« 東京コンクール・デレガンス2010 | トップページ | HDDを増設 »

ピー次郎テストドライブ:箱根編

 先日、久しぶりにピー次郎で箱根に行ってきました。先日のテストドライブ市街地編の続きのようなものです。
 結論から言えば、私にはギヤ比率が高すぎます。ワインディングを走らせるとほとんど2速で事足ります。それなりのパワーがあり、ライトウェイトスポーツと比べると高めのギヤ比なので、3速に入りません。もちろん、早めにシフトアップすれば3速に入りますが、まじめに走れば、2速の領域内にずっととどまります。3速に入るのは極めて限定された場所だけです。
 これがAWであれば、2速と3速を使い分けて走る必要があります。エリーゼもそうでしたし、他の車は全てそうでした。ピー太郎(ボクスター)はATだったので、少しギヤ比が低く、まだ3速も使いました。うーん、やはり、ワインディングで2速と3速を使い分けて走れるのがいいですね。
 エンジン音の印象はかわらず。やはり踏まないと駄目だし、ただ、回すだけなら7000回転でもいまいち。6000回転から上に踏んでいった時の音はまずまず、これはやはり同じでした。車が速すぎて、音が良い領域をずっと使って走って楽しむ・・・という訳にはいきません。
 これがAWだと4000回転前から、歌声領域に入って、後はレブリミットまで歌いっぱなしなんですが・・・だから、街中でもAWは歌っています。ケイマン(やボクスター)ではこうはいきません。
 高速コーナーでの漠然としたリアの不安定さは、こういうところでは感じられません。ま、速度領域が低いですからね。
 気になるのはシフトフィール。やっぱりなんかいまいち。前は余り気にならなかったんですが・・・先日のエリーゼSの試乗以来、どうも気に入りません。それとお尻の具合もいまいち。やっぱりシートが体にあっていない気がします。
 総じて楽しんで走るには車がやはり速すぎます。まともに走らせられる道は日本にはありません。サーキットだけでしょう。それも日光サーキットのようなミニサーキットではもてあますと思いますので、最低筑波クラス。そんなところ、そんなに頻繁に行けません。もっとも、箱根ですら最近は年に数回ですから、余り変わらない気もしますが(苦笑)。
 排気量と馬力を落として、代わりに1速から5速までクロスしたギヤ、6速は巡航用の高め、これが理想です。1速から3速がクロスしているだけでも十分です。どうせ、4速は使いません。エンジンはともかく、MR-Sの6速はそれに近いものがありました。6速が低いことを除けば、ルーティアRSは良い線ですね。そして、エリーゼはギヤ比率がUKのサイトで拾ったデータが正しければ理想的です。もっとも、エンジン音に難あり、の可能性が高いですが・・・・。

 ま、いつものことですが、AWの素晴らしさを実感します。速さはありませんが、楽しさにあふれています。エリーゼに4AGさえ、載っていれば・・・・。

|

« 東京コンクール・デレガンス2010 | トップページ | HDDを増設 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピー次郎テストドライブ:箱根編:

« 東京コンクール・デレガンス2010 | トップページ | HDDを増設 »