« 最後まで政治的無能 | トップページ | ポロ1.2 Highline試乗 »

今川の動員兵力を再検討

 結論を出す前にちょっと寄り道します。桶狭間の今川軍の兵力は正確な数は不明なのですが、概ね2万程度であろうと推測しました。しかし、ちょっと別の切り口から考えるともっと少なかったのではないかと思えてきました。

 以前、太閤検地のデータから、今川の勢力範囲は駿河、遠江、三河の三国で合計約70万石。1万石で250人を基準にすると単純計算では17500人だが、石高だけで決まる訳ではないので、約二万程度と最大限動員すれば可能な数だと述べました。

 それ自体は間違っているとは考えていません。ただ、その内訳をもう少し考えてみる必要があると思ったのです。

 石高からの国別の動員可能数を推測すると以下程度ではないかと考えます。石高は万石単位、兵数は1000人単位で大ざっぱに書いています(どうせ、概数の推測ですから)。。

国  石高   動員可能兵数
駿河 15万石  4000人
遠江 28万石  7000人
三河 27万石  7000人
合計 70万石 18000人

 以上を今川が遠征に投入出来る兵力の上限と考えます。では、このうち、どれだけが桶狭間に投入されたのでしょうか?参加していたと思われる主要な武将を調べるとある程度、推測出来るのではないかと思います。

 信長公記からはっきり分かるのは、今川義元、松井宗信、松平元康、山田新右衛門(義元討ち死に後とって返して討ち取られるとある)だけです(城の守将は別)。ただし、それ以外の情報から以下の武将も参加していたと思われます。

 瀬名氏俊(瀬名陣地の伝承)、朝比奈泰朝(鷲津砦攻撃)、井伊直盛(討ち死にが伝えられる)、飯尾乗連(討ち死にが伝えられる、一説には落ち延びたとも)。

 それらが全員本当にいたかはわかりませんし、その他に参加していた有力武将がいたかもしれません。当時の文書からユニークな視点で論じている人もいます。この方は信長公記は信頼性が低いと主張されています。まあ、ともかく、今川方の書状から、関係が考えられる武将の名前をあげています。 
http://rek.jp/index.php?mode=category&aim=5oim5Zu95Y-y-E/YeahtueLremWk-WGjeiAgw-E&page=3
 とはいえ、はっきりどこでどうしていたかわからない人物も多く、大身の人物も少ないのでとりあえず、ここではとりあげません。

 ともかく、上記の参加したと思われる今川の武将の領地はどこでしょう?分かる範囲内で調べてみました。

 松井宗信:遠江、二俣城
 朝比奈泰朝:遠江、掛川城
 井伊直盛:遠江、井伊谷城
 飯尾乗連:遠江、曳馬城
 瀬名氏俊:遠江らしい
 山田新右衛門:岡崎城代だった山田景隆??ただし、そうであれば戦死していないはず。

 はっきりしない山田新右衛門以外、見事に全員、領地は遠江です(瀬名氏俊は具体的地名はわかりませんでしたが)。

 この他には、三河 岡崎の松平元康がいます。その他に戦場周辺の城にいたのは、

 鳴海城:岡部元信 本領不明。駿河?(兄正綱は駿河と思われる) 
 大高城:鵜殿長照 三河 上ノ郷
 沓掛城:近藤春景 尾張 沓掛城 

です。

 岡部元信は、岡部正綱の弟とされているようですが、この段階では鳴海城の城代だったのか、それとも鳴海城を与えられたのかはわかりません。

 このほか、信長公記に笠寺砦の守備ついた武将として三浦左馬助(義就)の名があり、彼は桶狭間で討ち死にしたという話があるようです。当時の領地はわかりません。なお、笠寺には他に岡部元信、飯尾豊前(乗連?)、浅井小四郎(義元の馬廻?)、かつら山(葛山氏元の一族?)らがいたと書かれていますが、その後どうなったのかは。岡部元信以外は記述されていないので分かりません。

 いずれにしても、明らかに駿河に本領を持つ武将(少なくとも城主級)は遠征軍には一人も確認出来ません。

 これが意味することは何でしょう?それは動員されたのは主に遠江の兵が中心だということです。それと三河の今川に従属する勢力です。これは当然の話でしょう。戦いは三河と尾張の国境付近です。そうであればまずは三河、次に遠江の兵を動員するのは道理というものです。それでも足らないなら駿河からも送る必要はあるでしょうが、尾張を一気に攻め落とす、という訳ではなく、鳴海城への後詰めであれば、それで十分です。

 勿論、義元自身は旗本などを率いて駿河から遠征してきているでしょう。しかし、おれは駿河の兵力の一部に過ぎないはずです。

 三河は水野氏らへの抑えは必要でしょうし、吉良氏は本拠周辺で守勢をとっていたでしょうから、遠征部隊へ過半が参加、とは行きません。それを踏まえると

国  石高   動員可能兵数 推定動員兵力
駿河 15万石  4000人  2000人
遠江 28万石  7000人  6000人
三河 27万石  7000人  4000人
合計 70万石 18000人 12000人

位ではないかと考えます。駿河の2000人は義元直属の部隊はのみ(当時の正式名称は別にして、要するに義元の親衛隊)が参戦し、主力は遠江衆だと考えます。三河は各地の抑えの兵力が必要なので、4000人程度と考えました。
 とはいえ、実際にはこれに三河で集められた輸送物資の輸送隊も加えられたことでしょう(数千程度?)。ですので、行軍した人数は15000人程度にはなったかと思います。これを三倍に誇張して、45000の大軍であると喧伝したのではないかと考えます。

 今川軍は少なくとも、大高城方面の別動隊と本隊の二つにはわかれていたでしょう。それらも改めて推測し直すと(はっきしりしない山田新右衛門は除いておきます)。

別動隊

朝比奈泰朝 : 遠江衆1000人、三河衆1000人
松平元康  : 三河衆1000人(岡崎)
輸送隊   : 1000人
計 4000人

本隊

松井宗信  : 遠江衆1000人、三河衆1000人
井伊直盛  : 遠江衆500人、三河衆500人
飯尾乗連  : 遠江衆500人、三河衆500人
瀬名氏俊  : 遠江衆1000人
今川義元  : 駿河衆2000人、遠江衆2000人
輸送隊   : 2000人
計 11000人

合計 15000人

ここで言う輸送隊は城へ物資を運ぶためのものであり、各部隊が作戦行動中に必要な物資はそれぞれの部隊で運んでいたはずです。ですので、15000人中輸送隊は3000人しかなかった、12000人は純粋な戦闘部隊だった、というような意味合いで書いている訳ではありません。

 それぞれの武将の兵力は自らの手勢と寄騎、それにこういう言い方が正しいかどうかはわかりませんが、この作戦のために臨時に配属された三河の緒勢力の兵です。

 遠江衆と三河衆の配分は問題ではありません。仮にそうしておくという程度です。ここで言いたいのは、国別の動員可能兵力と参加武将の本領から、推測するとこの程度だったのではないか、ということです。

|

« 最後まで政治的無能 | トップページ | ポロ1.2 Highline試乗 »

戦史」カテゴリの記事

コメント

桶狭間合戦当時の尾張は、織田信長の領地は半国程度で、残りは今川領だったと考えていいと思います。
江戸期の石高でいえば尾張は約60万石程度あるので、今川には30万石程度が味方してると思われます。
上記3カ国合計で約70万石にこれを足せば今川領は約100万石であり、2万五千~3万が動員可能です。また近隣の武田や北条とは同盟を結んでおり
守備隊に多くをさく必要性もうすく、実際2万5千+荷駄隊が上洛軍の軍容であったと推定されます。
今川義元は当時では日本最大級の兵力を持っていたわけです。

投稿: 秀吉 | 2010年6月18日 (金) 15時53分

秀吉さん、
 織田信長が尾張をどれだけ実効支配していたかは別にして半分は今川領は言い過ぎでしょう。それとも水野は実際には今川に味方していた(が、義元討ち死にの後、織田にまた鞍替えした)とお考えですか?水野が今川方でないとすると知多半島は少なくとも今川の領土ではありません。
 蟹江城周辺は今川が抑えていたと言われていますが、後は確実なのは沓掛城、鳴海城、大高城周辺。それと三河と国境のある程度の範囲内です。知多半島が今川側でないとすると多く見ても1/5にもとどかないと思います。そして、鳴海城は完全包囲下、大高城も半包囲され、兵糧に事欠いていたということを考えれば、これらは、支配権未確立地域と考えるべきでしょう。
 70万石に上乗せ出来たとしても、精々10万石程度に過ぎないと思います。そして、当然ながら70万石は後の検地での石高ですから、当時の正確な石高はわかりません。常識的に考えて少ないことは考えられても、多いことはないでしょう。
 また、その上乗せ分も飛び地になっている蟹江周辺はそこを守るのに精一杯。鳴海、大高、沓掛、そして三河との国境の他の地域も同様でしょう。それらは今川の総兵力には入るでしょうが、「桶狭間の戦い」に機動運用出来る兵力には含めることは出来ないと思います。

 ですから仮に1万石で250人の動員(これ自体も常に正しい訳ではないでしょう。あくまで、後世の人間が導き出したある目安に過ぎないと思います)であったとしても、二万五千から三万には届きません。とどいたとしても、それらを全て動員は出来ません。
 三国は同盟とはいっても、お互い助け合いましょうというよりは、違う方向へ勢力を拡大する方がお互いの得だから攻め合うのは止めましょうという程度でしょう。実際、義元の死後、武田は今川を攻めました。がら空きにすることは出来いと思います。織田と徳川のような関係ではないと思います。
 また、実際、示したように明確に確認できる範囲内では、駿河に領土を持つ大身の家臣は参加していません。ですから、仮に最大で二万五千から三万の動員が可能であったとしても、織田との戦いに投入可能なのは多くてもその2/3程度にとどまると考えます。そして、その中から機動運用出来る兵力を推測すると一万程度に過ぎないのではないかと考えるのです(各城の守備隊は別にして)I。

投稿: MOY | 2010年6月18日 (金) 21時11分

突然のコメント失礼します。

素晴らしい考察だと感心致しました。

なぜ信長はたったの2千で義元の大軍を(迂回奇襲ではなく正面衝突で)倒せたのか、どうにも腑に落ちませんでした。

よく、後年のデータである太閤検地における各国(駿河遠江三河)の石高(約70万石)をもとに今川の動員可能兵力が語られることもありますが、30年も時代が違うと動員事情?も違うでしょうし、もしかしたら少ない石高でも戦国時代は根こそぎ動員で大軍編成も不可能ではなかった可能性もありますし、この石高を根拠とした今川兵力の推定も今一つ納得いかなかったんですよね。

着陣武将の領地への着眼というのは目から鱗でした。

非常に説得力があります。

さらに言えば当時、義元は家督を氏真に譲って駿河は氏真に任せていたようですし、義元が駿河から引率してきたのは信長公記で旗本として記録される300騎程度だった可能性すらありますね。

出陣目的も大高・鳴海封鎖の解除のための局地戦であるならば、動員兵力は(義元の管轄だった三河遠江を中心とした)1万を切る程度だったのかもしれません。

投稿: y2k999 | 2015年7月26日 (日) 21時16分

y2k999さん、
 古い記事にコメントありがとうございます。上洛うんうんはもはや否定さていると言っても良いと思いますが、大高・鳴海への後詰めだとすると信長の兵力を考えれば1万程度でも不思議はないですよね。
 総兵力は、1万石250人とかが動員可能限界ではなく、その頃の軍役の数字ですので、状況によってはもっと多い場合もあるでしょうし、少ない場合もあると思いますので、最大限度動員すれば(特に外征ではなく、防御であれば)3万も可能かもしれませんが。

投稿: MOY | 2015年8月 2日 (日) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今川の動員兵力を再検討:

« 最後まで政治的無能 | トップページ | ポロ1.2 Highline試乗 »