« 空母決戦、その後 | トップページ | AWのタイヤ交換 »

珊瑚海キャンペーンとミッドウェーキャンペーン

 一通り終わりました。キャンペーンシナリオの難易度は下がっています。それは当然の話で、米軍の戦力は変わらないのに(本当はちょっと違うかもしれないけど)、日本軍の戦力は増えるからです。どちらも勝利条件は攻略艦隊を目標地点へ到達させることです。他の艦隊を犠牲にして(囮にして)、米の攻撃を吸収させればなんとかなります。
 ただ、バグなのか仕様のかはっきりしませんが、日本側の損害が多いと、敗北になるようではあります。ある時は、ミッドウェーキャンペーンで、米空母を発見出来ず、空母機動部隊全滅、第七戦隊全滅、主隊も半減なんて状態で、攻略部隊がミッドウェーに到達しましたが、敗北でした。まあ、これだけ損害を受ければ、ミッドウェーを占領しても勝利とは言えませんからね。これは正しいでしょう。
 ただ、意図したものかわからない、バグかもしれないと思うのは、珊瑚海キャンペーンでは、空母1隻損傷した程度で、敗北判定されたことがあるからです。まあ、この時は米空母を一隻も沈められませんでしたが・・・でも、勝利条件には単体シナリオと違って米空母の撃沈は含まれていません。
 大勝利と勝利、敗北、大敗北などと段階があるのですからから、やはり勝利条件とは別に裏でVPによる判定があるのでしょう。ためしに珊瑚海キャンペーンで米艦隊を殲滅し、空母の損害もなしという状態で攻略艦隊をポートモレスビーへ到達させませんでした。すると日本軍の辛勝と出ました。つまりやはり勝利条件とは別にVPによる判定もあるのです。
 でも、そうであれば、終わった後でも良いので、それがプレイヤーにわかるようにした方が良いと思います。もしくは、これこれだと勝利、これこれど大勝利という風に勝利条件を明記してもらえば良いと思います。

 数をこなすと、結局、先に発見できればまず勝ち、という当たり前の結果になることがわかりました。最初に珊瑚海シナリオをプレイした時のように3度攻撃して、戦果が上がらず、攻撃隊が壊滅、最終的に反撃受けて大敗という展開は極めて希です。日米共に先に発見して、より正確に言えば、先に空母部隊を攻撃出来ればまず勝ちです。ミッドウェーシナリオで米偵察機の撃墜に成功し、一方的に攻撃隊を送り込んで圧勝したこともあります。珊瑚海では、先制攻撃に成功し、後は米艦隊を発見し、個別に殲滅し、まさに圧勝したこともあります。逆になかなか発見できないでいるうちに一方的に攻撃を受けて負けたことも多々あります。

 ある程度運により決まる面もあります。でも、先に発見し、先に攻撃出来ればまず勝利が得られるというのは、1942中の空母戦ではきわめて自然なことですから、このゲームの結果は、正しいと言えます。

 細部にこだわるものではないですが、とはいえ、さすがに変だと思う点も述べます。

1.夜間の航空機
 夜間に発艦・離陸は出来ませんが、日没前に発艦・離陸すれば普通に行動出来るように見えます。日没までに攻撃を受けることなく、安心していたら、夜になって米空母からの攻撃を受けて、全滅したことがあります。少なくとも1942年中に米空母搭載機が夜間に攻撃した例はないと思います。日本側ですら珊瑚海での失敗例があるのみです。帰還が夜になる場合には、ペナルティをかすべきです。護衛機も燃料があればずっととんでいます。

 攻撃する場合には「帰還が夜間になります。夜間着艦は損害が出る場合があります。」とか「護衛機を日没になるので帰還させますか?夜間着艦は損害が出る場合があります、とか副官に言わせるべきでしょう。

2.護衛機の滞空時間が長すぎる
 米側はよくわかりませんが、日本側は零戦の航続距離が長いので延々飛んでいます。弾薬切れもないのでしょうか?戦闘で燃料を消費するという概念もないようです。戦闘するたびに燃料消費させるというのはこのシステムでは難しいのかもしれませんが、一工夫必要でしょう。

3.艦隊は発見できなくても、敵の護衛機は発見できる
 まあ、発見できないうちに撃墜されることはあるとは思います。しかし、ずっと護衛機だけ見えているというのは変でしょう。撃墜されなければ艦隊も発見できても良いと思います。これは判定で失敗し続けているからなんでしょうが。

4.攻撃隊は一切索敵できない?
 攻撃隊の発進後、偵察機が撃墜されたり、燃料切れで帰還した場合、攻撃隊は目標を必ず発見できないようです。ある程度は目標を探すということはやっても良いのではないでしょうか?だいたい1機の偵察機なら発見できるのに、数十機の攻撃隊が発見できないというのも変でしょう。

5.発艦・着艦に時間がかからない
 まあ、着艦については、整備という状態に含まれているのかもしれませんが、発艦は時間がかかりません。1ターン5分ですが、5分で日本の空母の全力出撃および護衛機の発艦が可能です。このシステムならこまかく1ターンに何機までしか発艦出来ないとかやるのはなじまないと思いますが、とはいえこれはあまりに変です。せめて1ターンには、一航空隊しか発艦・着艦出来ないようにすべきではないかと思います。
 そして、例えば、第一次攻撃隊が着艦中に第二次攻撃隊を発艦させようとしたら、副官に「着艦中ですので、発艦出来ません」と言わせれば良いでしょう。

6.攻略艦隊に輸送船がいない
 システム上、輸送船もありそうなんですが、出てきません。まあ、そこまでのゲームではないといえばそれまでですが、それほど大変なこととも思えません。キャンペーンシナリオで日本側有利になっているバランスを取る上でもこれは出すべきです。

7.副官の活用
 現状、副官のメッセージは余り意味がありません。見ていれば分かることばかりです。整合性がとれていない部分もあります。例えば、敵航空隊を発見しても何も言わないのに見失うと見失いましたと報告しています。発見しましたも言うべきでしょう。
 それから航空隊の帰還、整備完了、武装変更終了などは是非知らせて欲しいものです。特に整備と武装はいちいち見ないとわかりません。

8.勝利条件の明確化
 前述の通り、勝利と大勝利の違いを事前に明確化すべきだと思います。

 そのほか色々ありますが、例えば、潜水艦が登場しない、などなど、元々のゲームのスケールを考えると細かく詰め込むのは正しいとはいえないように思います。とはいえ、やはり不満はあります、以下は、ゲームバランスに影響を与えるかもしれないのですが、個人的希望として述べます。

1.1ターンを5分から15分に変更
 5分は短過ぎます。攻撃隊を迎撃する空中戦だけでも、5分はかかるでしょう。5分間ずっと戦闘することはないにせよ、双方が視認して戦闘が開始されて、それを突破して攻撃開始というまででも5分位はかかるでしょう。対艦攻撃についても、大規模な攻撃なら5分で全部終わるかどうか。
 15分になら全部終わるとは言えませんが、5分で全部終わるよりもましでしょう。
 発艦・着艦についても15分で終わるかどうかは微妙ですが、5分ではまず終わりませんからはるかにましです。

2.対空砲火を弱く、戦闘機を強く
 ミッドウェーシナリオのゲームバランスをとっているので仕方無い面もあるでしょうが、にしても、戦闘機が弱過ぎて対空砲火が強過ぎます。ミッドウェーの対空砲火はたった10に過ぎませんが、36機ずつの艦爆・艦攻を半分から2/3撃墜してくれます。
 日本艦隊の対空砲火も十分強力です。36機のSBDの攻撃を受けて半数近く撃墜することもあります。逆に戦闘機による迎撃は弱く、裸の攻撃隊も相応に生き残ります。

3.対艦能力を低くするまたは艦の防御力を高くする 
 36機のSBDで4空母が撃沈破されないとミッドウェーシナリオでは困る訳ですが、にしても沈み過ぎでしょう。日本側の攻撃力も強力でミッドウェーシナリオで第二攻撃隊が攻撃に成功するとまず目標の艦隊は殲滅されます。珊瑚海では打撃力が低いので殲滅は出来ないものの、一度攻撃が成功すればまず空母は行動不能になり、二度目の攻撃も成功すれば殲滅出来ます。
 戦闘判定が攻撃隊と艦隊全体の防御力と比較しているようで、空母だけが集中して攻撃されたりはしませんので、攻撃力に余裕があると巡洋艦以下殲滅されるという訳です。実際には攻撃の過半は空母に集中しています。それでも空母は簡単に沈みません。一度の攻撃で沈んだ空母は小型空母を除けば
 珊瑚海のレキシントン =>誘爆
 ミッドウェーの四空母 =>誘爆及び処分
と攻撃だけで撃沈されたのではありません。それ以外の例だと
 ミッドウェーのヨークタウン =>爆撃、雷撃、その後潜水艦の雷撃で沈没
 南太平洋海戦のホーネット =>繰り返し攻撃を受けるが沈まず、米軍が雷撃処分を試みたが失敗、日本側が最終的に処分
 と二度程度の攻撃では沈んでいません。

 ですので、攻撃力を起こした上で、誘爆の概念を取り入れるのが良いと思います。ダメージコントロールの概念がこのゲームにあるのかないのかわかりませんが、ないとしたら損傷はすぐするが沈没はなかなかしないというようにすべきで、装備と船体に分けるようなことも本来は必要でしょう。内部でそうなっていないのなら、米空母の防御力を上げる必要はあると思います。

4.再編成の自由度をあげる
 現状、再編成は分隊単位でしか移動させられません。そして1航空隊に編入出来る分隊数は限られるので、損害が出ると1機、2機しかない分隊ばかりになってしまうと再編成しようとしてもうまく出来ません。ミッドウェーシナリオ位しか今は意味はありませんが、追加で南太平洋海戦やマリアナ沖海戦シナリオでは必要になると思います。

5.フリーセットアップシナリオ
 マップや双方の戦力などを自由またはランダムに設定してプレイ出来ればシナリオをやり尽くしても楽しめます。

6.潜水艦イベント
 このスケールで潜水艦をまともに出すと面倒ではありますので、イベントとして潜水艦による攻撃はあっても良いかなと。ランダムに発生させることになるでしょうが。確率はシナリオや日米で変えても良いでしょう。ミッドウェーは実質的に海戦終了後ですが、マリアナ沖海戦ではポイントとなるイベントですから。

7.キャンペーンシナリオ
 珊瑚海キャンペーン、ミッドウェーキャンペーンというシナリオはありますが、これはキャンペーンというよりもショートシナリオとロング(フル)シナリオです。各シナリオをつないでいくキャンペーンシナリオが欲しいですね。

|

« 空母決戦、その後 | トップページ | AWのタイヤ交換 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珊瑚海キャンペーンとミッドウェーキャンペーン:

« 空母決戦、その後 | トップページ | AWのタイヤ交換 »