« うちベン | トップページ | 幼稚な人たち »

小沢を援護!?

小沢問題で、支持率が下がりましたね。まあ、それは当然でしょう。ただし、水谷からの金が事実でないと記載漏れに等しい問題であるのも確かで報道の姿勢が問われる部分もあるように思います。
 小沢から借りて返したようですので、それ自体は合法です。小沢のその金の出所は不明ですが、現状、黒、とは言えないでしょう。制度や法に不備があるのであって、彼が主張するように彼自身は現行法に反することはしていないのでしょう。
 例えば,議員本人から自分の政治資金管理団体への寄付は制限されていますが、貸し付けには制限がありません。4億貸して、後で返してもらっていて、それを記載しなくても、これはミスだった、訂正する、で現状通っているのです。それが通るのは法の趣旨からするとおかしいとは思いますが。
 また、資産公開の対象は普通貯金やたんす貯金(現金)は含まれません。ですので、小沢は過去に受領した違法献金や賄賂を現金で保管しておき、それらが時効を迎えた後に、貸し付けたなら、それは、違法ではありません、現状は。
 小沢は法に触れないように運用は注意しているように思えます。ここでいう「法に触れない」は法律に書かれていることに反しないという意味であって、法の精神や趣旨などは気にしていないと思います。十分に法律を研究し、抜け道を探してやっていると思います。

 今回は、小沢から借りたことを何故記載しなかったか、何故隠そうとしたかた疑惑を読んでいます。検察は元のお金が違法なものだったからではないかと考えているようですし、マスコミや野党もその疑いを主張しています。しかし、それが証明出来なければ、記載上の問題に止どまります。
 別の言い方をすると小沢側、小沢秘書らの対応がもう少し良ければ、逮捕すら免れていた程度の事件であるともいえます。週刊誌などで最初に疑惑が報道された段階で、指摘されている点について調べたら、記載漏れが見つかったので訂正した、と早々にやっておけば、言い逃れ出来たでしょうし、石川元秘書の逮捕はなかったと思います。勿論、違法献金の証拠が見つかれば別ですが。

 なんにしても、4億円が小沢側が主張するように小沢自身の資産(元々の出所は別にして、現段階では違法性の無いお金)だったとすると、今回のは故意に記載しなかったにせよ、元々のお金の流れ自体は現段階では違法ではありません。
 それに比べると鳩山首相の事件の方が悪質であり、違法性が高いです。あれは、親族からの違法献金を合法な個人献金に偽装したものです。鳩山首相はお金自体に違法性はないといっていますが、そんなことはありません。借り入れだったと主張したものの、認められないのなら贈与にして、しかるのちに鳩山首相からの貸し付けという形にしています。
 つまり

 首相の母親->政治資金管理団体への違法献金->個人献金に偽装
       |
       V
 首相の母親->政治資金管理団体への貸し付け->個人献金に偽装
       |
       V
 首相の母親->首相への贈与->政治資金管理団体への貸し付け

という風にかわっていっています。もし、最初から違法献金でないのなら、何故、政治資金管理団体への貸し付けだったとそのまま主張しなかったのでしょうか?首相は関与していなかったのでしょう?そうであれば、何故、知らない間に貸し付けられたお金を自身への贈与にするのでしょうか?不思議です。
 これと比べると小沢の件は、実際のお金の流れも形式上のお金の流れも同じです。ただ、記載しなかっただけ。同じ虚偽でも、ミスだと言い張れなくもありません。しかし、首相の件は、明らかに事実と異なっている点が複数あるので、ミスであるとは主張不可能です。更に実際には違法献金とそれを隠すための偽装です。

 私は、今回は検察は違法献金までたどりつけないのではないかと思っています。小沢の事情聴取受諾で、虚偽記載(故意に記載しなかった)に止どまるように思えます。ただし、これは違法な献金はなかったと主張している訳ではありません。あくまで立件に足りる証拠にはたどりつかないだろうという意味です。少なくとも時効が成立していない、規制に引っ掛かるようなものは、証拠は残っていない・つかめないのではないかと思うということです。

 全体を見れば、鳩山首相よりも小沢の金の流れの方が道義的には悪いでしょう。法的には鳩山首相の方が悪質ですが、お金自体は確かにみうちの金です。しかし、小沢側はそうではないでしょう。無論、父親の遺産はあったかもしれませんが、それはいつの話でしょう?あれだけ長く政治家を続けていて、その遺産が残っているのであるとしたら、それこそが、歳費以外に大きな収入源があったことの証明ではないでしょうか?世田谷の自宅の資金はローンを組んで、歳費や著書の印税で支払ったのでしょうか?

 今回の私の主張をまとめると以下の通りです。
1.現行の法や制度に大きな不備がある
2.法的には小沢よりも鳩山首相の方が悪質
3.道義的には小沢側がより悪質

 国会に自浄作用があるのなら、政治資金規制法を改正し、政治家本人や親族からの貸し付けを禁止または制限すべきです。そして貸し付けを行う場合にはきちんと契約書を作成し、返済義務も明記すべきです。そうでないと事実上の本人からの制限を越える献金となんら変わりがありません。

 小沢はある意味、自分を崇拝しすぎた無能な秘書に足をすくわれたとも言えるかもしれません。実際に違法献金を隠す意図があったにしても、小沢から借りて土地を買って、後で返したという記載にしておき、定期を担保に銀行から借りるようなことをしなければ、この問題は起きなかった(発覚しなかった)と思いますから。

|

« うちベン | トップページ | 幼稚な人たち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢を援護!?:

« うちベン | トップページ | 幼稚な人たち »