« 城と砦の規模 | トップページ | C3試乗 »

Mito試乗

 はやぶさ、帰ってきましたね。後はお土産が入っているかどうかですが・・・まあ、これはもはや二の次でしょう。元々採取が目的ではなく、往復することが目的だと思っています。採取は予算獲得のための名目でそう。行って帰ってくる技術を確立することが本当の目的だと思います。

 桶狭間の結論はまだ悩んでいて、またまた延期です(苦笑)。その代わり、試乗記を。

 相方が美容院にいっている間にMitoに試乗してきました。行ったのは港北ですが、対応してくれた人から以前にも来たでしょうと言われて、ここは初めてですがと答えつつ、でも、相手の営業氏に見覚えがあり、確認したら、以前、橋本にあったお店で会っていたことがわかりました。そういえば、同じ会社でしたね。
 さて、Mitoです。走行距離2万kmと試乗車にしては走り込まれた個体でした(見間違いでなければ)。オプションのレザーシート付き。乗り込んでポジション合わせ。シートとステアリングは問題ありません。が、問題が足下に。元々左ハンドルで設計されている車を右ハンドルにしているので、左側にオフセットしている・・・・訳ではありません。どちらかというと右側にオフセットしているように思います。ただし、私自身がほとんどがMRなので、足下のペダルはどちらかというと左側(中央より)に向いている車が多くて、少しでもその逆だとずいぶんオフセットしているように感じるのでそのせいかもしれません。そういえば、MT車の試乗は久しぶりです。最近MTの試乗車はろくにありませんからね。
 シート自体は良いです。車は概ね4mx1.7m(ちょっとはみ出していて3ナンバー)ですが、シートは大きめで余裕があります。アルファは概してシートは大きめですね。
 さて、発進。乗り慣れない車のMTは久しぶりですが、エンストせずに発進出来ました(笑)。特に苦労はありません。するっと出て行きます。クラッチは軽いですね。シフトアップ・・・あれ?なんだこれ?妙に手応えがありません。が、すこすこと入ります。シンクロは強力なんでしょうか?うーん、シフトフィールは・・・ない?そういえば、147の1.6のMTに試乗した時もこんな感じだったし、FRの古いアルファも似たような感じ(さすがにFRはもっと手応えありますが)だったような?アルファのMTってこんなものなんでしょうか?3速から4速も同じ。
 ソフトアップはいいのですが、シフトダウンは手こずってしまいました。なんか感覚があいません。ギヤは入るのですが、回転が合わないです。ターボエンジンのせいもあるのでしょうか?
 DNAスイッチをNで走っていましたが、Dにすると変わりますよと言われて、Dに。ほう、ステアリングが重たくなりましたね。スロットルの反応は鋭くなります。が、少しわざとらしいかな?ステアリングは重さにやや不自然さを感じます。ただ、Nに戻すとのろく感じるので、Sの方が総合的に見ると私向きでしょう。
 動力性能は十分です。DとNで比較するとNがのろく感じますが、Nだけで走っていれば別に遅い訳ではありません。音は、まあ、NAではないのでこんなものかな?アルファロメオに期待する音とは違いますが・・・悪くもありません。
 静粛性は向上しています。最近の車はどれも割合静かです。ま、Mitoは大きさはBセグですが、値段はCセグなみですから、この位で当然でしょう。
 さて、乗り心地ですが・・・・微妙なところです。ボディは剛性感は高く、路面からの大きな入力も受け止めます。が、凹凸が激しい場所だとごつごつ感はかなり出てきます。これはボディと脚はまずまずですが、タイヤが薄すぎるかな?214/45R17ですからね。多分、この後入ってくるTCT(アルファ版DCT)版の普通の方だと良いでしょう。195/55R16なので。
 総じてなかなか良く出来た車だと思います。難点はやはりシフトフィールでしょうねえ。バターの中でナイフを動かすような・・・に近いです。FFでもカチカチ決まる車はあるのですが・・・・。なので、TCT版を相方号として導入するのには良さそうです。まあ、その時は3ドアが問題になる訳ですが。

 でも、見直しました、アルファ。ちゃんとしています!音と格好はいいんだけどなあ・・・だった147(前期型)とは大違いです。ただ、最大の取り柄だった音は失われたかも・・・。

 なお、TCTは少し遅れて9月だそうです。そして、TCTが入りだすとMTは終わりだそうで・・・なんでそうなるのかなあ。勿論、このシフトフィールだと積極的にMTを選びたく・・はならないですが、、とはいえ、せっかくMTで入れたのに。その前に175馬力の四つ葉マークさんが入るそうですが。

 それから、TCTは、ツイン・クラッチ・トランスミッションの略だそうですが・・・価格表にはTCT(6速乾式デュアルクラッチオートマチックトランスミッション)と書いてあるのはいかがなものかと。(^^;

 まあ、TCTが入ってくる前に次期相方号が決まっていなければ、また行きましょう。車自体は、3ドアを除けば、相方も問題はないでしょうから。

|

« 城と砦の規模 | トップページ | C3試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mito試乗:

« 城と砦の規模 | トップページ | C3試乗 »