« 残念無念 | トップページ | がたつくリアハッチ »

富士ハーネスの里、三周年イベント

 文化の日に行ってきました。お天気がよく富士山がきれいに見えていました。
110309987fuji

 三周年記念なので普段と違うプログラムです。まずは災害救助犬のデモ。ここは盲導犬の施設ですので、勿論、これは違うところで育成しています。デモといっても、実際には災害救助件の訓練のデモです。基本は同じ。まずは遊んであげること。そして、人間(捜索目標)がいる場所で吠えるように訓練していきます。犬は単に吠えればおもちゃで遊んでもらえるので吠えるのであって、訓練といっても、人間の訓練とは違いますが(これは盲導犬も警察犬も麻薬捜査犬も働く犬は皆同じ)。
 最初はとにかく人のところに行かせて吠えたら遊んであげます。次にうずくまって動かない状態でも人のところに行って吠えるようにします。そして今度はテントのようなものの中に隠れます。最初は入っていくのを見せます。当然、犬はそこへ向かっていって吠えます。次はどこに入ったかを見せないで同じことをします。今回は二つあったのですが、犬は順番に探していたら吠えます。これを繰り返して、災害の時に人間からは姿が見えない人を探すことが出来るようにしていきます。
 今回やってきたのはボーダーコリー。なかなか賢そうな顔をしていました(ま、人間の主観ですけどね)。
110309bcorry1 110309bcorry2 110309bcorry3 110309bcorry4 110309bcorry5 110309bcorry6

 次は盲導犬のデモ。通常なら、盲導犬はこういうもので、こういう風に働きますという紹介をしますが、今回はこちらも訓練のデモです。普段はPR犬という盲導犬には何らかの理由でなれなかった犬の中で、ここや色々なイベントにでかけていってPRする犬が登場しますが、今回は訓練中の候補生が四人・・・じゃない四頭登場しました。まだ、訓練中なのと今日は大勢の人が見ているので少々集中出来ない場面もありましたが。
 普段は階段ではこういう風に段差を教えますというデモですが、今回は人間側が犬に階段ではこういう風にするのだよと教えるデモなどがありました。室内で人が多かったこともあり、写真はうまく撮れませんでした。

 そしてその後はいつものように引退犬やちょうど先月生まれた子供らを見ることが出来ました。子犬は実は二週間前にも見に来たのですが、その時にはまだ外には出られず、ようやく自分で歩くというか、はいずり回る程度でしたが、二週間経ったらちゃんと歩き回れるようになっていました。もう一ヶ月ほどでここからパピー(盲導犬幼年学校生徒というところでしょうか)としてパピーウォーカーさん(盲導犬候補生の育成のボランティア。一歳まで過ごしてそれから、士官学校・・・・じゃない訓練所に入ります)のところに依託されていきます。
110309koinu1 110309koinu2 110309koinu3 110309koinu4 110309koinu5
 デモで出番の無かったPR犬もふれあいでPR。
110309colk1
 こっちは観客犬ですが、おじいさん顔だったので撮影。でも、実際はおばあさんだったはずです。(^^;
 110309jiji
 お昼を挟んで午後にもプログラムはありますが、我が家は渋滞を避けるため撤退しました。そのまま帰るにはちょっと早いように思ったので、富士山の五合目まで行ってみようと思いました。しかし、途中から雲が出てきたというか、雲の中に入ってしまい、おまけに後800mで渋滞してとまってしまったので、断念して引き返しました。外気温は-2度でつらららしいのも外には見えてました。(^^;

110309turara
 東名はまだ渋滞はなく、まずまず順調に帰ってきました。インターチェンジを降りたところで、珍しい車を見ました。

 ランチャベータモンテカルロです。前にもこの車、近所のオートバックスで見かけたような気がします。ナンバーまで覚えていませんが。
110309beta

|

« 残念無念 | トップページ | がたつくリアハッチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士ハーネスの里、三周年イベント:

« 残念無念 | トップページ | がたつくリアハッチ »