« iQvsルーテシア | トップページ | SW化しつつあるピー次郎 »

秋の伊豆・箱根へ

 まず、クイズです。この写真はなんでしょう?
111110lfa1

 車のライト部分です・・・・って、それは言われなくても分かりますね。質問は車種です。まあ、これでもわかるかな?



 では、もう少しひいた写真を。
111110lfa2





もうおわかりですね。はい、レクサスLFAです。
111110lfa25

 もう11月ですね。という訳で、休暇消化モードに入っています。昨日は休んで、ピー次郎ででかけてきました。箱根ターンパイクから上って、大観山の駐車場にいったらやたらレクサスばかりいて、なんだ?と思ったら、そこにいたんです。LFAが!レクサスのモータージャーナリスト向けの試乗会が行われていました。2階のラウンジをそれように借り切って、看板まで持ってきて立てています。LFAは展示だけですが。後は一応発売前のCT200h。
111110lexusevent
111110lexus111110lfa3111110ct200h111110ct200h2 
CT200hはまあやっぱりプリウスの兄弟かなあという気もしますが、なんとなく、短いカルディナ?とふとおもってしまいました。リアサスペンションはプリウスと違ってダブルウイッシュボーンのようです。
111110ct200h3rs
 LFAは写真撮りまくり(笑)。
111110lfarear111110lfafbrakec
うーん、いいですね、これ。リアのライト周辺のグリルは好きになれませんが、でも、この車の価値は形ではないですから。FRですが、リアの上下に空気取り入れ口らしいのがあります。トランスアクスルの冷却用でしょうか?片側はフェイクかもしれませんが。
111110lfarintake111110lfarintakel
 サイドスカートの先端はカーボン!まあ、これは見せるカーボンなんでしょうけどね(苦笑)。ステアリングもカーボン+革巻き。
111110carbonrip
 ガラス越しの室内の写真はうまく撮れませんが、バックミラーだけはなんかしょぼいというかそこらのトヨタ車と同じような?(^^;サイドブレーキはやっぱりないんですね。残念・・・・ま、どうせ買えませんが(苦笑)。
111110lfabackmirror
 これもここで試乗させていたら走っている姿を見ることが出来て、音を聞くことも出来たのですが・・・まあ、それは無理かな。
 そういうイベントなので雑誌やらベスモなどの映像やらでみたことのある自動車評論家がぞろぞろ。お、きんちゃんがやってきた!と思ったら西川淳氏が試乗にでかけるところで、試乗車を示す紙を手にして、これLFAってかいてまっせとギャグとばしていたり(笑)。
 そうこうしたら、某ドイツ製高級車がやってきました。なんともいえない存在感。威圧感とは違うのですが、これは、もしかして、がんさん?妙に丁寧に係の人に誘導されてとまった車から、はい、降りてきましたよ!いやあ、なんというか、オーラが違うかも・・・。良い悪いではなく。しかし、あの車、やたら褒めていたけど、自分で乗っているんですね。

 しばらくそこで見ていましたが、富士山はちょっとだけ頭が見えただけだし、時間も過ぎたので次へ。
111110fuji
平日ですが、車が多いので、芦ノ湖スカイラインは断念し、久しぶりに伊豆スカイラインへ行ってみました。一人でくるのは何年ぶりかなあ?かなり久しぶりです。
 しかし、十国峠へ向かう途中から渋滞・・・ではないものの数台の車の列の後ろ。駄目だあ・・・。やっぱり平日とはいえ昼間は駄目ですね。伊豆スカイラインも車が多く、亀石峠を過ぎたら、四輪は減ったものの二輪が多く、まあ、走りを楽しめたのは少しだけでした。
 どこへいくという目的地はないのでぐるっと走って、奥野ダムというのがあったのでそこで一休み。ここはコンクリートではなく、ロックフィルダムという形式の基本的に土と石を積み固めたダムだそうです。
111110okunodum111110okunodaum2
そこに珍しい車がありました。静岡県と書かれた赤灯のついた車です。クラウンのワゴン。なんとMT!いやあ、昔はクラウンにも当然、MTあったんですよねえ。
111110ocizu
 それから伊豆スカイラインへ戻り、帰ってきました。亀石峠のパーキングで休憩したらヨーロッパのS2(Type-54)がやってきました。いやあ、これとならぶとやっぱりケイマンはぶくぶくと太ったぼってっとした車ですねえ。
111110europe
私よりも年代が上の方が降りてきました。トイレから戻ってきたので声をかけてしばらくヨーロッパ中心の車談義を。ヨーロッパには15年乗っているそうですが、さすがです。エリーゼに試乗したけど、なんか普通の今の車という感じがしたと。てっきりS2かと思いましたが、試乗したのはS1だそうです(苦笑)。さすがというかなんというか。ただ、このS2、エンジン壊れて他のに載せ替えたとのことですが、見せてもらったら、アルピーヌの文字が。(^^;
 そろそろ帰らないとと思ったらあちらもじゃあいきましょうと。私が後追いになったんですが、いきなりすっとんでいきましたよ。(^^;もっともすぐにつまってしまいましたが。

 その後も車が多く、昼間はストレスたまります。箱根新道はやたら遅い車の集団+工事渋滞でした。

 そうそう、帰りは小田原厚木道路から東名の全域で下り方向を走る警察車両がやたらいました。パトカーではなく、バスやら警備の際に姿を見せる車です。APEC絡みでしょうか?でも、小田原方向へいくとしたらなんで??単に仕事が終わって宿舎に向かっているだけなんでしょうか??

|

« iQvsルーテシア | トップページ | SW化しつつあるピー次郎 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の伊豆・箱根へ:

« iQvsルーテシア | トップページ | SW化しつつあるピー次郎 »