« さよならなっちゃん | トップページ | 苦戦中 »

エリーゼ試乗

 ルーテシアの納車よりもこっちが先でしたが、先週末、相方がプチ同窓会にでかけた時に車で送っていった後、東京ロータス・センターにいって試乗してきました。

 フェイスリフト後の1.6Lのエリーゼです。走行距離640km程度のまだほぼ新車です。ポジションはいつものようにすぐあいます。シートが前後するだけなのにこれだけぴたり合うのは不思議です。

 さて、発進。クラッチの感覚が分からないのでちと気を使います。アイドリング発進出来ると思いますが、少し上り坂なのでアクセルも踏みました。問題なく走り出しました。が・・・・うーん、なんか乗り心地がいまいち。リアが固い気がします。フロントよりもリア。
 シフトフィールは良好。この6速はいいですね。ブレーキなども違和感ありません。ただ、クラッチは2速でつなぐとじわっとつないだつもりでもどかんとつながってしまいます。ジャダーが出ている、そのうちなおりますと営業氏は言ってましたが。
 エンジンは1ZZ-FEから1ZR-FEに変わりました。遠慮して余り回さなかったんですが、まあ、変な音ではありません。1ZZ-FEと同じようなものでしょう。特別良い音ではないものの、許容出来ないような音でもないという、エリーゼとしては普通の音です。
 前後のカウルの形状が少し変わっていますが、サイドミラーで見るとなんとなく、見やすくなった気がします。
 問題は乗り心地。試乗コースの路面が荒れていたせいもありますが、なんかいつもよりも悪い気がします。まだ新しいので各部の動きが渋いというのもあるかもしれませんが・・・でも、エリーゼに期待する乗り心地、ではありません、これは。

 それとステアフィールがなんか変。うーん、直進付近と切っていった時の間に違和感が・・・。元々頭が軽くて接地感は余りない車なんですが、そういうのとも違います。なんでしょうね。これはエリーゼでは初めて感じました。

 うーん、なんというか、いつもながら、固体差が大きい気がします。1ZZ-FEのエリーゼSは3個体試乗しましたが、毎回印象が違います。ひどいのもあれば良いのもあります。むろん、厳密に言えば、年式はそれぞれ違うのですが、とはいえ、それぞれがいつも違うのです。
 所詮その程度の製造品質なのかなとも思いますが、ともかくこの試乗車の印象だけいえば、これではちょっと・・・。

 他に今回気が付いたことをいくつか。従来、エンジンルーム上のハッチはキーを解除して開けていましたが、キーがなくなり、室内のオープナーで開けるように変わっています。そのロックのキャッチも変わってしっかりしたものになったとか。他にもたくさん細かい改良があるというのですが、聞いても詳細まだ知らないとか。なんだそれ?その割に役に立たないサンバイザーは前のままです。

 他にお客はおらず、営業が暇だったせいか、めずらしく見積りもくれたし、売り込んできました。2ZZ-GEの製造が終了したのは御存じの通りで、R、SC、エキシージのエンジンは在庫限りです。ですから、せっかくフェイスリフトしたもののRはもう終わりです。
 色を選べばもうわずか。オーダー受付けられれば色は希望通りに出来るものの納車は春以降とのこと。見積りもらったら約677万。色はライフスタイルペイントで計算。ボディコートとETCとメンテナンスパック。これは新登場。基本的には12ヶ月点検2回分。82kだから、入っても悪くはない、かな?ここに点検に二度出せばそれよりも高くはなるでしょうから。8割位の加入率だということです。ま、あくまでここに点検に出せば、ですが。

 うーん、どうしたものでしょう。やっぱり買うならRは変わりませんが、ちょっと今は無理です。ただ、新車なら、Rは後一年持たないでしょうから、早めに決めないと。1.6のエリーゼはしばらくは大丈夫でしょうけど。例の2Lターボ320馬力は2015年春発売という話ですから。

 とはいえ、やっぱ難しいですね。固体差が大きいことを考えると試乗して中古を買う方が良いかもしれません。もっとも、そうすると06か07のRでエアバッグ無しがいいから・・・またまた玉が少ないです(苦笑)。

 ロータスの新車には縁がないのでしょうか・・・。

|

« さよならなっちゃん | トップページ | 苦戦中 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリーゼ試乗:

« さよならなっちゃん | トップページ | 苦戦中 »