« ニュウニュウ(牛牛) | トップページ | 初梅撮影 »

高速道路?無料化

 高速道路無料化実験の路線発表されました。この辺では
 新湖南バイパス
 西湖バイパス 
 箱根新道
 八王子バイパス
 中央道の大月JCTから須走(富士五湖道路へつながる枝線)
 というところです。えっと、高速道路、ですか?これらは?まあ、定義にはよると思いますが(有料道路、高速道路、自動車専用道路)、高速道路と言えば、基本的には制限速度は100km/hの道を連想すると思います(首都高環状線は60km/h、中央道は80km/hだけど)。少なくとも長距離走れる道、でしょう。これらは、最後の大月JCTから須走を除けば、独立した道路で、そのほとんどに「バイパス」とついているように、建設費の回収のために有料化しているものの最終的には無料化されるべきもの(まあ、高速道路もそういう建前なんですけど)でしょう。実際このレベルの道路で無料化されたものはあります。
 実験とはいえ、これ、高速道路の無料化と言えるのでしょうか??

 これらを無料化するのなら、箱根スカイラインや富士五湖道路もすれば良かったんですが・・・・管轄が違うのでしょうか?そういえば、箱根スカイラインは静岡県道路公社だったかな?

 まあ、これが高速道路の無料化と呼ぶにふさわしいかどうかは別にして、これらを無料化するのは、高速道路無料化に反対している私も賛成です。これらは、確かに一般道の交通量を散らす効果はあると思います。勿論、保土ヶ谷バイパスのように渋滞する可能性もありますが、とはいえ、その分、併走する一般道の交通量は減るでしょう。ま、ターンパイクからは営業妨害と言われるかもしれませんが、逆に渋滞が嫌ならターンパイク、というのが更に定着するかもしれません。

 これらを誰が選んだのか知りませんが(民主党の人間なのか、官僚なのか)、考えた人はほめましょう。これ、正解です。

 しかし、マニフェスト違反には違いありません。6月からこれを実施して、ETC1000円はやめるそうですから、過半の人にとっては道路は安くならずに高くなるでしょう。自民党時代よりもトータルで見れば、有料道路代の負担額は増えると思われます。ETC1000円による経済効果はプラスとマイナスがあった訳ですが、これでトータルどちらにころぶでしょう?

 私は無料化反対ですから、これはこれで正しいと評価します。そもそも渋滞がひどくなるから都市圏は無料化の例外というのがおかしいでしょう。無料化して意味がある道路は渋滞が酷くなる道路です。無料化して渋滞が酷くならない道路は・・・・元々いらなかった道路ということになりませんか?それこそ仕分けで廃止しては(笑)。
 なんだか、これだと都市部の道路で稼いで、地方に無料道路をつくるという仕組みにも見えてきますが?

 少なくとも、都市部の道路整備は進めるべきでしょう。渋滞緩和=CO2削減ですよ?
 地方と地方を結ぶ道路の利用促進はCO2削減に反します。政府が25%削減を掲げるのなら、むしろ、公共交通機関の利用促進を行うべきでしょう。

 相変わらず、戦略なくマニフェストであり、ちぐはぐなままです。

 高速道路は有料が正しいです。どれだけの料金を徴収するのが妥当かという議論は必要ですが、通常の交通機関では特急は別料金ですから。無料化というのなら、バイパスやトンネル、橋の類でしょう。それらは必要性を適切に判断した上で、一般道として整備されるべきです。

|

« ニュウニュウ(牛牛) | トップページ | 初梅撮影 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

マニフェストに掲げていた「暫定税率廃止」がなくなった今高速を無料化するのは矛盾していないでしょうか。 長距離を走る分それだけガソリンはかかるわけですから。 そもそも高速の意味ってなんでしょうか。  お金を払ってまで早く目的地へ行きたい という人が利用するものではないでしょうか。 ただ渋滞が分散されるというのは利点ですが、もし無料化してしまったら高速も今以上に渋滞することは目に見えており早く目的地まで行きたい人達にとっては困難になってくるのでは。 そもそも去年ETCで割引を行ったでそれを購入した人達はETC自体がかざりにすぎなくなってしまう。 経済効果があがるなど賛否両論だと思いますが自分も高速無料化については反対です。 どうせまた税率を大幅にあげたりするなどで補うんですから。

投稿: たぃ | 2010年2月 4日 (木) 11時55分

 元々都市部の高速道路の無料化はしないといっていますので、ETC自体はかざりではないでしょう(従来、都市部では普及していても地方では余り普及していないようですし)。暫定税率廃止も私は反対というと少し違うのですが、少なくとも単純廃止は反対でした。結果、民主党が夢想していたようなことはやはり出来なかったということです。
 利益者負担の考えから高速道路の無料化はおかしいと思います。ただ、今回無料化の対象になった道路は通常の道路の延長線上になるようなものが過半なので、これは一般の国道扱いで無料化でも問題ないと思います。なので、今回の対象を決めた日とは評価します。

 暫定税率については以前も述べたように自動車関係の税金は全て燃料課税に一本化すべきだと考えます。それが一番公平ですし、CO2削減対策にもなります。メーカーもカタログ燃費ではなく、実用燃費の低減を追求するようになるでしょう。

投稿: MOY | 2010年2月 5日 (金) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路?無料化:

« ニュウニュウ(牛牛) | トップページ | 初梅撮影 »