« ホーバーフェリー休止 | トップページ | 手作り味噌 »

デジカメと銀塩カメラ

 先日の九州旅行にはS620しか持っていきませんでした。D40はデジイチとしては比較的軽いとはいえ、S620と比べると大きく重くてかさばるのでやめました。ホワイトバランスのおかしい写真が時々あるのはそのせいです(これでもそれなりに調整はしたつもりでしたが)。

 まあ、しかし、旅行に限らず、結局、ほとんどの場合、S620を使っています。D40を使うのは公園やイベントで撮影するぞ!という時だけです。私にはコンデジの方が向いているようです。何せ、小型軽量で胸ポケットに収まりますから、気軽にぱしぱしとれます。 
 おまけにこれのレンズシフト式手ぶれ防止機能が強力で、博物館などのフラッシュ禁止の場所でも平気で撮影出来ます。ま、ホワイトバランスがおかしいことがあるニコンのコンデジの悪癖はありますが・・・。後、起動が能書き通りには早くないのも不満です。

 とかいっていたら8月後半に新型のS640が出ました。これは起動も改善され(画面が出たら撮影出来る。S620は画面がでているのにすぐには撮影出来ない)、ホワイトバランスも改善され、AFも速くなったとか。やられました。
 で、自分のカメラが欲しいと相方が言いだしたので、S620を譲ってS640を買おうかと思ったのですが、店頭で色々触らせたらファインダーがついているのが良いと言いだしました。コンデジでそんなのはほとんどなく、外付けは面倒なので、結果的にはニコンのP6000しかありません(キャノンのは重いと不評)。S620->S640ではなく、P6000追加購入になりそうです。でも、これもそろそろ新型が出そうです。難しいところですね。まあ、新型出たら値段は上がるから(実売価格は少なくとも)、P6000でもいいのかな?私の不満は相方には余り関係ないし。

 D40というか、タムロンの28-300mmのレンズですが、やっぱりAFが迷う時があります。それとレンズ未装着警告が出たり、シャッターが切れなくなり、電源オフオンしないと復帰しなかったり。噂通りです、タムロン(苦笑)。レンズそのものの性能は私には必要にして十分なんですが・・・・。

 画質はそれなりで良いので、信頼性が高く、AFが速い高倍率レンズはないものでしょうか。フジからS200がでたし、私はそっち系が良かったのかなあ。

 あ、そうそう。義父から古い銀塩カメラをもらった・・・というか、預かりました。時々シャッターが切れなくなるそうで、息子=義弟から使わなくなった銀塩の一眼レフをもらうといっていたので、使わないのならくださいといって、もらってきました。
 ただ、このカメラは相方が小さい頃から使われているもので、まさに、相方の家の歴史を記念し続けてきたものです。だから、もらったのではなく、預かったのだと私は思っています。
 義弟の一眼レスは樹脂のボディで軽いのですが、義父のこのカメラは金属製でずっしり重いです。AFなんてなく、フォーカス、絞り、シャッター速度、全てマニュアルです。が、義父に言わせると簡単でいいと。新しい(といっても5,6年前のかな?)一眼レフは難しいといっていました。こっちはオートモードにしておけば、シャッター押すだけで撮影出来るのですけどね。私が車はATは難しい、MTは楽だといっているのと同じようなものなんでしょうね。
Pentax1 Pentax2 Pentax3

 時々シャッターが切れないといっても、どうも寒いときだけみたいで、暖かいと問題ないようなので、時々使ってみようと思います。うまく撮影出来るかは?ですが。絞りとフォーカスはともかく、シャッター速度の設定が適切に出来るかどうか?ああ、そうか、先にD40で同じ被写体を撮影してそのデータを使えばいいか。つまりD40を測定器にするのです(笑)。

 ちょっと残念なのは、ニコンではなく、ペンタックスだということ。ニコンならレンズ使えたのですけどね。義弟の一眼レフもペンタックスでした。

|

« ホーバーフェリー休止 | トップページ | 手作り味噌 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジカメと銀塩カメラ:

« ホーバーフェリー休止 | トップページ | 手作り味噌 »