« 今川の動員兵力を再検討 | トップページ | 朝比奈泰朝は本当に鷲津砦を攻めたのか? »

ポロ1.2 Highline試乗

 シリーズ桶狭間はもう少し調べたいことが出来たので,中断して、ポロの試乗記です。

 試乗したのは1.4LのNAから1.2Lのターボになったポロ1.2 Hightline(正式名前はTSI Higlineですが、排気量の違いを明確にするために1.2と書いておきます)です。1.4Lとほぼ同じ装備のComfortlineもあります。実物を見て驚いたのは、単にエンジンが変わっただけではなかったことです。Highlineは勿論、Comfortlineもシートが全然違います。1.4はぱっと見は良いのですが、実際に座るといまいちだったのですが、今回はどちらも良好です。ゴルフと比較すると座面がやや小さいですが、許容範囲内です。Highlineはよりスポーティなシートですが、comfortlineのシートでも問題ありません。

 両グレードの違いはそのシートと後は装備(オートエアコン、革巻ステアリングとシフトレバー、リアパーキングアシスト)、それにアルミホールかスチールホイールかという位です。ですから、走行性能に何かしら影響を与える可能性があるのはホイールの違い位で、仕様上の重量も同一です。まあ、ほとんど同じでしょう。

 操作性などは元々特に問題はありません。視界も元々ゴルフよりも良いです。さて、発進。あれ?なんか、少しゴルフ6梅(Trendline)よりものろい気がします。車重は170kg軽いはずなので、動力性能はゴルフ梅よりも良いはずなんですが??ただし、それは発進した際だけの話で、走り出せば軽快で、動力性能には不満はまったく感じません。

 乗り心地は差はほとんどないはずですが、1.4よりも随分良くなっています。多少、リアのばたばた感はありますが、許容範囲内です。タイヤが少し柔らかく、その割りに脚が少し固いような感じもしますが、日本の町なかだとこんなものでしょう。

 エンジンとミッションは良いですね。出足だけ何故かのろい気がしますが、もう少しアクセル踏めばいいだけかもしれません。シフトアップ・ダウンは7速DSGのいつもの切れ味です。6速のような空走感はありません。シフトダウンが気持ちいいです。

 エンジン音は基本的にはゴルフ梅と同じですが、少し印象が違います。全体的にゴルフ梅の方がはるかに静粛性が高いのですが、聞こえてくるエンジン音もゴルフ梅の方がより好ましい音に聞こえます。ただし、これも悪くはありません。ゴルフ竹(Comfortline)よりは良いです。

 全体的にゴルフよりはうるさいです。ゴルフ梅の異常な静かさは別にしても、まあ、やはりゴルフとポロの違いはあるでしょう。停止して、サイドブレーキを引いているとATのような振動がありますが、ブレーキ踏むとクラッチ切りますので振動は収まります。これもゴルフ梅と同じ。ただし、ゴルフ梅だとすっと静かになってアイドルストップか?と思えますが、これはちゃんとエンジン動いています、という音はします。とはいえ、ポロのクラスでは静かな方でしょう。このクラスはもっと騒がしい車が多いですから。意外とロードノイズが大きめですが・・・これも他が相対的に静かなので浮かび上がって聞こえているという部分もありそうです。

 少し気になったのはステアリング。私には軽すぎます。ゴルフでもやや軽めですが、更に軽いです。まあ、相方が運転するのならこの位の方が良いのでしょう。初期の電動パワステでよく感じた変な感じ、とは違います。単にアシスト量が多めなだけです。

 総じて、とても良く出来ています。このクラスの車(全長4m程度の5ナンバーサイズ。一部横幅が少しはみ出して3ナンバーの車もあるけど)として見ると、静粛性含めて、上質、と言えるでしょう。エンジンとミッションは出足が少しのろく感じることを除けば、このクラスの実用車最強(私が運転したことがある車の中では)です。シートも良くなりました。国産のこのクラスがほぼ全てCVTで、それが理由で候補から脱落するので、競合車はほとんど輸入車ですが、その中でも、頭一つ抜きんでています。このクラスで過去最優秀は前期型先代フィエスタでしたが、MTが輸入されなかったので、4ATと7DSGでは勝負になりません。そして、静粛性でもポロの圧勝です。ただし、ステアフィールとハンドリングはそれでもフィエスタだと思いますが・・・・。

 値段もComfortlineなら213万で、1.4からは10万高くなってますが、装備(革巻きステアリングやらアルミやらオートエアコン)を気にしないのなら、お買い得でしょう。装備充実のHighlineでも242万。差額分の装備差があるかと言われると・・・・こっちは割高です。ただし、こっちには、それに我が家が必要とするシートヒーターがアルカンターラ&レザレットシートとのセットオプションでつけられます。それが157500円。つまり、それをつけると258万円でゴルフ梅よりも1万円高いのです。

 ほぼ同じ値段の我が家仕様のHighlineと素のゴルフ6の梅と比べると・・・・やはり車そのものの出来は遙かにゴルフ梅が上です。乗り心地もそうですし、静粛性もそうです。ステアリングも良いです。シートは相方はポロの方が良いといっていましたが、この辺は好みの問題程度でしょう。

 両者とも実際に高速走行はしていませんが、ゴルフ6はゴルフ5のビッグマイナーチェンジで基本プラットフォームは持ち越しでしょうから、我が家のゴルフ5との比較から考えると、やはり高速走行性能差はありそうです。ただし、差が出るのは日本では通常行わない(行えない)領域までいってからではないかと思います。ゴルフは動力性能の差が出にくい平地や坂道での定速走行では、ボクスター・ケイマンに勝るとも劣らない高速安定性を発揮します。動力性能の差で上まではいけないでしょうが、その領域は違法・合法の話の前にサーキット以外では日本では実際に走らせることが物理的に不可能でしょう。

 ですので、街乗りや日本の高速道路での高速巡航ならポロで何ら問題ないと思います。そうであれば、装備をとってポロという選択はありです。また、Comfortlineなら、装備がほぼ同じゴルフ梅よりも44万円安いですから、お買い得でしょう。

 装備を気にしないのならポロのComfortlineはお勧めです。気にするのなら、Highlineでしょう。ただし、その場合は値段がほぼ同じだからとゴルフ梅(Trendline)に試乗すると悩み出すかもしれませんから、試乗しないことをお勧めします(笑)。

 我が家の場合、なっちゃん(ゴルフ5のE)との比較をすべきです。この場合、ゴルフ6梅は、装備(シートヒーター、革巻きステアリング、アルミ、リアパーキングセンサーなど)は負けていますが、それ以外では全て上回っています。試乗して帰りになっちゃんに乗ったらその差に驚きます。静粛性、乗り心地、エンジンの音、全てが違います。基本的には同じプラットフォームと先述しましたが、とてもそうは思えません。もっとも、ゴルフ竹に乗っても、梅との違いに驚きますので、なっちゃんが悪いのではなく。梅が凄すぎます。ただ、そろそろゴルフもMY11に切り替わるようですが、恐らくゴルフ竹もMY11になったら、梅のように静粛性や乗り心地は改善されるのではないかと思います。言い換えると梅はMY11先行モデルではないかと。前回、梅はゴルフ6ではなく、6.5であると言いましたが、あくまで予想ですがMY11からは6.5と言える進化をしているのではないかと思います。この点は、MY11の竹の試乗車が出てきたら乗って確かかたいと思います。

 で、じゃあ、買い換えるの?という話になると装備の面がひっかかります。シートヒーターはやはり捨てがたいですし、革巻きステアリングも相方が固執しています。ほぼ同じ装備の限定車が出たら即決ですが、逆に言えば、現状の梅を買って後から限定車が出たら相当悔しい思いをするだろう・・・と思うと踏み切れません。

 では、ポロです。ポロと比較するとなっちゃんは腐ってもゴルフです。帰りに乗った時に全て負けているとは思いませんでした。
 動力性能、町中の乗り心地、コンパクトさ(取り回しの良さ)、これらはポロが圧勝です。それからリアシートもポロが上です。やや狭いですが、おしりを少し落として座るので、長時間はわかりませんが、短時間なら平坦なゴルフのリアシートよりも快適だと思います。装備もシートヒーターがオプションで付きますし、不足するのはオートライト位。オートライトはなっちゃんにもありませんから、特に不利にはなりません。

 では、なっちゃんはどこが勝っているのか?シートヒーターがポロは2段階に対し、5段階・・・というような細かい話は別にして(他にもポロはアームレストの小物入れが小さいとか、アームレストそのものが邪魔とかありますが)、やはり乗り味でしょう。確かに乗り心地は良くはないです。しかし、ボディやサスペンションの剛性感は、やはりゴルフが上でしょう。路面からの突き上げでどたんどたんして乗り心地は良くなくても、芯の強さを感じます。そこはポロの方がやはり線が細いです。そして静粛性もゴルフ梅との比較とは違い、やはり勝っている部分もあるように思います。エンジンの音の違い、が一番大きいのではないかと思います。相対的に非力なゴルフEはすぐに回転を上げざるを得なくなり、相方曰く、「うなる」のです。そこがないので、ポロが静かに感じますが、遮音性などはやはり一世代前でゴルフ、でしょう。

 なので悩ましいです。普通に日本で乗るなら、ポロが適しているでしょう。ポロが劣るとしたらそれは高速巡航でしょうが、それは日本では「超高速巡航」というべき領域の話です。町なかではポロのコンパクトさが光ります。絶対的な乗り心地はゴルフ6梅が上ですが、対ゴルフ5比ならば、ポロでも勝るでしょう(リアのばたばた感は気になるとしても)。他の車と比較しても、同クラスでは最良です。

 しかし、やはりゴルフはゴルフ。一世代前とはいえ、走りの質感とでもいいましょうか、そういう部分では勝っている部分も多いです。やはり、ゴルフ6梅に限定車が出るのを待ちたい気もします。とはいえ、このサイズでこれだけの走るをすることを考えれば、普段乗る上ではポロが便利です。うーん、悩ましい。ゴルフ6梅が異常に良いのが問題なんです!

 まあ、でも、他メーカーにとっては脅威ですねえ。このクラスでも7DSG。基本的にCVTだけ(一部4AT)の国産車勢では太刀打ち出来ません。強いて言えば、ミニですが・・・・トルコンですからね。C30は明らかにクラスが上ですし。MitoはDCTがそろそろ導入され、大きさ排気量は同クラスですが、値段は一クラス上ですしねえ。DS3/C3は乗り心地は良いかもしれませんが、所詮、4AT(DS3には6MTもあるけど)。エンジンはミニと基本的には同じなので、同じく6ATだったら勝負を挑めたかもしれませんが・・・・。

 惜しまれるのは欧州フォードの撤退です。もし、現行フィエスタが6DCTで導入されていれば、これは好勝負だったことでしょう。でも、エンジンでフォードの負けかなあ。ハンドリングはフォードだと信じたいですが。

 ゴルフにしても、ミニにしても、このクラスのFFでは、今、VWが残念ながら一番ですね。次期相方号はいずれにしても、ポロかゴルフのどちらかになりそうです。何時導入するかはまだはっきりしませんが。

 一応、C3は試乗する予定です。まあ、勝てないでしょうが・・・・乗り心地で圧勝したら、あのルーフまで回り込んだフロントガラスは面白いので、もしかするかもしれません。もっともシートヒーターがないので、シートヒーターを後付けするか、シートヒーター付きのシートと交換するしかないでしょうが。

 なんにしても、ポロを検討しているならゴルフ梅に試乗しない方がいいです。また逆にゴルフ梅を検討しているのなら、ポロには試乗しない方がいいです。どちらも悩み出しますから(笑)。

|

« 今川の動員兵力を再検討 | トップページ | 朝比奈泰朝は本当に鷲津砦を攻めたのか? »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポロ1.2 Highline試乗:

» 中古車買取り [中古車買取り]
中古車買取りを紹介します [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 23時45分

« 今川の動員兵力を再検討 | トップページ | 朝比奈泰朝は本当に鷲津砦を攻めたのか? »