« ひゅうが | トップページ | なっちゃんの悲劇 »

拍手鳴り止まず

 ひゅうがの後はMMでのコンサートにいってきました。エフゲニー・キーシンのピアノリサイタルです。名前からわかるようにロシア人。1971年生まれですが若く見えます。当日券もなく、完売でした。全体的に女性の観客が目立ちます。

 さて、前半はプロコフィエフの曲。まずはバレエ「ロメオとジュリエット」から10の小品 Op.75より、少女ジュリエット、マキューシオ、モンタギュー家とキャピュレット家。うーん、ちょっと私には会わないですね。ただ、二番目のカキューシオはどこかで聞いた曲・・・・名探偵ポアロのオープニングの曲と思い出しました。
 次もプロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第8番 変ロ長調 Op.84「戦争ソタナ」。これも駄目。あいません。イメージがまったく浮かんできません。。。上手なんだけど・・・。現代音楽風で、音の変化が大きいからでしょう。私は作曲家により合う合わないがあるので・・・プロコフィエフは合いません・・・。でも、ほかの観客は拍手拍手。ファンの女性が多いみたいです。
 後半はショパンだから大丈夫かな?まずはポロネーズ第7番変イ長調Op.61「幻想ポロネーズ」。だいぶイメージが浮かんできました。ただ、途中からイメージが浮かばなくなり、後半混乱。
 続けてマズルカ Op.30-4、41-4、Op.59-1。これは明確。うん、こういう曲は好きです。
 そして、12の練習曲 Op.10より、第1番、2番、3番、4番、12番。この辺はいい感じです。そして、12の練習曲 Op。25より、第5番、6番、11番と続きます。上手ですね。後半は良い感じで終わりました。
 そして、アンコールですが・・・・これが終わりません(笑)。プレゼントを手渡す女性続出。終わって戻って、拍手鳴り止まず、再びお出ましになり、演奏。これが繰り返されました。
 さすがに終わっただろうと思って外にでたら・・・すると拍手が高くなった。で、ピアノの音が。うそ、また?で、中に入って聞きました。4曲目?
 それが終わってもまだ拍手続いています。さすがにこれで終わりだろうと思って私たちはでました。アンコールの曲のはり紙がありましたが・・・5曲でした。
ショパン:ノクターン第八番変ニ長調op.28-2
プロフィエフ:4つの小品Op.4より”悪魔的暗示”
プロフィエフ:歌劇「3つのオレンジへの恋:より行進曲
ショパン:ワルツ第7番櫻(この木片無し)ハ短調op.64-2しょ
ショパン:ワルツ第6番変ニ長調「仔犬」
 いやあ、新記録です、アンコール5曲って。普通は1曲か2曲。多くても3曲でしたから。18時開演でしたが、事実上、三部構成。私たちが帰ったのは20:45でしたから。

 似非クラシックファンでろくに知識もなく、エフゲニー・キーシンという弾き手がどういう人か知らないのですが(爆)、有名人なようですね。そして、上手です。超絶技巧という言葉がふさわしいです。また、来日するようなら聞きにいきたいと思います。

|

« ひゅうが | トップページ | なっちゃんの悲劇 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528857/44684750

この記事へのトラックバック一覧です: 拍手鳴り止まず:

« ひゅうが | トップページ | なっちゃんの悲劇 »