« AWで箱根へ | トップページ | 風見鶏ですらなく »

社会見学?それとも・・・・

 小沢幹事長が大量の新人議員を含む総勢約600人で訪中しているそうで。小沢先生が新入生を連れて社会見学に行ったというところでしょうか?鳩山校長はなんで許可したのかなあ(苦笑)。
 別に訪中してはいけないとはいいません。中国は同盟国とは言えないですが、経済的にも政治的にも重要な国ですから。でも、年末のこの時期に与党の国会議員を多数引き連れていきますかね?色々と勘ぐられたり、批判されるのは必至でしょうに。私は今は反小沢ですから、勿論、行くべきではなかった、少なくとも随伴は少人数でよかったと批判しますよ。大昔は小沢を支持していたこともあったんですが・・・・・。

 一方、校長・・・じゃなかった首相のリーダーシップの無さにもあきれかえります。彼は何かしたのでしょうか?CO2を25%削減しますとか友愛だとか演説しただけ?個々の問題について、どれだけ、彼が、こうする、と決めたのでしょう?言動が野党時代と変わるのは良くはないですが、まあ、彼でなくてもある話です(与党から野党になった人等にも似たようなことはありますから)。ですが、与党になって、首相になってからも、言動に一貫性がありません。普天間問題一つとっても、何も決められません。そりゃ、所詮、傀儡に近い・・・傀儡は言い過ぎでもお飾りに過ぎない・・・もっと酷いか?・・・ので仕方ないのかもしれませんが、とはいえ、一応、首相なんですから、こうする!こうしろ!があってしかるべきでしょう。
 Aといっているかと思ったら、誰かに何か言われるとやっぱりBだという。そういうのが多すぎます。これが「友愛の精神」なんでしょうかね。敵の言論は厳しく批判しても、味方の言論にはまっこうから反対したりしない。これが「友」「愛」ということでしょうか(笑)。

 普通ならもうこの政権は長持ちしませんが・・・・まあ、何せ、安定多数の衆議院があります。不安定連立とはいえ、それも来年の参議院選挙までの話です。勝てば両院で安定しますので連立は不要。負ければ、連立組んでも過半数に届かないので連立は不要です。民主党が敗北し、国民新党と社民党がのびることは考えにくいですから。勿論、自民党や復活するかもしれない公明党の連立はまた別の話ではありますが。

 まあ、それを考えると参議院選までのらりくらりとやり過ごすつもりなのかもしれません。でも、首相はある意味誰でもいいので、民主党政権は後4年間は続いても、鳩山政権が続く保証はどこにもありませんよ(苦笑)。

 

|

« AWで箱根へ | トップページ | 風見鶏ですらなく »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会見学?それとも・・・・:

« AWで箱根へ | トップページ | 風見鶏ですらなく »