« がたつくリアハッチ | トップページ | 銀塩カメラは難しい »

ピー次郎、初箱根

 ピー次郎で一人で箱根にいってきました。とはいえ、昼間で車も多く、夜遊びのような話は出来ませんでしたが。ターンパイクを上って、芦ノ湖スカイラインへ入るお大尽コース?です。
1106099872
 富士山は見えていましたが、下側に雲がかかっていました。まあ、これはこれで良かったです。紅葉というよりはまだススキでした。
11060998711106099873 110609fuji2 110609susuki0 110609susuki1 110609susuki2

 さて、問題のピー次郎の走りです。一言で言うと、変、でしょうか?違和感、でもいいかもしれません。動力性能は我が家歴史上最強でしょう。エンジン自体はピー太郎と同じですが、トルコンATとMTの差、それと40kg軽いため、ピー次郎の方上です。111Sもパワーウェイトレシオ/トルクウェイトレシオでは勝っていますが、排気量の差、馬力・トルクの絶対値の差があるので、ここでの走りでは、ピー次郎=ケイマンが上に思えます。
 ただし、ギヤ比の問題があり、実はATの方が2速3速が低いため、ピー太郎では芦ノ湖スカイラインでも2速と3速を使い分けて走ることが多かったのに対して、ピー次郎はほとんどが2速でたまにしか3速に入りません。だから、ほとんどは2速にいれたままブレーキをちょんちょんと踏んで走る、オートマ運転です(苦笑)。
 70%程度のペースに過ぎないので、全力で走るとどうなるかはまだわからないのですが、その範囲内では、ほぼニュートラルステア。アンダーが出ることもなく、オーバーが顔をちらつかせることもありません。これはピー太郎も同じ。
 でも、なんというか、挙動変化が大きく感じられます。ロールやピッチングの絶対量は決して多くはないはずなんですが、感覚的には重さを感じるというか、ぐら、ぐらっと動くような気がします。
 そして、足が柔らかすぎるようにも思います。私が足が柔らかすぎるなんて評価するのはレンタカーでも借りて乗った時でないとまずないのですが(大概、硬すぎると思う)、ここで、こうやって走ると、柔らかく感じるのです。これは挙動変化が大きく感じるせいかもしれません。
 それから普段は気にならないのですが、こうやって走るとステアリングインフォーメーションが希薄に思えますし、パワステのアシスト量も過大に思えます。アルテやロードスター(NA8C)と比べればましですが、111Sよりも劣りますし、AWとSWには遙かに及びません。
 結果、速いけど、駆け抜ける喜びに欠けています。正直に言えば、ピー太郎=ボクスターの方がここではよかったです。ATのため、シフトダウンのタイミングがずれてそれが怖くてペースがあがりませんでしたが、それを除けば、ピー次郎よりは良いです。オープンに出来るし、踏みつけて回していけば、音は結構良いですから。ピー次郎は音はピー太郎に劣ります(勿論、AWには及びません)。
 それと町中・高速ではあれだけ乗り心地に不満の出るピー太郎でしたが、箱根ではまったく気になりませんでした。逆にピー次郎はここの方が乗り心地に不満が出ます。ギャップを乗り越えた時の衝撃の収まりは良くないし、路面のうねりでふわふわする感じもします。

 箱根だけ考えれば、MTのボクスターの方がケイマンよりも良い、そう思えました。ただ、これは実際にはペースが違ったのかもしれません。ドライバーが同じように70%程度のペースで走ったつもりでも、動力性能に勝るMTのケイマンはATのボクスターよりも実際の速度が速く、それ故に姿勢変化が大きくでたのかもしれません。ボクスターで同じ速度で走ると更に姿勢変化は大きかったのかもしれません。

 とはいえ、ギヤ比が違うとはいえ、ボクスターでは2速3速使い分けて走れたのにケイマンでは3速に入れられない、挙動変化も大きい、この差は、楽しさ、という点では大きなマイナスです。

 本来は音を除けば、ケイマンが圧倒的に上のはずなんですけどね。うーん、夜遊びにいってもっとまじめに走らせないと真価を発揮出来ないのでしょうか?まあ、111Sも昼間、こういう時だとペースが遅すぎて余り楽しくなかったといえばそうなんですが。なにせ、SWの全開に近いペースと同じペースで鼻歌混じりで走れましたから。ケイマンも汗かく位の運転をしてみないと、本当に足が柔らかすぎるのか、挙動変化が大きいのか、それはわからないのかもしれません。

 でも、やっぱりなんか変。ボクスターが町中・高速では乗り心地が良いものの、お山にくると足が柔らかく、挙動変化が大きくて、いまいち。ケイマンが町中・高速では乗り心地が悪いものの、お山にくると見違えるように生き生きと走る。これが本来あるべき姿ではないかと思うのですが・・・・それが逆だというのは?

 それとも音でだまされているのかな?ペースは実際には遅くても、踏んでいるとそれなりの音がするボクスターと、ペースは速いけど、音はいまいちのケイマン。その差で、ボクスターの方が良かった、そう思うのかもしれません。

 もっとも、だからといって、ボクスターのMTに、とは思いません。少なくとも987はありえません。あの乗り心地はもう戻れません。ケイマンですら、慣れて、乗り心地に不満が出てきつつある位ですから、今、ボクスターに乗ったら、試乗程度でも耐えられないかも(笑)。

 ま、また行ってみましょう。出来たら、今度は夜に行きたいものですが・・・・無理かなあ。

|

« がたつくリアハッチ | トップページ | 銀塩カメラは難しい »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピー次郎、初箱根:

« がたつくリアハッチ | トップページ | 銀塩カメラは難しい »