« 秋の伊豆・箱根へ | トップページ | 08R未遂事件 »

SW化しつつあるピー次郎

 先日の伊豆箱根ドライブで、その能力を発揮したピー次郎ことケイマンですが、次第にSW化しつつあるように思います。ここでいうSWは我が家に居た緑くんこと二代目四型MR2のことです。AWと比較した時、両者に共通点は多いです。

・絶対的な速さはAWよりも上
・AWにない電子デバイスがあり、悪コンディションでの安心感は高い=全天候性がある
・荷物が積める(SWのトランクは意外と入るし、シート後方の空間も結構広かった)
・音がよくない
・運転して楽しいとは言えない。

 ま、要するに性能はいいけど、楽しくないので、スポーツカーというよりも実用車的であるということです。SWとケイマンの違いは乗り心地でしょう。SWの最大の問題はそこにありました。ただし、絶対的な速さがあるのでサーキット走行にはむいていました。ケイマンでサーキット走る機会が今後あるかどうかはわかりませんが(サーキット走行自体の機会が現段階ではないので)、AWよりも適しているでしょう。楽しんで走るならAWですが、タイムを刻むならSWでしたし、ケイマンも同様でしょう。ま、ケイマンは更に速いので、今度は車の限界が高すぎて、タイムを刻む走るもおもしろくない(能力をいかせない)かもしれませんが。

 ルーテシアの余りのひどさに慣らしが終わったら、長距離走行には使いたくはないので、何かとケイマンで出かけることが増えると思います。結果、好きとは言えないけど、出番は増える、というSWの時と同じことが起きそうです。

 SWは最初から乗り心地と音に不満があり、すぐに乗り換えてやるといいつつ、色々な車に試乗したものの、とうとう、総合点でSWに勝る車は登場せず、我が家に九年も居着きました。なにせ、エリーゼと乗り換えるはずが、居残って結果的にはエリーゼが三台目になってしまいましたから(笑)。最終的にはアルテと入れ替わったもののこれは四ドアが必要になったためです。

 この分だとケイマンも長いこと居着きそう・・・・。とにかくルーテシアが駄目なので、これではエリーゼに戻れません。さすがに現在のS2でも、ルーテシアの代わりに二人で出かける車には出来ませんから・・・。困りました。全てはルーテシアのせいです。

 そのルーテシア、相変わらず駄目です。私が運転するとやっぱり遅く、軽にも負けます。高速道路でも追い越し車線へ出られません。でも、相方が運転したら何故か普通に走れます。いったいこれはどういうこと??相方曰く、高速走行はゴルフよりもいいかもと。でも、私が運転するとその領域にまで持って行けません。四速にシフトアップしたらろくに加速せず、そこで終わりです。違いは相方はDレンジ入れっぱなしなのに、私はマニュアル操作しているだけなんですが。

 もちろん、一応慣らし中なので、まだそんなに上までひっぱっていないというのはあります。ただ、一速で3000回転越えるのにかなり時間がかかり、かつ速度が上がらないので、ひっぱれはいいのかというと?多分、二速、三速でもっとアクセル踏んでひっぱらないといけないのでしょう。慣らしが終わったらやってみますが・・・。

 仮にそれで遅さが解消したとしても、乗り心地の悪さと運転してやたら疲れる点は解決しません。腰やら脚やらすぐに痛くなるし、腕も疲れます。こんなの初めてですよ。やっぱりフランス車だからか・・・。前から相性悪いですからね。理由不明で運転出来ないこもあったし。

 エリーゼうんぬんの前にこのルーテシアをとにかくどうにかしたいです。自分の車だからどうにもなりませんが。

|

« 秋の伊豆・箱根へ | トップページ | 08R未遂事件 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SW化しつつあるピー次郎:

« 秋の伊豆・箱根へ | トップページ | 08R未遂事件 »