« 4月に雪とはね | トップページ | ズーラシア »

ゴルフ TSI Trendline試乗

 VWから担当営業が代わりましたという手紙が来ていたので日曜日に出かける前に行ってきました。相方はもうあそこにはいかないとかいっていた訳ですが、人が変わったのなら良くなるかもしれないと考えたからだです。
 新しい担当氏は第一印象わりとまともそうです。手慣れた中堅からベテランよりの人。ちょうどゴルフEの直系の後継と言えるTrendlineが日本でも発売されたばかりなのでそれを見ていたのですが、驚いたのは(いや、驚くことではないのですけど)、ちゃんと売り込んできたということです。今のゴルフを買った時はもちろんそうだったんですが、その人が異動した後の三人(三年間で三人は異動多すぎですが・・)の内の二人はそういうことはありませんでした(一人は会う前に異動。(^^;)。
 試乗車ありますよ、ゴルフEと比べるとずいぶん違いますと熱心に勧めてきます。で、当初は挨拶程度(というか人物偵察)のつもりでしたが、試乗しました。現在のゴルフは

TSI Trendline
TSI Confortline
TSI Highline

の三グレートとGTiとRの二スポーツグレード構成です。最初の三つはどれがどれだかわかりにくいので、高い方から松、竹、梅と呼びます(TrendlineとConfortlineは特にどっちがどっちかわからなくなる)。

 試乗したのはその一番安い梅です。1.2Lのロープレッシャーターボ(と書いたけど、最大過給圧は記載されていないので、ロープレッシャーはイメージで、実際にはどうかわからないことに気が付きました)。105馬力ですが、トルクは17.8kgmと1.8LのNA並です。ちなみに竹は1.4Lのターボで、122馬力の20.4kgmで、2LのNA並、松は1.4Lのスーパーターボで160馬力の24.5kgmと2.5LNA並。
  装備を見ても、梅だけ鉄チン+ホイールカバー、マニュアルエアコンで、相方の好きな革巻きステアリングではなく、樹脂のまま。メーカーオプションのカーナビもつきません(これはほとんど関係ないけど)。フォグもないし。
 タイヤは松が225/45R17、竹が205/55R16、そして梅が195/65R15です。今時珍しい65タイヤですが、これはゴルフEも同じ。薄いタイヤが嫌いな我が家にはここは高く評価されます(笑)。
 さて、試乗です。若干の違いはあるものの、ゴルフVとVIの差は中に座ってしまえば余り変わりません。発進。うん?相対的にトルクが少ないせいか、DCT系の発進時のがさごそ感が余りしませんね。進歩したのかもしれませんが。
 発進加速は・・・あら、これで十分でしょう。馬力だけみれば、ゴルフEよりも下ですが、50kgほど軽量化されたのも効いているかもしれません(ゴルフEは1320kg、梅は1270kg、ちなみに竹が1290kg、松は1340kg)。坂道でもうんうんうなって登るという感じはありません。もちろん、動力性能に余裕があるとか速いというほどではないですが、必要にして十分、でしょう。
 そして驚いたのは静かなこと。停止してブレーキを踏むとDSGのクラッチが切られるのでエンジンの振動もないし、アイドリング中は馬鹿に静かです。走っていても、ゴルフEで顕著に聞こえるごーごーというロードノイズもほとんど聞こえませんし、エンジン音もうるさくありません。無論、相対的に回転数が低いのもありますが。
 そして試しに回してみたら・・・十分な加速をしてくれます。これがゴルフEだと音ばかりで加速自体は大したことありません。そして、ここで相方から出たのが、「いい音するね」です。おお!久しぶりにでた!!相方のエンジン音評価!!確かにうるさくないし、雑味がありません。快音というほどではないでしょうが、四気筒の実用車のエンジンとして考えると確かに良い音の部類に入るでしょう。CR-Zとは比べ物になりません。
 そして乗り心地。195/65R15のタイヤが効いています。タイヤが柔らかく衝撃を吸収してくれる感じで有る程度荒れていてもいなしてくれます。これは脚もあるでしょう。ゴルフEは同じタイヤですが、実はどたどたして意外と乗り心地は良いとまでは言えません(当時のGLiの方が良かったです)。これは驚きました。エンジンもですが、タイヤ込みでボディとサスペンション含めて大きく進歩したと感じました。ただ、前に竹に乗った時にはここまで良いとは感じなかった気がします。
 DSGはレバーのマニュアル操作時の感触が違いますが、これはすぐになれるでしょう。反応などはDSG
そのものでなんら問題ありません。

 で、戻っていいですねというと、査定させて下さい、見積もりつくりますと。これから出かけないといけないのでというと、帰りにお時間ありませんか?というので帰りにまた寄ることにしました。そして、出ようとしたらフェアの景品です、夕方だと無くなるといけないのでとおまけをくれました(お弁当箱)。これも大きな進歩。いつぞやはくれと言わないとくれませんでしたからねえ。

 で、帰りに(その間に事件はありましたがそれはまた後日)、再度寄りました。担当営業氏には17時頃と伝えていましたが、それよりは早くついてしまいました。そのため、接客中で別の人が対応してくれましたがこの人もまたまとも(営業マネージャーかその類の人っぽいです。もしかすると新店長かも)。査定額は車検を通したこともあり、先日のミニよりも低いです。ま、これは今すぐ乗り換えではないので参考程度。エコカー減税が適用されるので諸費用は結構安くなるとアピールしていました。
 ただし、問題は竹との差額。本体価格は梅が257万、竹が278万で、その差19万。装備の差を考えると実際の価格差はそれほどありません。それに梅は出たばかりですが、竹は在庫もそうおうにあるので値引きもそれなりに出来ると。なので、例えば、梅に純正のアルミホイール(ディーラーオプション)をつけたりすると価格は逆転してしまいます。
 悩ましい価格設定です。GLiの時には装備差が少なかった(というか、GLiも装備が少なめ)だったので、特別仕様車のEがぶっちぎりでコストパフォーマンスが良かったのですが、今回は竹がベストです。でも、乗り味がどうか?記憶をたどるとあんなに乗り心地はよくはなかったように思います。
 前回は相方は竹に乗っていないので、乗せるのが手っ取り早いです。という訳で、本日二回目の試乗。走り出して驚きました。エンジンがうるさいのです。乗り心地もごつごつ感が出て落ちますが、それはタイヤの差で生じたと思われるものです。
 なによりうるさいのが驚きました。アイドリング中の静かさは同じですが、少しまわるとうるさいです。これはどうしたことでしょう?一番安い梅の方が高い竹よりも静かなんですから!加速性能は確かに上ですが、回しても、「音が良くない」と相方は言います。私も同感。こりゃ、車は梅がぶっちぎりで良いです。

 これはさすがに驚きました。確かに車は松竹梅あるとすると、常に松が良い訳ではありません。タイヤが薄くなったり、脚をかためていたり、重くなっていたりで、竹や梅の方が良いことはあります。初代フォーカスも1.6が一番快適で軽快で楽しかったです。しかし、この差はなんでしょう?ここまで違うのは初めてです。

 一つ想像すると梅はベースが改良されているのかもしれません。つまり、竹はゴルフ6ですが、梅はそれから改良が加えられていてゴルフ6.5位に進歩している可能性はあると思います。言い換えると松と竹も半年から一年位すると梅と同等になるのかもしれません。

 しかし、ともかく、現段階では、ゴルフを買うなら梅です。たとえ、装備がしょぼくても。車自体が余りに違いすぎます。

 営業氏は買うなら早い方がいいですよと攻めてきます(これも最近ここではなかったこと)。とはいえ、すぐにどうこうではないので、撤退しました。しかし、帰りに相方が梅は良かったねえと改めて評価していました。

 なお、ここまで書いてシートヒーターの話がでていないのを不思議に思われたかもしれません。シートヒーターがないと駄目なんだから、竹や梅では駄目だろう、と思われたでしょう?しかし、今回、実は後からシートヒーターを組み込めるということがわかりました。部品をとってつけるのが社外品かは詳細は聞きませんでしたが、ともかく、つけることは出来るということです。先代の担当営業氏からはそんなことは一度も聞きませんでした。どのディーラーにいってもシートヒーターはないのを言っている我が家ですが、後付してくれると言ったのはここだけです。

 シートヒーターがつけられるのなら、後は我慢出来ます。相方は樹脂のステアリングが悩ましいようではありますが。他はつけようと思えばつけられるものばかりですから。もっとも、竹よりも高くなりますけどね(笑)。

 いやあ、ともかく驚きました。ゴルフ6の梅、恐るべしです。実用車を求めているのなら、是非試乗して見て下さい。装備に拘らなければこれは買いです。担当営業がまともになって、店長も交代したのかお店の雰囲気も買ったので、あれだけ嫌っていたVWですが、相方は、今、真剣に悩んでます。車検通したばかりというのはあるのとやはりなんだかんだいって愛着があるので、いつ踏み切れるかはわかりませんが。でも、今度買い換える時にはまず90%以上の確率でゴルフ6梅で決まりでしょう。もし、同等の特別仕様車が出たら、即決だと思われます。

|

« 4月に雪とはね | トップページ | ズーラシア »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフ TSI Trendline試乗:

« 4月に雪とはね | トップページ | ズーラシア »