« C3試乗 | トップページ | 試乗記三連発 »

桶狭間の戦い:MOY仮説(ちょっとだけゲームリプレイ風)

 義元は出陣前にうなっていた。予定されている作戦に動員可能な兵力が思ったほど多くは無いためだ。本来なら、三河衆を主力にしたいところであったが、水野に備える必要もあり、また、尾張との国境には織田に備えて兵力を相応に残さなければならなかった。結局、三千程度しか動員出来なかった。主力は松平勢で、その高い戦闘力は多いに大いに期待出来るが、数は千程度に過ぎない。かといって駿河から多くの人数を出す訳にはいかなかった。同盟を結んでいるとは言え、武田と北条に接している駿河をがら空きには出来ない。また、駿河からでは尾張は遠く、大軍勢を移動させるのは無駄だった。結局、主力は遠江衆にせざるを得なかった。とはいえ、武田への備えは残さなければならないし、五千程度が限界だった。それに義元が率いる旗本衆二千、合計一万が動員可能兵力だった。それらも本当のところどれだけの人数が集まるかは始まってみないと分からないが。
 信長はどれだけの兵を繰り出してくるであろうかと考えた。鳴海城と大高城の付け城に既に合計すれば二千程度の兵を張り付けている。未だ、尾張一国を統一しているとは言えず、水野ら知多半島の軍勢も今回は動かせないだろう。こちらが尾張との国境の兵を動かせないのと同様に織田も三河や美濃との国境の兵は動かせまい。すると精々二千か三千か。合計しても五千には届かないだろう。ならば、まあ、一万でも大怪我することはなかろう。それに信長が出てくるとは限らない。二万は動員したかったが、一万でも織田と比べれば大軍である。馬鹿正直に向かってくるとは思えなかった。一度付け城を排除し、こちらが引き上げたところでまた出てくる、そういうところであろうと思った。信長が出てこないのなら、熱田まで押し込んでみるか、そう思った。

 義元は三州の兵を四万五千動員したと喧伝し、尾張へ向けて出陣した。実際には三河で動員した小荷駄の三千を含めてその三分の一にも満たなかったが。

 5月18日、大高城へ兵糧を運ぶこませるために、松平元康率いる二千五百の軍勢を先発させた。その内訳は、岡崎衆と松平諸家の合計千、菅沼、奥平らの三河小領主が五百、それと小荷駄千だった。東海道を織田が西進してきた際の備えに瀬名氏俊に千を与え、桶狭間周辺に陣を構えさせた。義元は残る兵と共に沓掛城に留まった。義元は信長の動きを見てから動くつもりであった。
 織田方に動きはなかった。丸根砦、鷲津砦の織田勢は合計で五百程度に過ぎず、妨害されることなく、大高城へ兵糧が運び込むことが出来た。一部は大高城の南側から西側にあった織田方の砦を攻めたが、既に織田は兵を引いており、戦いは生じなかった。日暮れ時になったので、丸根砦、鷲津砦攻めは翌朝行うことにした。

 5月19日
 義元は松井宗信に二千、井伊直盛に千の兵を与えて早朝、先発させた。桶狭間から東海道を進み、中島砦の前面の山地に陣取らせた。義元自身は残る五千(うち鳴海城へ補給を行うためなどの小荷駄二千)を率いて遅れて出発した。五百は念のため沓掛城に残した。
 早朝、松平元康は手勢を二つに分けて、自身は丸根砦を攻撃し、半数を大高城にいた鵜殿長照と朝比奈筑前守に委ねて鷲津砦を攻撃した。被害は出たものの、両砦を陥落させた。
 昼前には、松平元康らは中島砦の南側の山地へ進出、松井宗信と井伊直盛も南西側の山地へ進出した。義元本隊は桶狭間の先までは街道上を急ぎ、その後は隊形を整え、周辺に布陣した。
 義元の元には鷲津砦及び丸根砦攻略の状況が報告されてきていた。鵜殿長照が負傷し、松平勢にかなりの被害が出ていることが報告されたため、大高城へ下がり、休息することを命じた。また、負傷した鵜殿長照らはそのまま帰国を許された。

 織田の主力は信長らは丹下砦から善照寺砦に進出してきたのが確認出来た。その直後、一部の織田勢が討って出てきてが、松井宗信がこれを短時間で撃破した。
 信長は更に中島砦へ移動した。その頃、松平元康は休息のために大高城へ移動を開始した。松井宗信は、それに伴い西側へ陣を移動させた。そして、義元は本隊を前進させた。
 義元は信長は動けまいと思った。信長の手勢は精々二千程度にしか見えない。松平元康を下げたとはいえ、まだ、八千の兵がいる。もちろん、少数で大軍を相手にする場合には、打って出ることも重要だが、先程、打って出てきた織田の一隊が壊滅したばかりである。恐らく、しばらくにらみ合った末に信長は引くのではないかと考えた。そしてふと、その後、鎌倉街道から沓掛城をつかれはしないだろうかと不安を覚えた。沓掛城には五百の兵を残してきたが(元々の守備隊と併せて合計約千)、もし、信長が引き上げると見せかけて、鎌倉街道から沓掛城を攻めてくると退路を断たれる恐れもある。そして、瀬名氏俊に沓掛城へ移動し、鎌倉街道を警戒するように命じた。

 結果的に義元は戦力分散の愚を犯してしまった。引き上げるか、そのまま動かないと思っていた信長は中島砦から打って出てきた。当初は松井宗信に向かっているように見えた。しかし、そこで急に東から強風と共に大雨が降り出し、雹も混じった。今川の軍勢はこれにより混乱した。ある者のは木陰へ逃げ込み、ある者はしゃがんで頭を下げた。またある者は雨に背を向けた。大高城へ向かっていた松平元康は大雨の中、急いで大高城へ逃げ込んだ。

 雨が上がった時、今川軍の陣は乱れ、兵は散らばってしまっていた。そこへ信長が突入してきた。前進していた義元本隊の前備は一挙にけ散らされ敗走した。義元はこれを見て一旦、後退して立て直すことを決意した。
 更に進撃を続ける信長は義元の塗り輿が放置されているのを見つけた。そして、三百人程に守られて後退していた義元もついに捕捉された。何度も踏みとどまって応戦していた義元の旗本らは次第に数を減らし、最終的に討ち取られた。
 松井宗信は手勢をかき集めて信長を追いかけて来たが、義元を討ち取って勢いに乗る織田勢に粉砕され、討ち死にした。井伊直盛も包囲され討ち取られた。

 大高城に入った松平元康は、特に命令も来ないので休息していた。戦いが行われていることはなんとなく感じられた。今川が負けるとは思わなかったので、今回はもう自分らの出番はあるまいと悔しがっていた。いずれにしても疲労により動くことは出来なかった。夕刻近くになり、義元討ち死の知らせが届いた。
 松平元康に謀略であるとし、大高城の守りを固めるように命じて動かなかった。夜に入り、水野信元の使いがきて、どうやら義元討ち死には間違いないと確信し、最終的には、松平元康は岡崎へ戻った。

 今川勢の敗走後も、鳴海城は落城しなかった。岡部元信は何度開城要求の使者を送られても拒否し続けた。織田も守兵の少なかった沓掛城は攻め落としたものの、鳴海城は過去、何度も攻略に失敗しており、力攻めすることは避けた。
 最終的に今川と織田との間で、義元の首を返還する代わりに鳴海城を開城し、岡部信元は退去することで決着した。
 こうして戦いは織田の勝利に終わり、今川に侵食されていた地域を一気に奪回した。

========================================
 とまあ、こういう風にしてみました。延々悩んだわりにはつまらない結論ですが(苦笑)。一応、オリジナリティがあるのは、 朝比奈泰朝は参加しておらず、丸根砦と鷲津砦は、比較的少数の松平ら三河勢と大高城在番の今川勢で攻撃したという点です。そして、一度は織田から見える場所に前進し、信長にあの武者は大高城へ兵糧を運び入れ・・・と言わせます。しかし、次の戦闘が始まる前に大高城へ引きます。なので、実際に織田勢がぶつかるのは新手の今川勢ですが。後はどうにもならんので雨のせいにしてしまいました(苦笑)。
 朝比奈泰朝が参加していないとしたのは、明確にそう判断できる根拠がないのと大高城の規模が小さいためです。信長公記至上主義を取るのなら、二砦を攻めた今川軍の部隊長は元康であるとしか言えません。そこに朝比奈泰朝がいたとしたら、今川家の中の上下関係ははっきりしないにせよ、元康の下に朝比奈泰朝がつくはず、とは言えないでしょう。記録が残っていないのは朝比奈泰朝が徳川幕府で大名や旗本として生き残っていないこともあるでしょうし、神君家康公の業績を強調するために省かれた可能性もあるにはあります。が、武徳編年集成には朝比奈が攻めたと記述されていることを考えると、時代が近い記録にないのは不自然です。ですので、私は参加していなかった可能性が高いとここでは考えました。そして大高城に上番した記録のある朝比奈筑前守(輝勝?)が砦攻めに参加した記録が何らかの形で残り、これが朝比奈備中守泰能と誤認されたのではないかと考えます。朝比奈筑前守は鵜殿長照と交代したという説もありますが、共に上番を命じられた書状が残っているだけです。交代したとは書かれていないようです。鵜殿長照が増援として大高城に入ったという解釈も出来ると思います。
 そのため、大高城方面隊は元康率いる比較的少数であったと考えました。そうであるが故に二砦攻略でかなりの被害をだし、疲労し、大高城で休息することになり、肝心の信長と義元の戦いに関与出来なかったのだと判断しました。そうでないと朝比奈泰朝率いる部隊が何もしなかったというのは困るのです。そして、大高城はそれも休養出来るほどの規模には思えません。
 そういう風に考えていくと今川の兵力は言われているよりも少なく、大高城、鳴海城への補給物資を運ぶ部隊を除けば、動員された今川の兵力は1万程度にとどまるのではなかろうかと考えたのです。
 私は当時の文章を読む(文字通り文字を読むこと。現代語訳ではなく。)ことは出来ませんし、一次資料を直接調査してもいないし、出来もしません。なので、他の方が調べたことを元にしていますので、これが正しいと主張する訳ではありません。あくまで、色々見た結果、私にはこう思えるということを述べたに過ぎません。
 正直なところ、義元が破れた最後の戦いの状況はやっぱりわかりません。ある程度の推測は試みましたが、結局、荒天のせいにするしかありませんでした(苦笑)。

|

« C3試乗 | トップページ | 試乗記三連発 »

戦史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桶狭間の戦い:MOY仮説(ちょっとだけゲームリプレイ風):

« C3試乗 | トップページ | 試乗記三連発 »