« 候補になり損ねた車 | トップページ | 初雪 »

DCTと呼びます

 従来、電制MTと呼称していましたが、シングルクラッチはMTのクラッチを電気制御しているのでその名にふさわしいですが、ダブルクラッチはMTとは異なる構造であるため、ふさわしくないと気が付きました。略称は各社で異なるのですが、一般名称として、DCT=Double Clutch Transmissionを使用することにします。DSGだ、Sトロニックだというのは今後はDCTと呼びます。細かいことを言うとDCTは特定メーカーのこの手のミッションの名称ですが、私個人が通称として使うのにもっとも適切な略称だと考えるので、使わせてもらいます。
 では、SMGやセレスピードなどのシングルクラッチは?これらは従来通り、電制MTと呼びます。
 広義の意味でのATには、DCTも電制MTもCVTもトルコンATも含まれます。電制MTをMTに含めている場合もあるようですが、私は含めません。ある例外を除いて、MTとは自分でクラッチを踏んでシフトレバーを操作し、アクセルペダルで回転を合わせつつ操作するものです。ただし、広義の意味でのMTには、オートモードを持たない電制MTを含めます。クラッチレスMTと呼んだ方が良いかもしれませんが。といっても、実例はレーシングカーかそれに類するものを除けば、MR-S位しかありませんが。MR-Sのあれはアクセル操作=スロットルの制御はやってくれますが、ギヤの選択はすべて自分でやらなけれなりません。相方でも操作出来ますので、これが普及していれば、私はこれを選びますが(クラッチ無しのミッションの中では)・・・まあ、今更普及することはないでしょうね。

 しかし、どのようなDCTであっても、やはり、純粋なMTには勝てません。変速速度や効率は勝るでしょうけれど、自由度の高さでMTに勝るものはありません。だから、私はやっぱりMT!

|

« 候補になり損ねた車 | トップページ | 初雪 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DCTと呼びます:

« 候補になり損ねた車 | トップページ | 初雪 »