« 私が義元だったら | トップページ | 信長公記を読み直す »

ノスタルジックカーショー

 相方がニコンのカメラ教室の撮影会だったので、土曜日にノスタルジックカーショーに一人で行ってきました。
 行ってみて驚いたのは人が少ないことです。ビックサイトについた段階で人が余り歩いておらず、本当にイベントやっているんだろうか?と思った位。チケットは当日券しかないのですが、並ばずに買えました。
 中に入っても人は多くありません。勿論、おかげで写真は撮りやすいのですが・・・・・。キャステルの社長に挨拶した時に聞いてみたところ、ここのところ、毎年こんなものですよと言われました。うーん、そうなんですか。やはり入場料が高いせいでしょうか?勿論、車趣味の人間が減っているというのもあるでしょうが、ニューイヤーミーティングなどはもっと人が多いですからね。まあ、基本的に展示しているだけで、1800円だから・・・やっぱ高いかな?
 今回の目玉はLP400とミウラです。はい、LP400を見に行きました。カウンタック自体は時々見かけますが、ほとんどがクワトロバルボーレを始め、オバフェンの中後期型ばかりです。LP400を公道で見たことはありません。

052210ct
 今回は、LP400、LP400S、LP500Sの三台が並べられていましたが・・・・やっぱりLP400は違いますね。基本は同じ車ですけれど、別の車に見えます。ヨーロッパのS1/S2、TC/SPLがかなり違いますが、それ以上でしょう。LP400はやはり良いです。

052210ct2052210ct3

 エンジンルームを見ると・・・・やっぱり高いですね。LP500Sはリアハネが邪魔でうまく撮影出来ませんでした。えっとこっちはサイドドラフトからダウンドラフトになっているのかな?

052210400r052210500r

有名なペリスコープ。追加ミラーでもつけないと意味ありません(苦笑)。

052210ctpscope

LP500Sのフロント。荷物は入りませんね。

052210500f

 そして珍しいのがウラッコ!乗るといまいちという話も聞きますが、ウラッコもなかなか良いですし、これはカウンタック以上に見かけません。これもいい味だしていましたし、そして右ハンドルでした!いいなあ、これも。

052210uracco

052210miura

 キャステルブースのもう一つの目玉はミウラです。400S仕様でしたか?ミウラは詳しくないのでよくわかりません(苦笑)。人がそれほど多くなかった今回のショーですが、カウンタックとミウラの前だけは人だかりでした。

052210miuraf
 エンジンはこうしてみるとそう悪くはない気がします。横置きですが、バルクヘッドぎりぎりに配置していますので、重量配分だけ見れば意外と悪くないように見えます。多分、ミウラはボディ剛性の不足が最大の問題ではないかと思います。

052210miurar052210miurar2

 ディノも格好良くて好きな車ですが、今回は影が薄かったです(苦笑)。

052210dino

 キャステルの裏の目玉はストラトスのボディです。レストア途中で下地まで終わったボディを斜めにして展示していました。これは本当にまず我々が見ることはないものです。じっくり観察して撮影してきました。

052210strustos

 後、サーキットの狼のディノレーシングスペシャルを実際につくってしまおう!というもののが。雑誌でみたことがあります。今年中にはとりあえず走れる状態になるとか。

052210dinosp

 国産車勢はやっぱりというか、箱スカが中心。次がZと2000GTで正直飽きました(苦笑)。しかし、その中で光り輝いていたのは(私の目にだけでしょうが(笑))はAW!おお!!ついにAWがこういうイベントに登場する車になったのです!

052210aw
 1984年式の一型、緑メタとゴールドのツートンカラー、つまりカタログのあの写真の色です。ただ、塗装は綺麗に塗り直されていましたが、細部を見るとフルレストアというほどではありません。ま、展示販売中55万ですからね。箱スカと比べると値段の桁が違います。走行距離8.5万kmだそうですが、まあそのわりには綺麗かな?内装は綺麗に掃除をした程度でした。ホイールとマフラーはノンオリジナル。機械的な部分はわかりませんが、サスペンション周りは覗いた限りではまあまあ綺麗でしたから、そう程度は悪くはないかもしれません。
 でも、それで良かったかな?もし、フルレストア、300万!だったら、どうなっていたかを考えると(笑)。

#勿論、ピー次郎を養子に出して、我が家に招き入れていたでしょう。(^O^)

 隣にあったのは914。エンジンルームを見ると・・・あれ?エンジンがない!?と一瞬思う位、上部がすかすかで低い位置に配置されています。カウンタックと比べると大違い。うーむ、これだけは914をほめるしかありませんね。AWと並んでいましたが、見た目はぶっちぎりでAWの勝ちですが。(^O^)

052210914e052210aw914

 他は少し珍しいのが箱スカのバン。GTRが過半で、普通の箱スカもそう多くはありませんが、バンとなると珍しいですね。

052210hakosukaban

 それからKPもこういう車の仲間入りですね。出来たら、フルノーマル、フルレストアなんてKP見てみたいですが・・・・誰もやらないか。(^^;

052210kp

 それとAWの同世代(少しAWよりも上か)の初代ソアラ、Z31もありました。その間にいたのはGTRではないケンメリ。これも珍しいですね。

052210soara

 そしてヨタハチのEV。おいてあったのはEV化された車というよりもレストア途中の車、という感じでボディだけでしたが。

052210800ev

 後、ビニールレザーのシートや内装の補修のデモもやっていました。写真は撮りわすれましたが。

 ああ、忘れてはいけないロータス。キャステルブースにS2とSPL、それにエスプリ。ベンオートがエリートとS2を展示していました。ベンオートはF2を2台。一台は風戸祐が乗ったマシン。

052210elite052210f22

 そろそろ帰ろうかなと思っていたらキャステルがミウラとLP400Sのエンジンをかけて音を聞かせてくれるというのでそれを見て帰りました。ま、これは会場中の人が集まったのではなかろうかと位で、車は見えず、聞くだけでしたが(笑)。マフラーの問題もありますが、音だけならミウラの方がいいです。

 人混みが苦手なので、まあ、すいていてよかったです。ま、それでも撮影していると人が入らない、という瞬間はほとんどありませんが。

 ノスタルジックカーショーは初めていきましたが、たまにはいいですね。ただ、キャステルが出展していなかったら・・・・ずいぶん寂しいものになっていたでしょう。

 で、帰りに同じビックサイトでポルシェの認定中古車フェアをやっていたのでちょいと覗いて帰りました。

052210papc

 そうしたら担当営業氏がいてどうやら一台売りつけた様子だったので手を振って帰ってきました。

 そうしたら後で電話かけてきました。さすがだね、悪徳・・・・もとい優秀な営業は違いますね。


 

 

|

« 私が義元だったら | トップページ | 信長公記を読み直す »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノスタルジックカーショー:

« 私が義元だったら | トップページ | 信長公記を読み直す »