« 銀塩カメラは難しい | トップページ | 山中湖の紅葉は終わり »

レクサス LFA

 この前・・・去年まではLFAには興味はほとんどありませんでした。FRですし、見た目も好みではありませんでしたから。どうせ、豪華GTでしょう?と思っていましたし。
 ところが、この秋、正式に発売が決定されて詳細な情報が出てきたら・・・・考えがかわりました。欲しい!・・・・変えないけど。何がいいのか?それはもちろん、エンジンです!4.8LのV10で、レブリミットが9000回転!最大出力を8700回転で発揮!すんばらしい!色々な情報によると音作りもがんばっていて、実に良い音(官能的な)がするとのこと。聞いてみたいです。発売されればベストモータリングに登場するのでしょうけど、楽しみです。

 そして車体。カーボンモノコックで、軽量仕様かもしれないにしても、1480kg。4.5mx1.9mに4.8L V10搭載でこれは立派です。豪華仕様でも1580kg。この手の車としては軽いといって良いでしょう。GT-Rは優に200kgは重いです。トランスアクスルで、前後重量配分は48:52!これならFRでもいいです!
 ミッションは残念ながらMTではなく、シングルクラッチの電制MTですが・・・・。トルクチューブでエンジンとミッションを結合する構造上、ダブルクラッチの電制MTは無理だったようです。でも、トルコンATではありませんからね。他のレクサスの”F”も出来ればこっちのミッションに・・・・はならないか。(^^;

 乗り心地も強靭なボディとサーキット志向ではない足回りのおかげでよさそうです。デザイン?この際、関係ないです(爆)。

 むろん、最新のV8フェラーリは同程度か更に上回る性能のエンジンでにたようなディメンジョンでもっと軽いスペックにはなっています。なっていますが・・・・イタ車のスペックですからね。F430で1450kg。でも、これ、どういう仕様かわかりません。フェラーリではなく、ランボルギーニですが、ガヤルドの公表されている車重は乾燥重量。車検証記載の重量と比べると100-200kg軽いです。フェラーリはどうでしょう?458イタリアは1380kgという話ですが、どうもこれは乾燥重量。
 それと比べれば、エンジン出力はともかく、車重はトヨタは信用出来ますし、構造もそれを裏付けています。

 いやあ、こんなのが欲しくなることがあるなんて思ってもみませんでした。東京モーターショーに見に行こうとも思っていましたが、残念ながら予定していた休暇が仕事の都合で中止せざるを得なくなっていけませんでした。LFA自体はそのうちどこかで見ることは出来るでしょうが、モノコック単体の展示やらなんやらはもう機会ないでしょうね。

 まあ、エンジンが高回転まで良い音で回って、頭の軽い後輪駆動ですから、MTでないことを覗けば、私の要求仕様をほぼ満たしているので、気に入っても当然かもしれません。大きいことは大きいですが、車庫に絶対収まらないサイズでもありませんし(乗り降りはきびしいけど(^^;)。

 ま、買えませんけどね(笑)。ビデオで我慢しますから、早くみたいものです。

 
 
 

|

« 銀塩カメラは難しい | トップページ | 山中湖の紅葉は終わり »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レクサス LFA:

« 銀塩カメラは難しい | トップページ | 山中湖の紅葉は終わり »