« FT-86 | トップページ | デジカメと銀塩カメラ »

ホーバーフェリー休止

 大事なことを書き忘れていました。旅行中ニュースで大分空港と大分市を結ぶホーバーフェリーが赤字に耐えられず、10月で休止(会社は清算)すると報じていました。名前で分かるかもしれませんが、これは日本で唯一の商用ホバークラフトです。
http://www.oitahover.co.jp/
 大分空港は当初は大分市にありましたが、後に国東半島の東側に移転しました。この時、空港まで鉄道はなく、一般道しか通じていなかったため、大分空港と大分市を結ぶ高速フェリーが就航しました。もろもろの条件によりホバークラフトが最適だということになり、日本では珍しい商用ホバークラフトが就航したのです。
 しかし、近年、大分空港へ高速道路が接続されたため、高速バスの利用者が増え、ホバークラフトの利用者が減少、赤字がかさんでついに倒れたという訳です。

 一応、大分県出身ではありますが、中津なので今まで関係ありませんでしたから乗ったことがありません。大分空港から大分市へいってもしかたありませんから・・・というか、大分空港自体、利用したことありません。最近は北九州、以前は福岡空港を利用していました。JRの急行と地下鉄で1時間半程度で福岡空港までいけます。実家から駅まで歩いて10分。待ち時間合わせても2時間はかかりません。これは今の住まいから羽田まで電車を乗り継いで行くのと比べて20分ほど長いだけです。

 ちょうど別府に泊まったので乗りに行きたかったのですが、相方の同意が得られず、断念しました。運悪く悪天候であったこともありますが・・・。しかし、せっかく最後にホーバークラフトに乗る機会があったのに、逸しました・・・。

 行けるのであれば、是非乗りにいってみて下さい。この先、日本でホバークラフトに乗ることなんて、自衛隊隊員でなければないのですから。害出動でLCACが使われれば別ですが、そういう場面に遭遇する可能性は極めて低いです。

 なお、現在使われているMV-PP10はてっきりガスタービンだと思いこんでいましたが、ディーゼルエンジン4基なんですね。4機(船扱いだから4艇?)使用されていますが、今後のどうなるのでしょうか?運行は再開が無理でも1機はどこかで保存展示してもらいたいです。

|

« FT-86 | トップページ | デジカメと銀塩カメラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホーバーフェリー休止:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/10/18 09:35) [ケノーベル エージェント]
大分市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 09時37分

« FT-86 | トップページ | デジカメと銀塩カメラ »