« まだまだ桜 | トップページ | 4月に雪とはね »

花菜ガーデン

 平塚に出来た花菜ガーデンに先週の日曜日に行ってきました。小田原厚木道路の平塚ICからすぐそばです。
http://www.kana-garden.com/
 相方は気に入ったようでしたが、私はわざわざ来るほどのものかなとも思いました。人工的に作り上げたもので、まだ、植えた木も成長していません。結果、鳥もほとんどいません。
 農作物を見せるために植えているのがここの最大の特長です。色々な農作物の花を見ることが出来ます。種類によっては畑にいけば見られるものもありますが、生産している畑に入って撮影する訳にはいきません。そして、花が咲く前に収穫されるものも多いので、この点は良いと思います。
 後は温室はありませんが(無くはないものの、農作物用で現状、非公開)、屋内の展示スペースで色々週替わり位で展示しています。いった時には多肉類(要するにサボテンのたぐい)でした。
 まあ、でも、平塚までいかなくても近所に無料の公園がありますからね、どうなんでしょう。ま、相方が行きたいというのでまた行くことになるでしょう。なお、隣接している農協の直売所は値段が高くて相方はパスとのこと。後、お昼はここで食べました。味はまあまあですが、値段は別に安くはありませんね。高いというほどではないですが、セルフサービスであることも考えるともう100-200円は安くてもいいのでは?近所の良くいくイタリアン(というよりもイタリア食堂というのがしっくりくる)のお店と値段はそう極端に違いませんから(もっともこっちが安いという話もある)。

 写真は最初は私はニコンの60マクロmm、相方はタムロンのマクロ90mmマクロを使っていましたが、相方がなんか使いにくいというので交換しました。このタムロンの90mmをちゃんと使うのがこれが始めてでしたが、使ってみたら、結構いいです。AFはダメロンですが、MFが非常にやりやすいのです。後で気が付きましたが、フォーカスリングが(有効範囲で)ニコンは1/2周なのに対して、タムロンは3/4周回ります。つまり、タムロンの方がステアリングギヤボックスのギヤ比が低い(用語が違う!(^^;)ので、微調整がやりやすいです。これが同じタムロンでも28-300mmだとギヤ比が高くて微調整がやりにくいですが。
 という訳で、ほとんどはタムロン90mmを使ってMFで撮影しました。三脚もかかえていきましたが、どうせ風があった被写体が動くのであきらめて手持ちで撮影しました。相方は3Dトラッキングを使って被写体ぶれに対応したそうですが・・・D40にはそんな機能はない!靴が人に合わせるのではなく、人が靴に合わせるのだ!(^O^;

 描写の違いは私にはよくわかりません。同じ被写体を撮り比べていないので正確な比較も出来ません。が、強いて言うのなら、ニコンの方がかりっとしているというか、硬め?なのに対して、タムロンの方が柔らかい感じは受けます。

 写真そのもののは・・・それなり?被写体も人も動くのでフォーカスが合わないことが多々ありました。昼間なのでシャッター速度は速いのでぶれた写真はほとんどありませんが、マクロで近接射撃しているのでちょっと動くと(被写体か人間が)、期待していたところではないところにフォーカスポイントがずれてしまいます。これは仕方ないです。

ニコン60mm
041110keaikatafuu041110hanabatake

タムロン90mm
041010midori041110midori2041110kiirohana041110ringo1041110ringo2041110midoriaikatafu041110siro2041110daikon041110mame041110mame2041110kiui041110daikonrui041110murasaki041110popi1041110popi2041110popi3041110me

|

« まだまだ桜 | トップページ | 4月に雪とはね »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花菜ガーデン:

« まだまだ桜 | トップページ | 4月に雪とはね »