« なっちゃんの悲劇 | トップページ | 空母決戦 ~米英への挑戦状~ »

その名はアリオン

 ゴルフを修理に出してから、土曜日に義父を乗せて出かける必要があったのを思い出しました。それでディーラーに一度引き取れないかというと国産ですが、代車出しますと。ならまあいいかと。
 金曜日の夕方に相方が会社の帰りに受け取りによりました。何がくるのかと思っていたのですが・・・・やってきたのは・・・・アリオン!これは予想外。レンタカーでしたが、うーん、何故にアリオン。ヴィッツでなく、カローラでもなく、アリオン。うーむ、不思議だ。
 乗ってきた相方は何故か中に乗ったままでした。キーが抜けないと。へ?で、私がやると抜けました。キーを押して抜くという方法を知らないというか、慣れていなかったようです。ハンドルが軽いし、運転しにくい変な車だと。
 遅くなったので夕食をそば屋で済ませることにして、テスト代わりに代打アリオンで行ってみることにしました。が、うーん、いまいち。まず、シートの座面が小さいです。シートバックは小さくはないのですが。視界などはまずまず。ですが、発進しようとしてサイドブレーキがないことに気がつきました。足踏み式かあ。左足をあちこちさぐってやっと見つけて解除。
 発進・・・でいきなりワイパーが。う、ウインカーは逆だった。(^^;AWも国産車だからウインカーは右なんですが、ワイパーはレバーでないのでこの間違いは出ませんが、普通の車に乗るとやらかします。
 今度こそ発進。うぉ、なんだこれ。スロットル急にあけすぎだよ。急発進しちゃったよ。ステアリングは軽し、ふにゃふにゃした乗り心地。うへ、ひどいなあ。おまけにマニュアルモードはなく(当たり前だってば)、D42L。むろん、それにめげずにマニュアル操作しました!
 相方はブレーキも変だと言っていましたが、まあこれはなんとか。スロットルだけはなんとかして欲しいですが。しかし、ふらふらした感じの車です。それでも無事におそば屋につきました。こりゃあ、明日は東名は80km/h位でゆっくり走らないと駄目かなと相方と話しました。
 帰りはこの変な車で狭い道はあまり走りたくはないので、国道経由で帰ってきました。すると印象が変わります。ある程度速度を出すとステアリングも落ち着いてきます。やわらかい印象は同じですが、ふらふらした感じも減ります。
 そういえば、先代カローラをレンタカーで借りた時も街中とろとろ走ると駄目なのに、東名は良かったですね。プラットフォームは共通かな?なら、まあ、高速道路は普通に走れるでしょう。
 さて、土曜日、義父は電車で都内某所のお寺へ直行します。そこで合流してお墓参りを済ませて、その後は買い物へ行くことになっています。で、ETCカードを・・・あれ?ETCないぞ。おかしいなあ。ETC付きを用意してくれたといったのに。まあともかく発進。少しなれて、運転はだいぶ楽になってきました。
 東名に乗ったら、予想通り、普通に走れます。1.8Lあって、ゴルフよりも車は軽そう(後で車検証を見たら、1170kgでしたから、150kgほど軽いです)なので、動力性能は十分です。高速安定性に優れ・・・というほどではありませんが、普通に東名を走る分には問題ありません。
 問題はカーナビ。VICSをいつまでたっても拾いません。ビーコンはないもののFM VICSはついているはずなのに・・・・結局、壊れているのか最後まで拾いませんでした・・・。ETCもなく、VICSも駄目。飛び道具なしの車乗るのはいつ以来でしょうか?
 道路は混雑していて時間はかかりましたが、一応無事に着きました。一応というのは、腰と背かなはまあまあかなと思っていたシートがやはり駄目で、かなり痛くなってきました。そして、全体的になれないせいもあり、疲労感が・・・。
 義父と合流し、お墓参りを済ませました。藤棚の藤の花がきれいに咲いていました。今年は早いですね。例年は五月なのに・・・。
Alion Fuji1 Fuji2




 

  さて、義父を乗せて発進です。義父はそんなに悪くはないじゃないということでした。戻りも渋滞気味で東名に乗るまで時間がかかりました。お昼を済ませて、買い物へ。荷物をつもうとトランクを開けると、ほう、これは広いですね。なるほどね。
 用事を済ませて、義父を送っていって一仕事終わりました。が、戻りの保土ヶ谷バイパスが渋滞。普段よりも疲れてきているような?渋滞もありますが、やはり車の問題もあります。帰ってきたら疲れ果てて寝転がってしまいました。
 日曜日にゴルフの修理が終わったので、代打アリオンを返却して受け取ってきました。シートに座って瞬間、ああ、やっぱりこっちがいい。外車信仰はありませんし、外車といってもひどい車はたくさんあります。が、アリオンとゴルフを比較するとやっぱりゴルフがいいです。
 出足が遅いですが、アクセルに対してリニアな加速感はやはり良いです。最初は軽いと思えたパワステもアリオンと比べるとしっかりしています。乗り心地は固いですが、どっしり感のある乗り心地です。サイドブレーキもあるし、+-の向きこそ希望と逆(引いて+=シフトアップが良いけど、押して+)ですが、マニュアルモードで変速は自由自在です。
 不幸な事故でしたが、相方共々、なっちゃんの良さを再確認出来ました。ま、たまには違う車に乗るのも良いものではあります。でも、アリオンはもういいです(苦笑)。せめて、カローラにして欲しかったです(笑)。オーリスとかブレードだとゴルフと競合するからなお良かったのですけど。
  しかし、アリオン。不思議な車です。カローラベースにお年寄り向きにしたのでしょうか?昔は足のいいやつといわれたカリーナの系列の車のはずなのに・・・・まあ、だから名前も違うのかな。

|

« なっちゃんの悲劇 | トップページ | 空母決戦 ~米英への挑戦状~ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その名はアリオン:

« なっちゃんの悲劇 | トップページ | 空母決戦 ~米英への挑戦状~ »