« 現代音楽を聴く | トップページ | 望遠の悩み »

大船フラワーパーク

 先週の土曜日に相方のD90デビュー戦にいってきました。特別ゲストに義父も参加(笑)。

 ちょっとお昼を食べるのに手間取り、到着したのは15時。なんと2月までは16時で閉園。という訳で一時間弱しか撮影出来ませんでした。おまけに肝心の梅は西側に並べられており、逆光と日陰(西側に建物が隣接している)。しっぱいです。ここは朝こないと駄目ですね。

 

義父の銀塩の古いマニュアルカメラを借り受けているのですが、義父は義弟が使わなくなった銀塩の一眼レフをもらって使い出しています。しかし、何せ、フルオート・・・・ではなく、フルマニュアル世代なので、AFのあるカメラが使いにくく、また、ズームレンズもわかりにくいと言っていました。それで、元のカメラとほぼ同じ50mf1.4の単焦点レンズを買ってズームレンズと交換してみました。その練習です。
 義父の話から先にするとほぼ前と同じように使えるようになったと好評です。AFありますが、勿論、MF。絞りもシャッター速度も全てマニュアル操作しています。カメラはペンタックスのMZ-3というもので、レンズにちゃんと絞りリングがあるので、昔と同じように操作出来ます。
 AFの方が楽なんですが、敢えてMF、敢えてフルマニュアル操作。これは車のMTとATにつながるものがあるのでしょう。義父からするとこの方が楽だし、操作も簡単、そういうことです。ABSのついたエリーゼS2というところでしょうか?

 さて、相方のD90ですが、一応、別個人なので勝手に撮影した写真をここに貼るのはやめておきます。18-105mVRで撮影した割には手ぶれが結構起きていました。まあ、手ぶれという程度以上に動かしてしまったのでしょうね。それでも本人が納得できる写真もある程度は撮れたようです。シャッター速度を落として流れる水を撮影するのが気に入っているのですが、そろそろNDフィルターが必要そうです。67mmならタムロンA20と共用出来るので一つ買ってきますかね。

 さて、私。もちろん、D40。そして気が付いた方がいらしゃったかどうかわかりませんが、相方D90とD40を並べて撮影した写真をよく見ると・・・・D40にはマクロレンズがついています。ニコンのレンズキャッシュバックキャンペーンにつられて買ってしまいました。(^O^)
 という訳で、AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G EDのデビュー戦です!一言で言えば・・・難しいです。私の大好きな近接撮影が出来ますが、写界深度が浅いので、ちょっと動くとフォーカスを合わせたいところからずれます。三脚必須・・・です。とはいえ機動性に欠けるので、とりあえず一脚を日曜日に買ってきてみました。
 うまくい撮影出来れば、これぞマクロ!素晴らしい!最初からこれ買えば良かった!まあ、本当は105mmが欲しかったのですけど・・・・高いのと重いのでやめました。特に重さがね・・・・。D40本体よりも重たいのは(苦笑)。
022010tsubomi
022010tsubomi2
022010ume1
022010ume2022010ume3

 とはいえ、タムロンも今回は結構がんばりました。やや離れた枝の先の河津桜や鳥の撮影で活躍しました。鳥は今回はうまくフォーカスもあっていましたし。
022010ume5
022010ume4
022010sakura1
022010rori1022010rori2  
300mmでも離れるとこんなもの(IFの罠もあるけど)。これじゃあ足りません。
022010rori3 
トリミングで拡大するとこんな感じ。まあまあフォーカスもあいました。え?これであっているの?って??いやあ、これ以下のがいっぱいあるので(苦笑)。これでうまくいった方なんです。腕が悪いのか(それは勿論ある)、レンズが駄目か(それもありそう)、D40の限界か(これはないと信じたい)、わかりませんが。相方のD90+A20で撮影してどうか、です。それでうまく撮れたら・・・・ちょっと悲しいかも・・・・。
022010rori3s

 ああ、しかし、レンズが増えていく・・・レンズ泥沼にはまっている・・・・。次は望遠が・・・・やっぱり300mmでは不足するから、500mm級が・・・せめて400mmを・・・でも、でかいし、高い・・・・。

|

« 現代音楽を聴く | トップページ | 望遠の悩み »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大船フラワーパーク:

« 現代音楽を聴く | トップページ | 望遠の悩み »