« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

GT5その後

 随分時間が経過してしまいましたが、その後のGT5の記録です。相変わらず余暇のほとんどをつぎ込んでいます(苦笑)。

 ブリティッシュライトウェイトに111S3'03で挑戦。ロンドン市街コース、3周。うう、直線速いなあ。ええーい、111Rを購入だ!今度は直線でも負けなくなって楽勝ではないものの、2度目で勝利。2戦目はトップギアテストトラック。う、慣れていないからつらいかなと思ったもののそうでもなくて、2回目で勝利。プレゼントは当然、ロータス・ヨーロッパだろうと思ったんですが・・・・スピットファイア1500’74だって!がーん。いや、実車は決して嫌いではないですが、このゲームでは・・・。
 お金がたまってきたので、中古屋で、ガライヤ、フォーカスRS、フォーカスSTを購入。(^^)
 スーパーカーにスープラで一度挑戦してみました。ハイスピードリング。直線でぬかれます。でも、コーナーはつめられるので、ある程度、チューニングすればいけそうです。
 とりあえず、資金稼ぎ。ブリティッシュライトウェイトのトップギアテストトラックは勝利すると241万もらえますし、3周で余り時間がかからないので資金稼ぎに最適です。モータースポーツエリーゼが登場し、購入。エスプリV8を買ってスーパーカーに挑戦しようとしたもんおお金が足らず買えませんでした。
 仕方無いので残っているミニレースに07のクーパーSを購入して参加。マドリード市街。しかしこのミニが曲がらない曲がらない。なんだこれという位曲がらない。苦戦してやっと勝利。プレゼントカーはミニクーパー1.3i’98。まあ、これは妥当なところでしょうか。しかし、もうミニは乗りたくありません。FFは嫌いです。

 中古屋にフォード SVT F-150ライトニングが出たので買ってピックアップ選手権へ。1戦目ラグナセカ。これは楽勝でした。2戦目デイトナ・ロードコース。スタート直後の混乱で何度もはじきとばされていらつきましたが、勝利。プレゼントカーは何故か、ミゼットIIDタイプ’98!?ああ、これも確かにピックアップトラックといえばそうですか(笑)。
 スーパーカーにモータースポーツエリーゼで参戦してみました。ハイスピードリンク。コーナーは速くて追いつくのですが、やはり直線では無理です。ちょうどエスプリV8GTがでたので、それを買って再挑戦しました。とりあえずノーマルのまま、挑戦してみたところ、コーナーは余裕で追いつくのですが、直線はまだ駄目で勝てません。
 という訳で、チューニングだ!1209kgに軽量化し、471psにまで馬力上げました。しかし・・・まだ駄目です。もう一声いって、514psにして再度挑戦。1戦目のハイスピードリンクは勝てました!ただし、タイヤがつらくて滑りっぱなしです。タイヤをレーシングハードにして、2戦目のデイトナに参戦。意外にも楽勝でした。3戦目はニュルのグランプリコース。まだ滑ります。何度か飛び出してやっと3位。LSDを装備して、クラッチも交換し、再挑戦。勝てたもののやはりすべります。プレゼントカーはグランツーリスモS’08。うん。あ、マセラッティでした。また、中古屋にアルテがやっとでましたので買いました。RS200’98。もっとも使いみちはないのですけど(苦笑)。

 イタリナンフェスティバルにもらったグランツーリスモで参加。ローマ市街地。つまらん位にぶっちぎりで勝ちました。次はロンドン。これも同様。つまらないです。ま、レベルが違うので仕方無いですけれど。プレゼントカーは。ジュリアスプリントGTA1600’65。中古屋にやっとSWがでました。G-Ltdの5型。当然購入。これもまた使いみちはないコレクションですが。
 スペシャルのカードの中級にちょっと挑戦してみました。クラブマンカートカップ。ドライビングパーク。しかし、滑って駄目です。やる気無くしました(苦笑)。トップギアのVWレースにしてみました。う、遅い。しにほど遅い。(^^;これで抜くのは難しいです。ベストで6位が限界でした。これももういいや。私は我慢強さはないのです(爆)。AMGドライビングアカデミー。古い300SLでニュルの区間タイム。が、しかし、この車は高速安定性なし。ベンツなんか嫌いだあ。という訳で、銅のタイムで終わり。グランドツアーに挑戦。アイガー北壁。車はアルファの8C。が、この車がアンダーとオーバーのかたまりで、私にはまともに走らせることが出来ません(苦笑)。当然、放棄しました。あきらめが早いのです!!(いばるな!!(^^;)。
 グランツーリスモ・ワールド・チャンピオンシップにエスプリで挑戦。まずは単発レース。サルテサーキット2周。うーん、戦えるとは思いますが、ぶつけられてコースアウトしてしまいます。ダウンフォースも欲しいです。一度断念しました。
 残っていたヨーロッパクラシックカー選手権にもらったジュリアのGTAで参加。第一戦はマドリード。4位。直線負けています。というか、この車、遅過ぎ。やめました。
 その後はしばらくトップギアでお金稼ぎをして、ガヤルドを買って、ランボルギーニ・エクスクルーシヴに挑戦。ローマ市街地サーキットです。うーん、難しいです。どうしてもスタート直後の1コーナーの混乱でとばされてしまいます。1回目は6位。2回目は、なんとか一度は前に出たもののミスがあり、やたら直線が速いミウラのプロトに抜かれて、その後絡まれて11位。3回目。うーん、惜しい、2位。1位の同じガヤルドには届かず。でも、ミスが多いから、ミスをなくせば。その後は、直線の速いミウラとガタルド相手に苦戦が続きました。何度目かわからなくなったころ、ようやく勝てました!この時は混乱でガヤルドが後方に沈んだので抜け出した後そのまま優勝。ふー。大苦戦です。実際のミウラはあんなに速くはないはずですけどね。プレゼントカーは・・・カウンタックLP400!やった!
 で、LP400で、スーパーカー・ノスタリジア・カップに参加。また、ローマ。カタログスペック通りのカウンタックはべらぼうに速いし、走りやすいです。エンジンも8000まで回ります。まあ、実際にはありえないとは思いますが。(^^;楽勝でした。2戦目は鈴鹿。速いのに邪魔されて7位。2回目で優勝。3戦目はラグナセカ。低速コーナーが多く苦手なサーキットですが、直線が速いミウラもここではそれほど速くはなく、勝てました。プレゼントカーは、童夢ー零コンセプト’78でした。
 で、ヨーロッパクラシックカー選手権に参加。マドリード。圧勝。まあ、ある意味あたりまえですね。(^^;2戦目はコートダジール=モナコ。これも圧勝。キューベルワーゲンtyp82’44をもらいました。使いみちないなあ。(^^;ビギナークラス制覇ということで、LV5の車の交換チケットをもらいました。中身はランダムなんでしょうが、GTOツインターボ’96でした。エリーゼスポーツ190、オペル・スピードスターが中古で出たので買いました。
 マスタングSVTコブラRを買ってマッスルカー選手権に参加。デイトナ・ロードコースでオーバルだけではありません。よかった。オーバル苦手なんですよね。
ない。まったく初めてのコースで良く分からず苦戦しました。でも、コースを覚えたら優勝。古いコルベットが直線速く苦戦しましたが。第2戦目のラグナセカは途中で前にでて優勝。プレゼントカーはチャレンジャーSRT8’08でした。出来たら古いのが欲しかったです。
 総完走回数が100戦かつ総走行距離が2000kmを越えたとかえ、プレゼントカーチケット(Ticket1000)をもらいました。インプレッサセダンWRX STiバージョンIV’97でした。
 米旧車のためにシボレー シェベルSS454’70を買いましたが、なんと700万もしました!びっくり。で、そのオールドマッスルカー選手権。あれ?何故にモンツア?不思議ですね。アメリカのサーキットだと思い込んでました。レース自体はそれほど苦戦はしませんでしたが、この車は4速で200kmちょいしかでません。(^^;プレゼントカーはスペシャル’62だって。そういうアメ車。アマチュアシリーズ制覇で、プレゼントカーチケットLv9クラスももらいました。交換したら、パイクスピーク クワトロ’03でした。

 しばらくトップギアでお金稼ぎをやりました。ふと、エスプリを軽量化したらでられるかなと再度チューン。555馬力、1156kgにしてみたら・・・参加出来ました。英国車で1200kg以下が条件でしたが、チューニングで軽量化しても良いようです。しかし、これが化け物でとびだしまくり。(^^;高速コーナーで必ずとんでいいきます(苦笑)。アンダー目にセッティングをかえてなんとか走れるようになってきました。
 しばらくそんな調子でセッティング兼お金稼ぎに励みました。なお、車が速過ぎて遅い車と交差してしばしばぶつかります(苦笑)。中古屋にRS200がでていたので購入。
 イーサネットのケーブル(正確にはスイッチの口)が足らないので常時ネットワークに接続していなかったのですが、ちょっと久しぶりに接続したら、V1.05に更新されました。そして気が付いたら、スペシャルイベントというのが出現。期間限定レースです。ただし、参加車種は決められています。うーん、乗りたくないのはやりたくないなあ、が本音です。
 でも、フォーカスSTがあります。まずはこれに挑戦。マドリード市街地コース。あら?ワンメイクかと思ったら違いました。フォーカスRSがいます。これは無理でしょう。ローリングスタートと言いつつ、先頭は随分先です。
 やってみましたが、3位でした。やはりトップはフォーカスRS。41秒差です。2位のシビックタイプRとは23秒差あります。が、しかし、1650万ももらえました!凄い!!トップギアでちまちま稼いでいたのがあほらしい位です。ネットワークにつなげてプレイしろということなんでしょうね。ただ、賞金はそれぞれの順位に対して1度ずつしかもらえませんから繰り返しプレイしても、順位が上がらないと1円も入ってきませんが。再挑戦しましたが、やはり3位が限界でした。
 レースのほかにタイムトライヤルやドリコンもあります。これらは車種限定ではなく、特定条件の車なら参加出来るようです。後輪駆動、250馬力以下、1200kg以上が条件のローマ市街地コースのタイムトライアルにSWのターボでちょっと参加してみました。しかし、リアがすべりまくってまともに走れません。撤退。ランキングを見るとほとんどがRX-8です。しかし、中にはSWのNAでやっている人もいました。すばらしい!その段階で53位ですが、差は1秒以内でした。
 ミニクーパーSで参加。これはミニのワンメイクです。年式の違いはありますが。ミニはアンダーばかりでまともに走らなかった嫌な思い出がありましたが意外とまともに走れました。1回目は6位。まだいけそうです。2回目はトップと3秒差までつめて3位。いけそうです。しかし、届きそうで届かない、おいつたかなと思ったが追い越しを汗って飛び出したりとか、なかなかいけません。何度もやりなおして、ようやく勝てました!充実感がありました。
 500 1.2 8VラウンジSSを買って参加。筑波。2位。うーん、優勝は難しいですね。トップと10.6秒ですから。ローリングスタートで最初から20秒差ついていますからね。もう10秒詰めるのは無理でしょう。1400万もらいましたから、いいでしょう(笑)。
 次はCR-Zα ルート246です。。ヴィッツターボがいます。(^^;1回目は3位でした。最後、206CCとロードスターを抜けず、ロードスターをぬいて206CCのスリップについたのですが、引き離されてしまいました。ハイブリッドなのでバッテリーの充放電の表示がありますが、4周目に入るか位でバッテリーが尽きてしまって遅くなってしまいました。夕食はやはりヴィッツRSターボ。再度。2位まではいけましたが、まだ、11秒差あります。無理だと思ってあきらめました。
 RX-7 GTX1990を買って、ディープフォレストに挑戦。他社を見るとそれほど速い車はいないので勝てそうだったのですが、難しいです。4位と5位が最後かろうじて見える程度の6位でした。再度やって4位。2位と3位は見えていていましたが。頑張れは2位にはなれそうなので、頑張って見ました。ようやく2位です。しかし、どうやってもトップは無理なのでこれもあきらめました。
 中古屋でアルテッツァ・ジータとジネッタG4がでていたので買いました。で、 エスプリでグランツーリスモ・ワールド・チャンピオンシップに挑戦と思ったのですが、その前に、クリスマスプレゼントカーをダウンロードしました。「クロームラインシリーズ」と呼ばれるカラーリングのランボルギーニ・ムルシエラゴLP640、BMW・M3クーペ、ジャガー・XJ13です。
 XJ13はレースカーなので、エスプリではなく、こっちでグランツーリスモ・ワールド・チャンピオンシップに挑戦してみることにしました。529馬力、975kgだ!すばらしい!とりあえず単発のルマン。速!!恐い!!!難しいです。で、なんというかやぶれかぶれで?5戦連続のシリーズに参戦しました。
いいや、もういっきにやろう。
 1戦目。ルマン。トップにでたもののXJ220に抜かれ、その後は高速コーナーでふっとんでしまって、結果3位。XJ13は怖いです。(^^;昔の人はこんなのでレースしていたんですかね(XJ13自体は参戦しなかった幻のレーシングカーですが)。2戦目はニュル。これまた怖いです。1コーナーの混乱ではじきとばされてしまいました。その後は遅い車につまって抜けません。コースが狭いのです。で、しばしば追突してコースアウト。集中力もなくなって再開。XJ220がまた勝ってしまったので、シリーズもほぼ絶望的です。でも、練習を兼ねて続けました。3戦目はマドリード。でも、ここは勝てました。前に出れば車は速いので勝てます。ただし、XJ220が2位ですから、シリーズタイトルはもう無理です。4戦目。ケープリング。とにかくXJ220を抑えないといけません。が、それが裏目にでてコースアウト。後方集団にうもれるとぶつかって飛ばされてしまうので、結果4位。終戦・・・。5戦目グランバレー。ここはなんとか優勝。5戦2勝です、総合3位でした。XJ220が3勝2位2回でぶっちぎりのシリーズチャンピオン。
 タイヤをソフトにしてギヤ比を変更して、再度挑戦。XJ220がでませんように!いません!が、フォードGTが。(^^;
 1戦目。ルマン。順調でしたが、いきなりコースアウト(原因不明)。追い上げたものの2Jレースカーが1位で、ぎりぎりとどかず2位。3位がフォードGT。
 ここで断念してやりなおしました。XJ13が他に1台いましたが、優勝。2位はそのXJ13。2戦目ニュルだ。ここは完走狙いで慎重にいくことにしました。しかし、やはり1コーナーではじきとばされて、後は同じ展開・・・また最下位でした。3戦目はマドリードはぶっちぎりで楽勝。4戦目ケープリンクはなんと前にでえ優勝。5戦目、グランバレー。ここも前に出ることが出来て優勝。シリーズチャンピオンです!賞金1310万。ヴェイロン16.4’09をもらいました。で、エンディングムービーを見ることが出来るようになったと表示されて始まりました。あれ?まだ先があるのになんででしょうね?

 お金がたまったので、フェラーリレースに参加すべく430スクーデリアを買いました。モンツア3周です。エンツォとF40を抑えている間に512BBにいかれてしまいました。2位です。で、何度も挑戦して、トップにでてこれで勝てると安心していたら、後ろからエンツォがきて慌ててしまって、ブレーキが遅れてとびだしてしまいました・・。やる気がうせてやめました。
 でも、プロフェッショナルリーグ制覇?ああ、銀でもいいんですね。Lv12カーをくれました。交換したら、ガヤルドLP560-4’08でした。色を含めてまったく同じものがあるので仕方ないので売りました。でも、後から考えたら片側はチューニングして、片側はノーマルで持ってても良かったかもしれません。中古屋にストラトスがでたので買いました。後はアルテッツァツーリングカーというのとビートのバージョンFも。
 さて、次はRX-7、400馬力以下、800kg以上レースです。FCをチューンしてもいいかなとも思いましたが、FDを買いました。バサーストRの黄色。組み合わせで馬力が変わるので400馬力ぴったりにはなかなか出来ない。結局、396ps、1048kg。
 筑波10周です。1回目はミスで二度飛び出して、9位。でも、前にはとどきそうな感じがしました。ベストは1分3秒1。オイル注意の赤ランプがついていたのでオイル交換しました。そうしたら、がーん、416馬力になってしまって参加出来ません(泣)。しかたないので、いくつか外し、エアクリーナーをスポーツエアクリーナーにしてなんとか400馬力以下にしました。先にオイル交換すべきでした・・・。
 2回目。7位。4、5、6は見えているが追いつかず。おいつかず。ベストは2秒台。うーん、なんか難しい気がしてやめてしまいました。中古屋に2500万するがフォーカスラリーカー’99が登場。初代フォーカスのラリーカーです。当然購入しました。
 そして、500PS/GT-R スペシャルステージ・ルート5 5LAPSに挑戦してみました。500馬力。1100kg。R32を買って挑戦。馬力は意外と上がりません。で、ターボを交換したら一気に500馬力オーバー。調整して、498馬力、1245kg。タイヤはスポーツソフトまでですが、とりあえずスポーツハードがついているのでそのまま挑戦。
 駄目です。11位の車にもなかなか追いつきません。5周目でやっと11位に上がって終わりです。ドアンダーだし、遅いです。話になりません。仕方無いのでフルカスタマイズミッションとサスペンション、更にタイヤもスポーツソフトにしました。更にクラッチ、フライホイールに前後のエアロ追加。
 最高速度は240km/h設定、リアをフロントよりもかため、車高は前を落としました。加速力良くなりました。でも、8位。ラップタイムも2分約6秒台。ただし、最高速は抑え過ぎたようです。6速だけ変えようとしたら出来ません。あらら、最高速の変更だけでした。前は違ったような?しかも、その速度は9000回転の最高速度で、実際には8500回転位しかまわらないので、260km/hにセット。さあ、どうだ!7位のF430に届きませんでした。
 最高速度を270kmにセット。サスペンションも少し調整。さてどうだ!F430は抜いて7位。6位との差は1秒ちょっと、トップとは35秒でした。す。難しいですね。再度少しサスペンションを調整し、挑戦。スリップつかって32秒台をだして、5位。4位は見えていましたが、手前でミスしたので届きませんでした。残念。まあ、これが限界でしょうか。
 E46 M3のCSLが中古屋にでたので購入。ま、コレクションにしかならないかもしれませんが。FDにツインプレートクラッチ、セミレーシングフライホイール、カーボン製ドライブシャフト、フルカストマイズLSD、フルカストマイズミッションを買ってつけて、RX7 400馬力に再挑戦しました。
 最高速度250km/hにして挑戦。6位に上がって集団においついて最終コーナーで2台は抜いたと思ったらアウトに押し出されて駄目。うう。再度!今度は最高速度を240km/hにセットし、周回遅れのスープラにつまっている2位集団に追いついた。そしてそれらを抜いてやっと2位。ふー。
 とりあえず今日の報告はここまでです。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

センゴク外伝 桶狭間戦記5

 読了しました。うーん、うーん、駄目とは言いませんが・・・期待外れというか・・・なんというか。まあ、仕方無いとは思うのですが、何か、「おお!なるほど!」と思えるものがあるのではないかと期待していたのですが、それはありませんでした。
 珍説・奇説でないとこうなってしまうのは分かるのですが、うーん、もうちょっとなんか欲しいと思いました。
 この問題には(以前考察したように私自身含めて)、信長公記の記述をそのまま受け取れば正面攻撃を行ったとしか思えないのですが、その場合、何故、織田が勝てたかがわかりにくいのが難点です。義元本隊との戦力差は比較的少ないとはいえ、周辺にいた部隊は何故織田と戦わなかったのかというのもなかなかうまく説明出来ません。ま、仕方ないのですけどね。それが色々な珍説・奇説を生む原因だと思います。奇襲ならその辺は、奇襲に成功したから、で説明出来ますから。
 ただし、これは史実を元にしたフィクション(物語)ですから、この作品自体は、時代が求めた、で良いとは思います。歴史学や軍事史学の観点からは説明になりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »