« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

GT5確保

 やっとでましたね。PS3もないので、Racing Packを確保しました!
112510gt50112510gt5

 

でも、ゲームやる時間はあるんだろうか・・・・。
 起動したらいきなりV3.42だからV3.50にするかと言われて更新されてしまった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カエル子が遅い理由

 1000km点検に出してきました。その際に質問してやっと私が運転するとカエル子が遅い理由が分かりました。ルーテシアの4速ATは1速ではロックアップしないそうです。だから、1速でひっぱっても回転ばかり上がって速度は伸びません。2速に入れた後しばらくすると回転数が落ちてまるでシフトアップしたかのような動作をすることがあったのですが、これがロックアップでした。ロックアップはECUが判断するため人間の操作で意図的にさせることは困難です。どうもDレンジだと早めにロックアップするようで、結果、マニュアルモードで操作するよりも、Dレンジの方が速いと思われます。

 考えてみるとトルコンATの車の試乗でシフト操作していないのになんかシフトチェンジされたような感じがする時が時々あったのはロックアップだったんでしょう。
 不思議なのはゴルフではこの現象は見られなかったことです。今のゴルフはDCTですから、当然ロックアップなんかないのですが、なっちゃんはトルコンATです。ゴルフは逆にマニュアルモードだと常にロックアップしていたのでしょうか?謎です。

 それから相方がRにいれても音が鳴らないから、入っているのかどうかわからないと文句をいっていたのですが、小平のディーラーで音が出るように改造してくれるというのを見つけて来ました。それを今回、同じように出来ないのかと聞いたら・・・・・なんと知らない間に純正のディーラーオプションになってました。営業氏も調べるまで知りませんでした。他にも純正のリモコンキーでロック・アンロックした時のアンサーバック(実はこんなごく普通の機能がない!)とか、前後のパーキングセンサーなんてのも追加されていました。これらは全部小平のディーラーがやっていたものですが、純正オプションに昇格したそうです(笑)。そのうちつけてもらうことになりそうです。

 一応、慣らしの第一段階終わったのである程度踏んで回すようにしたら、私の運転でも少しはまともに走るようになってきました。やはりこのエンジンは3000回転以上回さないと駄目なようです。要するにAWのように走らせばいいのです。そうするとちゃんと走ります。遠慮しては駄目ですね。ま、おかげで燃費は悪そうそうです。2回目の給油で高速道路中心の走行だったため、12km/lを記録しましたが、これが最高記録になるかも(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08R未遂事件

 報告します。エリーゼRの導入に失敗しました。休暇取得モードで出かけた際にちょっと遠くに08のRの出物があったので見に行ってきました。2008年6月登録。程度は、新車を5とすると外装4.3、内装3.7位です。評価低いように見えるかもしれませんが、あくまで新車との比較ですので、中古車としては程度は良いと思います(ピー次郎は抜群によくて、外装4.7、内装4.5位でしたが。)。外装は大きな傷はありませんが、ナイトフォールブルーなので小傷がかなり目立ちます。その分のマイナス。内装は、まあ、中古で4を越えるのはそうそうないでしょうね。レザーではなく、アルカンタラだったので、その分やや劣化がしているっぽく見えやすいのもあります。後、カーボン調の柄が安っぽく見えるのも。
 車庫保管だったそうですし、まあ、概ね、我が家に2年半いたのと同じ位ではないかと思います。値段は高くはありません。その筋のお店ではなく、普通の中古屋さんが買い取った車だそうです。相場がよくわからなかったとかいっていました。
 ピー次郎の下取り査定も出してもらうと想像よりも高く(自分の店でそのまま売るし、右のMTなのですぐ売れるという見込みがあるからでしょう)、ある程度の追金で買えます。
 しかし、何せ、相方の承認が必要です。その場で即決とは行かず、また、相方の承認が得られるかどうかわからないので、抑えておいてくださいとも言えません。結論から言えば、交渉中に別の人が決めてしまいました。縁が無かった・・・。
 うーん、とりあえず、二日抑えておいて下さい、その間になんとか承認もらいます、と言えば良かったのでしょうね。また、相方が概ね同意したらまたつれてきますといったら、遠いから、車載で持って行きますよともいってくれたので、いっそ、持ってきてもらうのも手でした。そうすると相方としても、わざわざ見せに持ってきてくれたのに買わないのは悪いだろうと考えたかもしれません。
 ただ、実は相方は口実かもしれません。決められなかった主因は私自身になるように思います。理由は試乗した印象です。
 シートだけしか動かないものの、相変わらず、ポジションは一発で出ます。乗ってしまえばS1もS2も同じですから、自分で言うのもなんですが、慣れたものです(笑)。アイドリングでクラッチつないで発進。S1よりはちょいとつらそうな感じがありますが、それでも問題なくそのまま走り出します。S1はクラッチつなぐだけでどんどん走っていきましたが、そこまでの勢いはありません。相対的に低速トルクが薄い(車が重いのとエンジンの特性で)ためでしょう。
 ステアリングがなんかいきなり重く感じました。正確に言うと中立から切り込んだらぐぐっと重く感じたのです。先日試乗した現行エリーゼにちょっと似ています。S1はコーナーにつっこんでいった後でないと軽かったですが。
 ブレーキはサーボ付きで軽め・・と思ったら踏んでいくと踏み応えがあります。うん、これはいいですね。過去、試乗したS2の中でブレーキのフィーリングはベストです(現行エリーゼ含めて)。シフトフィールも悪くはありません。エリーゼの中では過去ベストでしょう。
 おお、素晴らしい、08R・・・・と言いたいのですが、問題は乗り心地。リアが硬く、段差うねるで動きが出ます。その収まりもS1のようにガツンで終わりとは行かず、ガツンの後にもう少し続きます。うーん、うーん、うーーーーーん。ボクスター買う前に試乗したクロームオレンジの06のRはもっと良かったとおもったんですが(これは色で相方に却下された・・・)。
 長めにちょっとしたワインディングまで試乗させてもらったので、それなりに走りました。とはいえ、試乗ですから、それほどペースはあげてはいません。「ハンドリング」は悪くはないのです。旋回時にリアの重さは感じません。3000も回せば普通に走るには十分です。ただ、リアの路面の変化に対する追従性が・・・。
 それとやっぱり音は大きめですね。相方はうるさいと言うだろうなあ。この乗り心地とこの騒音。やっぱ無理かなあ。そうどうしても考えてしまいます。音自体はレブリミットまで回したりはしなかったせいもありますが、特に良い音とも言えません。
 ただし、操作性は相変わらず良く、運転していて体への変な負担もなく、楽です。これはエリーゼ一族皆そうですね。私との相性は非常に良いです。ピーはどれもこの部分が駄目です(右ハンドルだからではなく、左ハンドルであっても)。今のピー次郎の最大の問題は長時間乗ると右足と腰が疲れる・痛くなることですから。右足はクラッチのストロークが意外と長いので、左足にあわせると右足が近すぎて常にある程度曲げていないといけないのが負担になるようです。腰の部分でシートがあわないので、そのせいもあるでしょう。
 ただ、相方の承認得られるようにがんばってきますと言っての帰り。うーん、ピー次郎の方が快適。操作性の問題はあり、前述のように体はつらいのですが、音、乗り心地は、明らかに上です。当たり前じゃないかと言われるかもしれませんが、音は別にして乗り心地はいまだS1の111Sはベストです。しかし、この08のRはそこがケイマンに劣ります。
 多分、それが相方承認を得られなかった原因でしょう。要するに私の中で相方が承認したらこれに乗り換えられるのか?という点で踏ん切りが付かなかったから、相方との交渉も進まなかったのだと思います。
 実は売れてしまったというと、そう、じゃあ、次にいいのが見つかったら買えば、と言ってもらえたのです・・・だから、今回はないかもしれませんが、何らかの理由でキャンセルされたら、このRを買うことは出来ます。でも、多分、踏み切れないのだろうな・・・自分が。

 やっぱり、S1でないと駄目??うーん、111Sは玉がないですからね。Sが付かないのなら、それなりに玉はありますが。それにエアコンないのはさすがに承認得られないかも・・・。ま、111Sだったら、モノさえ良ければ、相方承認無しで買ってしまいますが・・・・やっぱりそういうことなんですよね。やっぱりS2は色々考えた上で判断、でも、S1の111Sなら、モノさえ良ければ、即決出来ます・・・この差ですね。これが結局、エリーゼにずっと戻れないでいる原因なんでしょう。
 後は、第二の選択として、S2の111Sでしょうか。それならエアコンもついているし・・・でも、これはまったく乗ったことがないから、乗り心地はわかりません。かとって普通のKだとなあ・・・エンジン回せないから駄目だろうな。

 ま、現状を考えれば、現行にエリーゼがいいのかもしれませんね。あれなら、6速巡航時のエンジン回転数は低いから、相方の文句は少ないかもしれません。乗り心地は試乗車はよくなかったですが・・・・。

 しかし、毎度のことながら、個体によって印象違いますね(苦笑)。なんでこんなに違うんだろう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SW化しつつあるピー次郎

 先日の伊豆箱根ドライブで、その能力を発揮したピー次郎ことケイマンですが、次第にSW化しつつあるように思います。ここでいうSWは我が家に居た緑くんこと二代目四型MR2のことです。AWと比較した時、両者に共通点は多いです。

・絶対的な速さはAWよりも上
・AWにない電子デバイスがあり、悪コンディションでの安心感は高い=全天候性がある
・荷物が積める(SWのトランクは意外と入るし、シート後方の空間も結構広かった)
・音がよくない
・運転して楽しいとは言えない。

 ま、要するに性能はいいけど、楽しくないので、スポーツカーというよりも実用車的であるということです。SWとケイマンの違いは乗り心地でしょう。SWの最大の問題はそこにありました。ただし、絶対的な速さがあるのでサーキット走行にはむいていました。ケイマンでサーキット走る機会が今後あるかどうかはわかりませんが(サーキット走行自体の機会が現段階ではないので)、AWよりも適しているでしょう。楽しんで走るならAWですが、タイムを刻むならSWでしたし、ケイマンも同様でしょう。ま、ケイマンは更に速いので、今度は車の限界が高すぎて、タイムを刻む走るもおもしろくない(能力をいかせない)かもしれませんが。

 ルーテシアの余りのひどさに慣らしが終わったら、長距離走行には使いたくはないので、何かとケイマンで出かけることが増えると思います。結果、好きとは言えないけど、出番は増える、というSWの時と同じことが起きそうです。

 SWは最初から乗り心地と音に不満があり、すぐに乗り換えてやるといいつつ、色々な車に試乗したものの、とうとう、総合点でSWに勝る車は登場せず、我が家に九年も居着きました。なにせ、エリーゼと乗り換えるはずが、居残って結果的にはエリーゼが三台目になってしまいましたから(笑)。最終的にはアルテと入れ替わったもののこれは四ドアが必要になったためです。

 この分だとケイマンも長いこと居着きそう・・・・。とにかくルーテシアが駄目なので、これではエリーゼに戻れません。さすがに現在のS2でも、ルーテシアの代わりに二人で出かける車には出来ませんから・・・。困りました。全てはルーテシアのせいです。

 そのルーテシア、相変わらず駄目です。私が運転するとやっぱり遅く、軽にも負けます。高速道路でも追い越し車線へ出られません。でも、相方が運転したら何故か普通に走れます。いったいこれはどういうこと??相方曰く、高速走行はゴルフよりもいいかもと。でも、私が運転するとその領域にまで持って行けません。四速にシフトアップしたらろくに加速せず、そこで終わりです。違いは相方はDレンジ入れっぱなしなのに、私はマニュアル操作しているだけなんですが。

 もちろん、一応慣らし中なので、まだそんなに上までひっぱっていないというのはあります。ただ、一速で3000回転越えるのにかなり時間がかかり、かつ速度が上がらないので、ひっぱれはいいのかというと?多分、二速、三速でもっとアクセル踏んでひっぱらないといけないのでしょう。慣らしが終わったらやってみますが・・・。

 仮にそれで遅さが解消したとしても、乗り心地の悪さと運転してやたら疲れる点は解決しません。腰やら脚やらすぐに痛くなるし、腕も疲れます。こんなの初めてですよ。やっぱりフランス車だからか・・・。前から相性悪いですからね。理由不明で運転出来ないこもあったし。

 エリーゼうんぬんの前にこのルーテシアをとにかくどうにかしたいです。自分の車だからどうにもなりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の伊豆・箱根へ

 まず、クイズです。この写真はなんでしょう?
111110lfa1

 車のライト部分です・・・・って、それは言われなくても分かりますね。質問は車種です。まあ、これでもわかるかな?



 では、もう少しひいた写真を。
111110lfa2





もうおわかりですね。はい、レクサスLFAです。
111110lfa25

 もう11月ですね。という訳で、休暇消化モードに入っています。昨日は休んで、ピー次郎ででかけてきました。箱根ターンパイクから上って、大観山の駐車場にいったらやたらレクサスばかりいて、なんだ?と思ったら、そこにいたんです。LFAが!レクサスのモータージャーナリスト向けの試乗会が行われていました。2階のラウンジをそれように借り切って、看板まで持ってきて立てています。LFAは展示だけですが。後は一応発売前のCT200h。
111110lexusevent
111110lexus111110lfa3111110ct200h111110ct200h2 
CT200hはまあやっぱりプリウスの兄弟かなあという気もしますが、なんとなく、短いカルディナ?とふとおもってしまいました。リアサスペンションはプリウスと違ってダブルウイッシュボーンのようです。
111110ct200h3rs
 LFAは写真撮りまくり(笑)。
111110lfarear111110lfafbrakec
うーん、いいですね、これ。リアのライト周辺のグリルは好きになれませんが、でも、この車の価値は形ではないですから。FRですが、リアの上下に空気取り入れ口らしいのがあります。トランスアクスルの冷却用でしょうか?片側はフェイクかもしれませんが。
111110lfarintake111110lfarintakel
 サイドスカートの先端はカーボン!まあ、これは見せるカーボンなんでしょうけどね(苦笑)。ステアリングもカーボン+革巻き。
111110carbonrip
 ガラス越しの室内の写真はうまく撮れませんが、バックミラーだけはなんかしょぼいというかそこらのトヨタ車と同じような?(^^;サイドブレーキはやっぱりないんですね。残念・・・・ま、どうせ買えませんが(苦笑)。
111110lfabackmirror
 これもここで試乗させていたら走っている姿を見ることが出来て、音を聞くことも出来たのですが・・・まあ、それは無理かな。
 そういうイベントなので雑誌やらベスモなどの映像やらでみたことのある自動車評論家がぞろぞろ。お、きんちゃんがやってきた!と思ったら西川淳氏が試乗にでかけるところで、試乗車を示す紙を手にして、これLFAってかいてまっせとギャグとばしていたり(笑)。
 そうこうしたら、某ドイツ製高級車がやってきました。なんともいえない存在感。威圧感とは違うのですが、これは、もしかして、がんさん?妙に丁寧に係の人に誘導されてとまった車から、はい、降りてきましたよ!いやあ、なんというか、オーラが違うかも・・・。良い悪いではなく。しかし、あの車、やたら褒めていたけど、自分で乗っているんですね。

 しばらくそこで見ていましたが、富士山はちょっとだけ頭が見えただけだし、時間も過ぎたので次へ。
111110fuji
平日ですが、車が多いので、芦ノ湖スカイラインは断念し、久しぶりに伊豆スカイラインへ行ってみました。一人でくるのは何年ぶりかなあ?かなり久しぶりです。
 しかし、十国峠へ向かう途中から渋滞・・・ではないものの数台の車の列の後ろ。駄目だあ・・・。やっぱり平日とはいえ昼間は駄目ですね。伊豆スカイラインも車が多く、亀石峠を過ぎたら、四輪は減ったものの二輪が多く、まあ、走りを楽しめたのは少しだけでした。
 どこへいくという目的地はないのでぐるっと走って、奥野ダムというのがあったのでそこで一休み。ここはコンクリートではなく、ロックフィルダムという形式の基本的に土と石を積み固めたダムだそうです。
111110okunodum111110okunodaum2
そこに珍しい車がありました。静岡県と書かれた赤灯のついた車です。クラウンのワゴン。なんとMT!いやあ、昔はクラウンにも当然、MTあったんですよねえ。
111110ocizu
 それから伊豆スカイラインへ戻り、帰ってきました。亀石峠のパーキングで休憩したらヨーロッパのS2(Type-54)がやってきました。いやあ、これとならぶとやっぱりケイマンはぶくぶくと太ったぼってっとした車ですねえ。
111110europe
私よりも年代が上の方が降りてきました。トイレから戻ってきたので声をかけてしばらくヨーロッパ中心の車談義を。ヨーロッパには15年乗っているそうですが、さすがです。エリーゼに試乗したけど、なんか普通の今の車という感じがしたと。てっきりS2かと思いましたが、試乗したのはS1だそうです(苦笑)。さすがというかなんというか。ただ、このS2、エンジン壊れて他のに載せ替えたとのことですが、見せてもらったら、アルピーヌの文字が。(^^;
 そろそろ帰らないとと思ったらあちらもじゃあいきましょうと。私が後追いになったんですが、いきなりすっとんでいきましたよ。(^^;もっともすぐにつまってしまいましたが。

 その後も車が多く、昼間はストレスたまります。箱根新道はやたら遅い車の集団+工事渋滞でした。

 そうそう、帰りは小田原厚木道路から東名の全域で下り方向を走る警察車両がやたらいました。パトカーではなく、バスやら警備の際に姿を見せる車です。APEC絡みでしょうか?でも、小田原方向へいくとしたらなんで??単に仕事が終わって宿舎に向かっているだけなんでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iQvsルーテシア

 約一年ぶりにレンタカーでiQを借りて乗ったんですが、概ね、昨年と同じで、やはりこの車、悪くないです。昨年、シートだけは、なんだか座りが悪く、いまいちでしたが、今年はそこまで悪くはなかったです。クッションがへたっていて、うまい具合にお尻が落ち込んだのかも(笑)。走行距離4万kmを越えた個体でしたから。
 乗り心地はまずまず。路面の大きな段差やうねりには弱いですが、ホイールベースが短いことを考えると上出来でしょう。そして幅は5ナンバー枠一杯なので、結果的にショートホイールベース、ワイドトレッドのスポーツカー的ディメンジョン。やや重心が高い(というか、視点が高い)ものの、コーナーはこのクラスの中では得意と言えるでしょう。
 動力性能も1Lですが十分です。音も通常の走行ではうるさくはありません。昨年、やや気になったアイドリング状態での音も、今回は余り気になりませんでした。CVTなのが難点ですが、そこはなんとかマニュアル運転でカバー。BSDの三ポジションを使い分けて走れば、我慢できます。ラクティスみたいにマニュアル変速出来るとなお良いでしょうが。
 そしていつ乗っても気持ちいいのがUターン。もう気分は信地旋回です!反面、駐車時などのバックはフォークリフトみたいで、つい曲がってしまってうまくいきませんが(苦笑)。
 MTがでたので、それがレンタカーで借りられれば不満はほぼなくなるでしょう・・・レンタカーでiQのMTはないでしょうけど。もし、FFではなく、MRかRRだったら、欲しいですね。欲を言えば、エンジンを高回転型で音のいいのにしてくれれば。(^O^)でも、現状でのMTならサードカーには合格です。

 それに対してルーティア。普通はレンタカーの自分ちの車を比べるとレンタカーが負けるものですが・・・・・残念ながらルーティアは、広さ、以外に勝っている部分がありません。
 動力性能は明らかに劣っています。あいかわらずのろいです。発進は軽にも負けます。2速、3速での加速も遅く、高速巡航だと4速のままだと加速出来ませんから、シフトダウンしないといけません。慣らし中ということを考慮しても、ゴルフと比べて明らかに遅く、ペースも遅いです。スペック上は劣っているはずのiQの方が実際には速いです。速さは
 ゴルフE > iQ >ルーテシア
です。カタログスペック上はルーティアが一番速いはずなんですが・・・・。実際のペースは明らかにゴルフが上です。
 乗り心地はiQと比べて勝っているとは言い難いです。大きな段差を乗り越えると酷くゆれます。高速走行は街乗りよりもましな感じがしますが・・・・。シートはルーティアに長時間乗ると腰が痛くなってきます。過去最悪かも?アルテと比べていい勝負です(苦笑)。iQもいいとは言えませんが、慣れれば痛くなったりはしません。ステアフィールもiQが勝っています。
 オートライトやらオートワイパーやら、それにコーナリングランプ(ステアリングを切り込むとそっち側のフォグ?が点灯して斜め前方が明るくなる)、使わないけどクルーズコントロールなど装備は(HIDはないもの)充実していますが、オートライトは一度セットするとキーを抜いてもライトは点灯したままです(笑)。キーを抜いてドアを開けると消えますが。それにシートヒーターやバックソナーの方が実際には役に立ちます。
 もうまさに、色、のために買い換えただけ、です。色のために全てを犠牲にしたといってもいいでしょう。決めたのは私ではないから仕方ないですが・・・・。
 同じルーティアでもRSだとすんばらしいんですが・・・・。こいつは、運転していて、腰は痛いは、のろくてストレスたまるは、楽しくはないは、嫌になります。憂鬱です。今は慣らし中なので距離を稼ぐために二人で出かける時はルーティアですが・・・慣らしが終わったら休日のおでかけはピー次郎の役目になるかもしれません。どうせ、相方運転しませんから(苦笑)。だとするとルーティアがいる間は、ピー次郎をエリーゼと入れ替えることは不可能です・・・。ますます憂鬱だ。ここまで酷いとは思いませんでした・・・。やっぱりフランス車は駄目だ・・・・私には。ま、今回は運転出来るだけましですが。昔、友人の二世代前のルーティアの左のMTを運転した時には数百m走って運転不能でギブアップしましたから(苦笑)。
 CVTでもいいから、iQに入れ替えたいです。いや、iQでなくてもいいんですが・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州旅行:5日目

 朝食は量は少なめですが、我が家にはちょうどあっていて良いです。それでもご飯はお代わりしてしまいました。
102810bf
   チェックアウトしてその辺を散歩。富貴寺は去年も見ましたが、もう一度いってみました。少ししたらバスが来て団体様ご一行がやってきて騒がしくなってしまいました。ガイドが紹介のテープをながしていましたが、WWIIに爆撃されて!至近弾で傾いたとか。ここを狙うはずはないので八幡かどこかを爆撃した帰りに落とし損なっていたのを投棄したのがたまたま近くに落ちただけではないでしょうか?実家の近くでもそれが運悪く農家を直撃して母子が亡くなったという事件があったそうです(実家近辺での唯一の被害。その他、飛燕がB29に体当たりして、3日目に行ったF-86があった場所近辺に両方とも墜落した位)。
 昨年気が付きませんでしたが、そばに権現さんの社が。これも古そうです。鳥居の後ろにあった灯籠には元禄だかの年号が。(^^;社自体はぼろぼろなんですが、その上に建物を設けてありました。一応、保護のためなのでしょうね。その手前にあった建物は手は入っているようですが、これもまたぼろぼろ。天井などに色々な絵が描かれていましたが、文化財としての価値はそれほどないものなのでしょうか??
102810daigonngenn102810daigonngenn2
 一回りしてから、出発し、宇佐神宮に行きました。実家にいた頃はわりといきましたが、十数年ぶりです。
102810usajinguu
 今はホームページもあるんですね。
http://www.usajinguu.com/
 昔、宇佐神宮線というのがあり、その当時の機関車が展示されていました。最初に鉄道が出来た時は、なんでも宇佐神宮のそばを通りのはけしからんとかで、近くに駅が設けられず、後で、宇佐神宮線が出来たとか。でも、とっくに廃線になってます。
102810usajinnguusenn
 SHK 新邪馬台国放送協会というミニコミFM局がありました。よく知りませんが看板はかなり古かったです。

 平日でがらがらかと思ったら結構、団体客などやってきています。
102810usajinnguuhonndenn
  本宮の脇に宇佐神宮絵画館があり、入館料100円なので見てみました。地下一階と地下二階で、それぞれ宇佐神宮の歴史と和気清麻呂についてです。それぞれ明らかに絵を描いた人物は別です。撮影禁止なのでどういうものかを絵で示せませんが・・・・はっきりいって宇佐神宮の歴史の絵は、下手(苦笑)。
 くだっていったら八坂神社の社の屋根の葺き替え工事をしていました。檜の皮を使いますが、その辺の檜からはがしています。ただし、この辺のは硬くて余り適さないとかで、丹波から持ってきたのを主に使うとか。
102810yasaka
 歩いていたら何故か、豚ちゃんが!!見ていたら飼い主のおじさんがやってきて、たくさん生まれた子供の中、この子だけペットにしているとか。女の子です。花ちゃん。いやあ、二度目です、豚ちゃんを散歩させているのを見たのは。可愛いなあ。大きくならなければいいんですけどね。この子まだ生まれて半年程度だそうです。
102810buu
 宝物館も見てみました。300円。残念ながらこれも撮影禁止です。うーん、刀類がおもしろかったけど、後は余り興味がわきませんでした。
 さて、それから再度中津へ。途中、カフェ・ファディというお店を見つけて軽いお昼に。そうですね、ジュピターにカフェが併設されているお店といえばイメージしていただけるでしょうか?コーヒーは美味しかったです。ここは来年から毎年立ち寄ることになるでしょう。後は紅茶のお店があればなあ。
102810lunch
 後は親戚周りして、空港に行く途中で夕食にうどんを食べてました。味はまあ普通。2日目に食べたうどんの方が美味しかったです。
102810din0
 レンタカーのiQですが、最後に給油した段階で、426.1km、25.38Lなので、16.48km/l。ただし、ここまで空港まで8kmありますから、前の人がそれだけ消費しているはずなので、それを考慮すると424.1kmで、16.79km/lでした。
 帰りの飛行機は737-800。おお、新しい!なお、ANAはスターフライヤーズと共同運行していました。北九州便、余り人が乗らないのかなあ?天気が悪くてかなり揺れたため、相方は怖がっていました。もっとも、ただ揺れるだけで、すっと落ちたりはしませんでしたが。
 あ、そうそう、機内で中津で買ったどら焼きを食べました。これがあっかんベーというユルキャラのどら焼き(銅鑼焼き)。
102810akkannbe
あっかんベーは、中津城を築いた黒田官兵衛に由来しているとか・・・。
http://www.akanbee.jp/kansub2.htm
いいけど、なんか違う気がする・・・。いや、私も好きですけど、でも、福岡の人に悪い気が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州旅行:4日目

 朝起きたら、窓の外に朝日が。海面に反射してきらきらと光ってきれいです。雲があり、どきどきかくれますが、それがまた良いです。

102710asahi
 朝食はバイキングです。毎回バイキングも考え物ですが、たまには良いです。でも、ついつい食べ過ぎますね(笑)。

102710bf
 再度、浜辺へ散歩&撮影へ。小鳥や水鳥もいます。今度は満ち潮で浅瀬に水鳥がいたのですが、どんどん満ちてきてついには浅瀬はなくなり、皆飛んでいってしまいました。

102710umidori102710kotori

 チェックアウトして、すぐ近くにある大神ファームへ。
http://www.ogafarm.com/
 入場料500円です。思ったよりもよかったです。ハーブもあれば、今は薔薇が綺麗でした。

102710rose

  また、ここでも小鳥が色々と。色々撮影しました。浜辺にも降りていけましたし。しばらく満喫してからお茶。お昼も食べられますが、そこまでお腹が減っていないので、スコンとお茶ですませました。相方はケーキとお茶。どこかのイングリッシュガーデンで食べたスコンは酷いものでしたが、ここのは美味しかったです。

102710sukon
 さて、その後は、地元の焼酎メーカーの二階堂へ。実は去年、いいちこの日田醸造所で買った原酒を義父が気に入ってまた買ってきて欲しいと言われました。しかし、考えてみたらあれは醸造所にいかないと買えませんが、今年は日田にはいきません。そのためだけに日田に行くのもなんですし、だったら、二階堂へいけば同じようなものがあるのではないかと思ったのです。しかーし、いったら、工場見学どころか、小売りすらしておらず、単なる工場でした・・・・。がーん。
 仕方ないので、日田まではいけませんが、安心院のワイナリーへいってみることにしました。途中、相方が回天神社とか書いた看板があったよと。何?回天?車をUターンさせました。こういう時iQは実に便利です。どこでもUターン出来ます。
 いってみました。確かに回天神社です。当時、ここには基地があったとのこと。あ、大神って・・・そうか!ここがあの大神だ!今まで気が付きませんでした(苦笑)。

102710kaiten1
102710kaiten2


 回天の模型と共に九三式酸素魚雷の機関部が展示されています。

102710kaiten3

102710kaiten4

その奥に社があり、中には関連する写真なども飾られていました。ご神体はひきあげられた回天から外した発停装置・従舵機・燃焼機推進軸受だそうです。

102710kaiten5

元々は住吉神社で、その一角にもうけられています。ここは高台になっていて、下は海です102710ebi が、今は海老の養殖場になっています。遺構もほとんどなくなってしまっているようです。

 さて、高速というか有料道路に乗って安心院へ。今は民主党の政策でこの区間は無料です。すぐに安心院のワイナリー、安心院葡萄酒工房につきました。
http://www.ajimu-winery.co.jp/
 ここも去年いって買ったワインも良かったので。ただ、残念ながら焼酎はありません。まあ、親会社は同じとはいえ、ワイナリーですからねえ。代わりにブランデーを買いました。それとワインと。そしてアイスなど食べて一休み。そしてしばらく散策。展望台もありますが、雲がまた増えてきたので上までは登りませんでした。紅葉などが少し色づいてきていました。
 ちょっと遠回りしたので、今夜の宿の方向へ。そして、昨日、博物館でみた熊野磨崖仏へ。拝観料200円。で、駐車場に車をとめてから、延々登っていきます。最後は石の階段・・ではなく、石がランダムに置かれた道を登ります。伝説ではこれは鬼が作ったそうですが。ここは熊野とあるのように熊野権現さんです。昔、鬼が人間を食べたいものの、権現さんが怖くてできないので、どうしても食べたくなって権現さんにお願いしたら、日が暮れてから翌朝までに鳥居から神殿の前まで百段の石段をつくれば許す、でも出来なければおまえ(鬼を)くいころすぞといってそうで。で、権現さんは一番じゃ無理だろうと思ったら、みるみるうちに作ってしまって、最後の百段目の石を鬼が運んで来つつあったとので、こりゃ大変と権現さんは鶏の鳴き真似をしたら、鬼は朝になったと勘違いしてくわれる逃げろと石をかかえて逃げたものの力尽きて死んだそうな。権現さん・・・・大悪人(苦笑)。。
 で、やっと到着。向かって左が不動明王、右が大日如来です。

102710magaibutu0

 しかし・・・なんだ!?博物館でみたのやら入り口でもらったパンフの写真とずいぶん違います。劣化しているというか、なんというか。薄くなっていますね。鼻も低くなってしまって。いやあ、これはどうしたものか。野ざらしなので仕方ないのでしょうけど、ずいぶん酷い状態です。このままだとそのうち無くなってしまいそうです。なにか策はないものでしょうか??

102710magaibutu12102710magaibutu13102710magaubutu3102710magaiubutu4
 さて、それから宿へ。その途中にも何カ所か磨崖仏があるのですが、本当に通り道にあった元宮磨崖仏によりみち。ここも劣化が酷いです。ただ、その対策に屋根をかけていました。ここのは小さい(人間と同じ位の大きさ)のが五体ならんでいますが、そのおかげで、出来たのでしょうね。

102710motomiya

 今夜の宿は旅庵蕗薹です。
http://ryoanfukinotou.com/index.html
 去年、泊まってよかったので今年も選ばれました。富貴寺が経営している宿。(^^;お風呂は一応ボーリング温泉。そして夕食が美味しいです。そんな凄い量はでませんし。最後は栗ご飯とそば。宿以外にそば屋(そば以外のメニューもある)もやっているのです。うーん、満足。

102710din1102710din2102710din3102710din4102710din5102710din6102710din7
 なお、ちょっと車に物を取りに行った際に狸に遭遇しました。撮影は間に合いませんでしたが。山の中なので当たり前というか珍しくもないですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州旅行:3日目

 朝食はよかったです。またまたごはんを食べ過ぎました。ここでも納豆が出てびっくり!やっぱり神奈川からきたからでしょう、いや、きっとそうに違いありません!
102610bf  
 チェックアウトして再度その辺を散歩。めじろらしいのがいました。500mm持っていればなああ。でも、あれは旅行にはもっていけません。
 さて、まずは八面山へ。せっかくここまできたのですから登ってみました。といっても車です。頂上近くまでは車でいけます。でも、風が強くて寒いので、歩いて頂上へいくのは断念し、途中の見晴らしが良い場所でしばらく風景を楽しみました。すっきり晴れればもっと遠くまで見えたんですが。それが残念。寒さに耐えられなくなり撤退。
102610fuukei
 降りる途中、平和公園にちょっと寄り道。ここのは築城で使われていたF-86が展示されています。子供の時からあるのでかなり痛んでいますが。
102610f86102610f861102610f862
 それからお墓参りへ・・・いく途中、ちょうど三光コスモス園でコスモスが咲いている時期だったので寄り道しました。コスモス園といってもそういう施設があるのではなく、休耕田かな?にコスモスの種をまいているのです。去年は時期がまだ早かったので見られませんでしたが、今年はちょうど満開です。平日にもかかわらず結構にぎわっていました。
102610cosmoss1102610cosmoss2
 ただ、入場料を徴集出来るイベントではない(何せ会場はたんぼです)ので、運営には苦労しているようです。駐車場を有料にするのも手ですが、そうすると路上駐車が増えるでしょうからね。まあ、物販でなんとかなんでしょう。
 それからお墓参りを済ませて宇佐の大分県立歴史博物館へ。途中、マックでお茶。田舎にくると禁煙でまともなコーヒーが飲める場所が少ないのが難点です。そういう時、マックは便利。さて、博物館です。
http://rekisihakubutukan-b.oita-ed.jp/
 たまたま改装工事中。中には入れますが、外装を足場を組んで工事していました。そのせいで音が色々してうるさかったです。入場料300円。ただし、特別展示は別途500円。両方買っても特に割り引きになる訳ではないので、まずは常設展だけ見ることにしました。
 宇佐神宮や国東半島やこの辺周辺の仏教文化中心の展示でした。思ったよりも見応えありました。ただし、撮影禁止は残念。富貴寺の実物大再現品もありました。これに描かれている絵は・・・なんかハーレムみたい。極楽浄土だからいいのかな??それから熊野磨崖仏と臼杵の磨崖仏の実物大(多分)模型も。反面、新しい時代の展示はないのはちょっと残念。
 まだ時間はあったので特別展も見ました。「発掘された日本列島2010」。要するに最近発掘や調査された遺跡についての展示です。キトラ古墳・高松塚古墳の保存と活用という副題もついています。この辺での発掘品もありました。これは撮影OK。
 興味深いのは古い遺跡だけではなく、沖縄の野戦病院洞窟(沖縄陸軍病院南風原壕群)の遺跡とか、佐賀の三重津海軍所跡、徳島の板東俘虜収容所跡などの展示もあったことです。
  海軍の施設跡の発掘品がまるで江戸時代やもっと前の遺跡の発掘品のように展示されているのは新鮮でした。
102610kaigunn1102610kaigunn2
 各遺跡の展示で例えば、「青銅器鋳器がザックザク」とか「一万個のガラス玉がキラキラ」とか書かれていておもしろいです。
 それと隠れキリシタン関係の展示もあったのですが・・・これはちょっとどうかな?というのまで。十字がみつかると何でも隠れキリシタンに関連づけているような?じゃあ、島津もキリシタンかい!と思ってしまいます。
 思ったよりも良かったです。ただ、カフェの類がないのが残念。それをやるほど、人はこないのかな?一応県立なんですけどね。
 近隣に宇佐風土記の丘と名付けられた古墳群の遺跡を公園にした場所もあるのですが、寒いのでパスしました。少し歩かないといけないというのもありますが、とにかく風が強くて寒かったので、比較的軽装だった我々には行軍不能でした(苦笑)。
 博物館の入り口前の赤塚古墳だけは見ました。
102610kofun

 さて、それから宿へ。日出にあった厚生年金なんやらが民間に売却されて出来たホテル ソラージュ大分・日出です。
http://www.solage.jp/index.html
 一年ほど前に開業しています。別府湾に面した場所で景色も良く良いところでした。建物自体は新しいとは言えませんが、適時改装されていましたし。相方が何故かユニバーサル仕様の部屋を予約していました。要するに車いす対応の部屋です。入り口も引き戸です。なんで?と思ったら料金同じだけど広そうだったからと(苦笑)。
 これは元からそういう部屋のようですが、一応それらしく作っているものの、果たして本当の車いすの人に便利なのかは?それとトイレとお風呂(温泉の大浴場もあるけど)が同じ広い部屋になっていますが、手洗いが自動水栓なのは良いですがお湯は出ません。お湯が必要なら浴槽用のからたらいかなにかでくんでこないといけません。ま、結果的には、広い部屋、にしかならないような気がします・・・・・。
102610universal

 夕食前に周辺を散歩。ホテルの前は砂浜です。方向が西ではないので夕陽が見えないのは残念でしたが、良くいつ朝日を拝めました。ちょうど干潮でした。鷺の類やら小鳥やら遠くて種類が分からないものの海鳥が色々見えました。
102610yuuhi
 さて、夕食です。これも合格。ちゃんとお肉は海産物の焼き物に変えてくれました。良かったのがご飯、サラダ、スープがバイキング形式で自由に食べられることです。私はご飯とおかずを交互に食べるのですが、旅行にいくとご飯がいつも最後なのが残念でした。しかし、ここでは最初からご飯も食べられます。まあ、スープだけではなく、おみそ汁もあるとよかったのですが。
102610din1102610din2102610din3
 お風呂も露天風呂からは海の上で輝くお月様が見えて綺麗でした。海面に月の光がきらきらと反射するのも見えてよかったです。ただ、部屋からはお月様見えなかったので撮影は出来ませんでしたが。これは残念。

 予想よりも良かったです。相方が見つけて選んだところですが、わりあい規模が大きいので外さないか心配でしたが。ただし、一つだけ問題が。近隣にある某国からの観光客が夜中まで廊下で騒いでいてうるさかったことです。ホテルの問題ではないのですが・・・・・。これだけが残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

九州旅行:2日目

 朝食は三段重ねの器におかずが入っています。その他に焼き魚とご飯、みそ汁。そして何故か納豆!うう、何故?いや、これは我が家の住所が神奈川だったから出したに違いない!豊前で納豆を普通に食べるはずがない!朝食も美味しかったです。おかずがあるのでついご飯をお代わりしてしまいましたが。
102510bf
 食べていたら庭園の池に鷺がやってきました。池には鯉がいますが、それは食べないだろうと思ったら、なにやら他にも小魚がいたらしくそれを食べていました。しばらく止まっていたので、部屋に戻ってからD40で撮影。また雨が降り出したので写真はいまいちですが。
102510sagi
 雨なので、また博物館へいくことにしました。八幡にある北九州市立いのちのたび博物館です。
http://www.kmnh.jp/
 途中、至津の横を。ここの動物園には子供の時に何度かきました。寄り道したい気持ちもありますが、雨だし、時間もないのであきらめます。博物館の隣はスペースワールドという遊園地(とは最近表現しないか)です。スペースシャトルの実物大模型や宇宙関係の博物館もありますが、今回はパス。
102510spaceworld
 入場料は500円。いのちのたび博物館は、概ね、神奈川の県立生命の星・地球博物館に相当するものです。恐竜や古代のほ乳類などの化石(ほとんどはレプリカですが)や色々な動物の剥製や一部実際に生きている動物(カエルなど)が展示されています。剥製は近隣の動物園や水族館で飼育されていて死んでしまった動物が多いようです。
102510kaseki102510hakusei_3

 また、自然史・歴史博物館となっていて、近隣の歴史関係の展示もあります。北九州の全盛期?の住宅なんかありがちではありますが、良く出来ています。
10251030sie
 平日なのでがらがらかと思ったら、小学生の集団が2組いてにぎやかでした。(^^;
 思ったよりも充実していました。有料の特別展示もありましたが、今回は時間の都合でパスしました。残念なのはカフェすらないことです。一周りしてお茶やお昼を食べられるとなおよいのですが・・・。
 思ったよりも時間がかかりました。少し遅いお昼へ。こだわりうどん 一道というお店へ。相方がお昼にうどんを食べたいと事前に調べたお店です。14時位で終わるので、急がないと。なんとか滑り込みました。いや、本当に滑り込みで、少し後からきた人は終わってしまいましたと言われてました。別に珍しくもない普通のうどん屋ですが、安くて美味しいです。ここらでうどんはどこで食べてもまずいことはありませんが、ここは出汁もうどんもよかったです。そして安い!てんぷら四品つけて、二人で1080円!素晴らしい!同レベルのうどん屋は横浜にも見つけていますが、味はほぼ同じですが、値段が倍はします(苦笑)。
102510udon

 さて、それから中津へ。椎田道路が例の政策によって無料化されているので交通量が増えていました。まあ、とはいえ、渋滞はしていません。午後になったのはお墓参りは翌朝に先送りして、中津城の駐車場に車をとめました。はい、売却騒動のあの中津城です。
 ここではお茶も出来ない(昔は売店がありましたが・・・おでんを売っていて、その辺であそんでいると美味しそうなにおいがしていました)ので、歩いて前にいったカフェにいったら・・・しまっています。つぶれた?いや、まだ綺麗だから単に休みだっただけかも??仕方ないので、福沢会館・・・とは今は言わないか・・・でもこの名がしっくりきますにいって、お茶。コーヒー250円なり。まともなコーヒーです。今年から禁煙になってました。よしよし。福沢旧居内の資料館は増設・改装工事中でした。こっちはお客さんくるようですね。
102510zouchiku
 ああ、福沢会館ですが、元々ここには公民館みたいなのがあったんです。子供向けの映画上映なども行われました。それが福沢会館。今はなくなって、売店と食堂が出来ています。でも、この場所は私にとっては福沢会館と呼ぶのがしっくりくるのです。子供の時の主要な遊び場所でした。
 実家の跡地も見ました。既に売却して駐車場になっています。色々あったし、今でも収まらない気持ちもありますが、今更いってもしかたありません。
 歩いて中津城へ戻りました。ご存じの通りここも鉄筋コンクリート製の模擬天守です。中は資料館になっています。入場料400円。小倉城よりも高いですが・・・・まあ、この状態では仕方ないでしょう。これでも赤字なんですから。ただ、展示物は意外と良いです。小倉城は歴史的に価値のある展示物はそれほどありませんが、ここは無造作に色々展示されています。もう少し保管を考えた方が良いのではなかろうかと思う位(苦笑)。
102510nakatujyou
 そのほとんどは奥平家ゆかりのものばかりではありますが、奥平信昌を始め歴代当主の鎧だとか、長篠の戦いの時に使ったホラ貝だとか、山県昌景が送った手紙だとか。長篠の合戦の絵巻もあります(昔の複製?)。そういう意味では400円は高いとは思いません。
102510yoroi102510horagai102510letter
 ただし、やはりもう少し展示方法などは考えた方が良いかなと思いますし、3階や4階は実質空き部屋に近い(一応、中津関係、蘭学関係のパネル展示などはありますが)ですし、もうちょっとなんとかならないかなとも思います。
 一番上の5階は展望台。外に出ることも出来ます。この辺は海沿いの平地で、都会と違って高い建物もありませんので、非常に見晴らしは良いです。雨なのが残念ですが。
 ここには奥平神社や中津神社などもあります。西南戦争の中津隊の碑とか日露戦争の28cm砲弾らしいのを乗せた碑なんかも。
102510seinansenso10251028cm
中津隊の碑は当時の奥平家当主の筆ですが、中津城問題で苦しめられる羽目になった遠因の一つが中津隊にあると思うと皮肉に思います。
 中津城は福沢諭吉の助言により、御殿を残して壊してしまった(だから、一番悪いのは福沢諭吉とも言える)のですが、その残った御殿は西南戦争の際に中津隊が放火して焼いてしまっています。もし、それらが残っていたら模擬天守を作ることもありませんでしたし、城の文化的価値ももっと高かったでしょう。ま、全ては結果論ですが。

 この日の宿は八面山の金色温泉こがね荘です。
http://www.kanairo.co.jp/index.html
 八面山は中津と耶馬渓の間にある山で、昔は三光村でした。今は中津市の一部ですが。こんなところに温泉があるはずがなく、ボーリング温泉なのは間違いありません。ただ、相方が前から気になっていて一度泊まってみたいというので今回泊まることにしました。
 約十年ほど前に出来たようです。やはり温泉をほって日帰り浴場とレストラン、宿泊施設などを作っています。
 悪くはありません。ただ、お風呂に行くのに一度外に出ないといけないのは難点です。今はいいですが、真冬は寒いですし、雨の日も大変。幸い、雨は途中であがってくれましたが。
 夕食前に周辺を散歩。山の中なので色々な鳥の声が聞こえます。何故か空にはカラスの大群も(苦笑)。ふくろう神社というのがありました。ただ、別にここらにふくろうがいる訳ではないそうです。
 夕食もまずまず。ただ、私が肉が駄目なのでメインの料理は魚にかえてくれたのですが、その前に二品ほど肉入だったのはそのままだったのは残念。まあ、無理な要求かもしれませんが、対応してくれるというのなら全部やって欲しいです。それとそのメインの料理は味付けが濃過ぎてわが家にはあいませんでした。それらを除けば問題はありません。
102510din1102510din2102510din3102510din4102510din5
 お風呂はやっぱりボーリング温泉。露天風呂など色々種類はあって楽しめるようにはしてありますが、お湯自体は、余り温泉を感じません。循環しているようで塩素臭もあります。温泉と言えば別府、で、それと比べるとここはスーパー銭湯のようなものです。それでも平日なのに日帰り入浴客は結構いましたが。ソフトクリーム、平日150円ということなので食べてみましたが・・・まあ普通。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »