ようやく改心?したようです。()は旧価格。

ボクスター MT 563(625)万 PDK 610(672)万
ボクスターS MT695(772)万 PDK 742(819)万
ケイマン  MT 599万(674) PDK 646(721)万
ケイマンS MT749(842)万 PDK 796(889)万

 ケイマンとボクスターの価格差は縮まりました。値段が高い方が値下げ額が大きい=値下げは約10%です。

 これまでオプションを少しずつ標準にして値上げの口実にしてきたおかげで?素のままでも概ね乗れます。ただし、ボクスターは相変わらず、ウインドウディフレクターがオプションですが。まあ、実際にはボクスターの場合だと
 ウインドディフレクター 5.8万
 シートヒーター 7.7万
は必要でしょう。オプションの値段が下がったかどうかわかりませんのでそのままですが。自分で買うなら今度は白はありえないので、
 メタリックカラー 16万
も必要です。バイキセノンヘッドライトは27.6万もするのでいりません。その額に見合ったものがありません。
 そうすると592.5万で必要十分なボクスターMTが買えます。これでも、改訂前のオプション無しよりも安い!どうです、一台(笑)。

 しかし、パラメーラやカイエン(興味ないので価格は省略)も値下げされていますが、911だけはそのままです!金持ちからはふんだくるという訳ですね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »