« | トップページ | VSCの標準化を! »

AW車検へ

 AWを車検に出してきました。もうすぐ25歳です。最近、車検は特に何もなくまるで初回車検のような状態が続いていたのですが・・・・今回は事件続発(苦笑)。
 まずは、行く前から。エンジンをかけようとしてキーを回したら・・・ありゃ?反応がない。メーターも動きません。バッテリーか根本のヒューズか?ヒューズが突然切れるとは思えないのでバッテリーなんでしょうが・・・・にしても、メーターの照明もつかないとは?
 テスターでバッテリーの電圧を測定したら・・・4V(苦笑)。バッテリー上がりです。で、ピー次郎で救援。ケイマンにエンジンかけもらうAW・・・・・・あ、別にいいのか、これは。年寄りが若者に助けてもらうんだから(笑)。ちなみに引っ越ししていたらケーブルを使っていなくて、ケーブルが見つからず、小一時間探し回りました(苦笑)。エリーゼがいなくなって、出番がありませんでしたからね。エリーゼは冬場よくバッテリーがあがっていましたが。
 で、エンジンかけて車庫から出して、しばらく充電させるためやむなくそのまま待機。このままいって、もし、ストールしたらまた動けなくなりますからね。地球に優しくないけど、仕方ありません。あ、バッテリー上がりの原因はハザードのスイッチがオンになっていました。なんでこれで気が付かなかったのか??不思議です。
 そして、頃合いを見て、ディーラーへ。ええ、AWの車検は今でもネッツで、普通にやってもらっています。担当営業氏といつものようにあーだ、こーだと話をしてしまいました。こことポルシェの営業氏とは行くたびに色々と話し込んでしまいます。一見効率悪いように見えるかもしれませんが、こういうのは「営業」には大切なことだと思います。なかなかこういう人いないんですよね。VWの最初の担当営業の人なら同じだったと思いますが、異動してしまったのが残念です。話の途中で一緒についてきた相方が癌が見つかってご臨終になるかもしれないよと何度も言います(苦笑)。まだ、大丈夫、それにその時は車庫で保管する!と言い返すと、営業氏は、街乗り用に、MR-S探してきますから買いましょうと言います。彼、去年、中古車担当に変わったんです。買う気がないとわかっていても、とりあえずこれ位は言いますよねえ。これを言わないような営業も多くて。
 そろそろ帰らないとと思ったら、ちょっと待ってと。会話していた間に、簡単にチェックが終わって見積もりが出てきたのですが、マスターシリンダーにクラックが入っていてフルードが漏れているとのこと。修理は勿論、やってもらうのですが、部品がいつはいるかわからないと言われてしまいました。(^^;正確に言えば、日曜日なので、在庫があるかわからないということではありましたが。でも、最悪長期待機可能性もあります・・・・うーん、25歳を感じてしまいますね。

 なお、今回の車検で一気に足回りを整備・・・・も考えていましたが、部品の準備にかける時間がなく、見送り。とはいえ、そろそろ部品もやばいので、そろえてもらってまた今年中にやりましょう。ダンパーは純正品は欠品なのがいたいですが・・・。

 さて、どれ位で帰ってくるかな?昔、スロットルボディ待ちで一ヶ月というのがありましたが・・・この時は動かない訳ではなかったので一度引き取って入荷してから再入庫でした。ただ、今回は車検なので、交換しないと通りません。すると一度引き取るとしても、車検が切れる前に再入庫させないと。

|

« | トップページ | VSCの標準化を! »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AW車検へ:

« | トップページ | VSCの標準化を! »