« SW化しつつあるピー次郎 | トップページ | カエル子が遅い理由 »

08R未遂事件

 報告します。エリーゼRの導入に失敗しました。休暇取得モードで出かけた際にちょっと遠くに08のRの出物があったので見に行ってきました。2008年6月登録。程度は、新車を5とすると外装4.3、内装3.7位です。評価低いように見えるかもしれませんが、あくまで新車との比較ですので、中古車としては程度は良いと思います(ピー次郎は抜群によくて、外装4.7、内装4.5位でしたが。)。外装は大きな傷はありませんが、ナイトフォールブルーなので小傷がかなり目立ちます。その分のマイナス。内装は、まあ、中古で4を越えるのはそうそうないでしょうね。レザーではなく、アルカンタラだったので、その分やや劣化がしているっぽく見えやすいのもあります。後、カーボン調の柄が安っぽく見えるのも。
 車庫保管だったそうですし、まあ、概ね、我が家に2年半いたのと同じ位ではないかと思います。値段は高くはありません。その筋のお店ではなく、普通の中古屋さんが買い取った車だそうです。相場がよくわからなかったとかいっていました。
 ピー次郎の下取り査定も出してもらうと想像よりも高く(自分の店でそのまま売るし、右のMTなのですぐ売れるという見込みがあるからでしょう)、ある程度の追金で買えます。
 しかし、何せ、相方の承認が必要です。その場で即決とは行かず、また、相方の承認が得られるかどうかわからないので、抑えておいてくださいとも言えません。結論から言えば、交渉中に別の人が決めてしまいました。縁が無かった・・・。
 うーん、とりあえず、二日抑えておいて下さい、その間になんとか承認もらいます、と言えば良かったのでしょうね。また、相方が概ね同意したらまたつれてきますといったら、遠いから、車載で持って行きますよともいってくれたので、いっそ、持ってきてもらうのも手でした。そうすると相方としても、わざわざ見せに持ってきてくれたのに買わないのは悪いだろうと考えたかもしれません。
 ただ、実は相方は口実かもしれません。決められなかった主因は私自身になるように思います。理由は試乗した印象です。
 シートだけしか動かないものの、相変わらず、ポジションは一発で出ます。乗ってしまえばS1もS2も同じですから、自分で言うのもなんですが、慣れたものです(笑)。アイドリングでクラッチつないで発進。S1よりはちょいとつらそうな感じがありますが、それでも問題なくそのまま走り出します。S1はクラッチつなぐだけでどんどん走っていきましたが、そこまでの勢いはありません。相対的に低速トルクが薄い(車が重いのとエンジンの特性で)ためでしょう。
 ステアリングがなんかいきなり重く感じました。正確に言うと中立から切り込んだらぐぐっと重く感じたのです。先日試乗した現行エリーゼにちょっと似ています。S1はコーナーにつっこんでいった後でないと軽かったですが。
 ブレーキはサーボ付きで軽め・・と思ったら踏んでいくと踏み応えがあります。うん、これはいいですね。過去、試乗したS2の中でブレーキのフィーリングはベストです(現行エリーゼ含めて)。シフトフィールも悪くはありません。エリーゼの中では過去ベストでしょう。
 おお、素晴らしい、08R・・・・と言いたいのですが、問題は乗り心地。リアが硬く、段差うねるで動きが出ます。その収まりもS1のようにガツンで終わりとは行かず、ガツンの後にもう少し続きます。うーん、うーん、うーーーーーん。ボクスター買う前に試乗したクロームオレンジの06のRはもっと良かったとおもったんですが(これは色で相方に却下された・・・)。
 長めにちょっとしたワインディングまで試乗させてもらったので、それなりに走りました。とはいえ、試乗ですから、それほどペースはあげてはいません。「ハンドリング」は悪くはないのです。旋回時にリアの重さは感じません。3000も回せば普通に走るには十分です。ただ、リアの路面の変化に対する追従性が・・・。
 それとやっぱり音は大きめですね。相方はうるさいと言うだろうなあ。この乗り心地とこの騒音。やっぱ無理かなあ。そうどうしても考えてしまいます。音自体はレブリミットまで回したりはしなかったせいもありますが、特に良い音とも言えません。
 ただし、操作性は相変わらず良く、運転していて体への変な負担もなく、楽です。これはエリーゼ一族皆そうですね。私との相性は非常に良いです。ピーはどれもこの部分が駄目です(右ハンドルだからではなく、左ハンドルであっても)。今のピー次郎の最大の問題は長時間乗ると右足と腰が疲れる・痛くなることですから。右足はクラッチのストロークが意外と長いので、左足にあわせると右足が近すぎて常にある程度曲げていないといけないのが負担になるようです。腰の部分でシートがあわないので、そのせいもあるでしょう。
 ただ、相方の承認得られるようにがんばってきますと言っての帰り。うーん、ピー次郎の方が快適。操作性の問題はあり、前述のように体はつらいのですが、音、乗り心地は、明らかに上です。当たり前じゃないかと言われるかもしれませんが、音は別にして乗り心地はいまだS1の111Sはベストです。しかし、この08のRはそこがケイマンに劣ります。
 多分、それが相方承認を得られなかった原因でしょう。要するに私の中で相方が承認したらこれに乗り換えられるのか?という点で踏ん切りが付かなかったから、相方との交渉も進まなかったのだと思います。
 実は売れてしまったというと、そう、じゃあ、次にいいのが見つかったら買えば、と言ってもらえたのです・・・だから、今回はないかもしれませんが、何らかの理由でキャンセルされたら、このRを買うことは出来ます。でも、多分、踏み切れないのだろうな・・・自分が。

 やっぱり、S1でないと駄目??うーん、111Sは玉がないですからね。Sが付かないのなら、それなりに玉はありますが。それにエアコンないのはさすがに承認得られないかも・・・。ま、111Sだったら、モノさえ良ければ、相方承認無しで買ってしまいますが・・・・やっぱりそういうことなんですよね。やっぱりS2は色々考えた上で判断、でも、S1の111Sなら、モノさえ良ければ、即決出来ます・・・この差ですね。これが結局、エリーゼにずっと戻れないでいる原因なんでしょう。
 後は、第二の選択として、S2の111Sでしょうか。それならエアコンもついているし・・・でも、これはまったく乗ったことがないから、乗り心地はわかりません。かとって普通のKだとなあ・・・エンジン回せないから駄目だろうな。

 ま、現状を考えれば、現行にエリーゼがいいのかもしれませんね。あれなら、6速巡航時のエンジン回転数は低いから、相方の文句は少ないかもしれません。乗り心地は試乗車はよくなかったですが・・・・。

 しかし、毎度のことながら、個体によって印象違いますね(苦笑)。なんでこんなに違うんだろう・・・。

|

« SW化しつつあるピー次郎 | トップページ | カエル子が遅い理由 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08R未遂事件:

« SW化しつつあるピー次郎 | トップページ | カエル子が遅い理由 »