« デジカメを買おうと思う:その2 | トップページ | ニコン、D40 »

デジカメを買おうと思う:その3

 所謂、一眼レフ(実際にはレフレックス式でないのも含まれるのでレンズ交換式カメラというべきですが長いので)は、私がカメラは素人なので候補には入れていませんでした。
 が、価格を見ていたら・・・型落ちの一眼レフはコンパクトデジカメの中高級と同じか安い位の値段ではありませんか!言うならば、GT-Rよりも、中古のポルシェが安いのです。いや、新車だから、新型がでて売れ残った在庫のポルシェが安い、というべきでしょうね。

 安さにまけて?一眼レフも検討することにしました。

5.一眼レフ=スーパースポーツクラス?
ニコン:D40
 APS-Cの600万画素です。画質だけなら、最新鋭の1500万画素に負けるはずがありません(勝手な思い込み)。現在はこのクラスではCMOSセンサーへ移行していますが、これはまだCCDです。それぞれ良し悪しがありますから、CCDでも問題はありません。改善されているものも出てきていますが、CMOSはセンサーの中の受光部の面積は約35%程度にとどまります。CCDは約50%です。受光素子面積おたく?としては、CCDでなんら問題ありません。
 このクラスで、現在、新品で入手出来る600万画素のカメラは他にありません。 もう一つの長所は安さです。ニコンダイレクトでレンズキットが4万円、5000円のクーポン付きです。まあ、3.5万円と単純にはいえませんが、5000円分おまけがもらえるとは言えるでしょう。ただし、ダブルズームキットは既に売り切れており、300mmレンズ(35mmカメラ換算で450mm)と組み合わせると必ずしも安いとは言えないのです。望遠はやはりこの位は欲しいです。
 難点はレンズ。ニコンは手ぶれ防止機能が本体になく、レンズにつきます(キャノンも同じ)。効果は高いのでしょうが、手ぶれ防止機能のないレンズでは駄目です。そして、D40/60はAFのモーターもレンズに依存しますから、要するにレンズを選ぶのです。言いかえるとレンズのコストが相対的に高いと言えます。そして、レンズキットの付属レンズには手ぶれ防止機能がありません・・・。
 レンズ交換式カメラは好みのレンズが使えるのが最大のポイントですから、これは痛いです。もっとも、AFの点を除けば、ニコンとキャノンに共通の話で、純正レンズを使えば、問題はないのですが・・・。
 もう一つ、ライブビューがありません。これは実際に一眼レフを触るまで気が付きませんでした。最新機種にはついていますが、少し前の機種だとLCDを見ながら撮影することは出来ないのです。デジタルだからファインダーだけとは思いませんでした。また、ライブビューがあっても、それを使うとAFが限定される場合もあるようです。まあ、でも、それが故の一眼「レフ」ですから、正しいのでしょう。えっと、ともかく、D40にはそんな機能はありません。 
 デジタル一眼レフの中ではやや古典的なカメラと言えるでしょうね。これはNAエキシージに例えておきます。

ニコン:D60
 ざっくり言えば、1000万画素のD40。値段も相応に上がっています。エキシージSというところでしょうか?他はD40に準じます。細かく言えば違いはありますが、私にとってはほとんど同じです。ただ、スペックでは判らない部分の改良・進化はあるとは思います。

ニコン:D80
 1000万画素のCCD。これもニコンダイレクトでレンズキットで、6万円(5000円のクーポン付き)です。D40/60は初級機ですが、D80は中級機ですからこれも安いと言えるでしょう。ボディだけなら5万円です。
 もっとも私が使う分にはD60とどれだけ違うやら?エキシージS PPというところでしょうか?

ペンタックス:k-m
 ペンタックスの初級機です。1000万画素のCCD。ママでも使えるデジタル一眼レフをうたっています。Helpがあったりして確かに使いやすそうです。そして、安いところを選べばレンズキットで5万円しません。D40/60/80が型落ちなのに対し、k-mは現行機種ですからこれは安いでしょう。300mmズームキットもあり、7万円前半から。これはD40に300mmレンズを付けた値段よりも1万近く安いです。つまりレンズキットならD40が安いですが、450mm望遠を前提とするとk-mが一番安いのです。
 ペンタックスは手ぶれ防止機能が本体側にあるので、レンズを比較的選ばず、安価なレンズを選択すること出来ます。
 車に例えると?なんでしょう?相方が気に入っているので、ボクスターにしておきましょう。

ペンタックス:K200D
 一世代前の初級から中級機です。1000万画素のCCD。値段はk-mとほぼ同じ。型落ちとはいえこれも安いです。使いやすさはk-mかもしれませんが、絶対的な性能はこっちでしょう。k-m同様レンズはニコンよりも安くなります。
 エンジンは同じと勝手に考えて、成り立ちからすると違いますが、まあ、ケイマンに例えておきます。

キャノン:EOS KissX2
 1200万画素です。3との違いは動画撮影機能の有無。一眼レフには動画はいらないので2で十分です。ニコン同様、手ぶれ防止はレンズ側なので、レンズを選びます。
 これはM3にしておきます。

パナ:DMC-G1
 一眼レフとはいえませんが、まあ、同じカテゴリーに入れられます。絶対的性能はともかく、普通の人にとって使いやすさは一番でしょう。フォーサーズなのでAPS-Cよりもレンズが小さくできます。ダブルレンズキットでも最大望遠400mmです。しかも6万円位から。ただし、1200万画素。
 これは3.5LのSLKかな?

 え?スーパースポーツというほどではない?フェラーリやランボはどれだ?まあ、そうですね。スーパースポーツはいい過ぎでした。フェラーリやらランボなどは中上級機種なので私には過剰で手に終えません。まあ、これらは輸入スポーツカークラスにしておきます。さあ、勝者はどれでしょうか?結果は見え見えだと?
 結論から言えば、勝者はD40です。やらせ?出来レース?まあ、そう言われてもしかたがありませんね。素子サイズの話をしていた以上、唯一の600万画素であるD40が勝者でないはずがありません。
 時点はk-m・・・ではなく、DMC-G1です。意外な結果かもしれませんが、コストパフォーマンス・・・・最近の言い方をすればアフォーダビリティにもっとも優れています。Wレンズキットで400mmの望遠までできて、6万円位で買えます。D40に300mレンズ(35mm換算450mm)だとレンズだけで5万円はします。k-mなら7万円台で購入出来ますが。そして、光学ファインダーがありませんが、そのおかげで、従来のコンパクトデジカメと同じ要領で撮影出来ますし、小型軽量に出来ます。SLKに例えましたが、強敵でした。
 ただ、実際の車選びがそうであったように、もし、D40が買えない(在庫もなくなった)としたら、相方が好きなk-mが選ばれることでしょう。

 さて、クラス代表がそろいました。いよいよ決勝レースです。結果は・・・・もう分かっていると思いますが、D40の独走に終わりました。まあ、そりゃそうです。カテゴリーが違いますから。え?R35 GT-Rにエキシージは勝てるはずがない?いやあ、実はR35はトラブルでスタート出来なかったんです(爆)。つまり、S100の実物で動かせるのは近くのお店にどこにもなくて、使いがっての確認が出来ませんでした。実際はD40そのものも使っていないのですが、基本的にはD500と大差ないのでその辺を参考にしました。
 2位は、LX3です。望遠を捨てればこれがコンパクトデジカメの中でトップでしょう。3位は意外なことにLZ7が僅差で続きました。画質を忘れれば、これまた万能です。4位がX70。悪くはないのですが、これもD40と大差ない大きさになってしまうため、中途半端なんでしょね。S100も同じで、X70やS100とDMC-G1の大きさを比べると大差なく、X70は安いにしてもS100では値段が余り変わりません。
 結局、大きいのと小さいのに分けて(GT500とGT300?)、大きい中ではD40(D40が買えなければDMC-G1)が総合的に優れているのが明らかです。小さいクラスは・・・・これはやはり完全に別物にすべきと考えます。
 D40導入後のサブ機として導入を検討したいと思います。レンズ一本程度の価格ですから。ポケットにいれておけるカメラは1台あってもいいでしょう。まあ、ちと大きいですが、4800がその役目を果たしても良いのですけど。

|

« デジカメを買おうと思う:その2 | トップページ | ニコン、D40 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジカメを買おうと思う:その3:

» 「無料投稿写真ギャラ... [写真サイト.COM - サイトニュース]
「無料投稿写真ギャラリー」に作品を追加しましたゲストさんによる作品です。[続きを読む]

受信: 2009年7月 9日 (木) 11時23分

« デジカメを買おうと思う:その2 | トップページ | ニコン、D40 »